映画評価ピクシーンPick Scene映画評価ランキング/興行収入/ネタバレあらすじ感想
ムビチケ/DVD/動画もAmazonギフトでお得

映画『ハリーポッターと謎のプリンス(ハリポタ6)』評価は?感想ネタバレあらすじ/半純血王子の正体とトムリドルへの記憶

映画 ハリーポッターと謎のプリンス(ハリポタ6)
タイトル/邦題 ハリー・ポッターと謎のプリンス(ハリポタ6)
日本公開 2009.7.15 [予告↓]上映時間 154分
映倫区分USA PG
製作国アメリカ、イギリス
原題/英題Harry Potter and the Half-Blood Prince
映画監督デビッド・イェーツ
キャスト
出演者
ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、マイケル・ガンボン、マギー・スミス
配給/製作(C)Warner Bros. Pictures/Heyday Films
シリーズ/関連ハリポタ/ファンタビシリーズ
日本興行収入80.0億円
世界興行収入9.3億US$(約1,028億円)
製作費2.50億US$(約275.0億円)
参考Wiki世界興行収入
平均評価★★★★★74私の評価★★★★★64
値段を調べる ムビチケAmazon楽天Yahoo

『ハリーポッターと謎のプリンス(ハリポタ6)』あらすじ(ネタバレなし)

ハリーポッターシリーズ6作目。ヴォルデモートを倒す手がかりを探すダンブルドアは、トム・リドルを教えてたスラグホーンのある記憶に関心を向ける。ハリーは「半純血の..(ネタバレあらすじ↓)

『ハリー・ポッターと謎のプリンス(ハリポタ6)』予告動画

ネタバレあらすじや感想『ハリーポッターと謎のプリンス(ハリポタ6)』考察・評価レビュー

この先はネタバレありのあらすじや感想/考察です。続編前作や関連映画は、ハリポタ/ファンタビシリーズ一覧も参考にしてください。映画 ハリー・ポッターと謎のプリンス(ハリポタ6)

★★★★★ 64点/100(60が平均)

『ハリー・ポッターと謎のプリンス』ネタバレ感想や考察

ハリーポッターシリーズ6作目で、ついに魔法省やマグル界も巻きこんでの闇の勢力との戦争になりそうな雰囲気なのに、狙われてるハリー・ポッターも含めてまだのんきに学園生活するのは現実感がありません。なるべく普通の生活をさせてやろうというダンブルドアの親心かもしれませんが。

今回のメインストーリーは、スラグホーン先生がトム・リドルと会話した記憶を得ることと、半純血のプリンスの正体を知ることですが、前者は「真実薬」を飲ませれば即解決できるし、隠すほどの内容でもなかったので軽い尋問で得られた気もします。半純血の候補は多いし手がかりも少ないので正体には驚きました。

スラグホーンの記憶を見る前に、ダンブルドアは既にトムの日記や指輪などを集めて破壊してるので、分霊箱の存在は知っていたということでしょうね。だから問題になるのは「7つ」なのですが、スラグホーンにトムが話した時点の思いつきだから、実際は10つかもしれないので根拠に乏しい気がします。

サブストーリーとしては、やはり年頃の男女に成長してるので、ラブストーリー的なエピソードも多いです。特に意外ともてるロンにいらつくハーマイオニーの姿は、勉強では優等生だけど恋愛には奥手な女性のかわいさを感じられます。ジニーもハリーが気になってたはずなのにチョウの時にあきらめたんですかね。

結果的にはロンがハリー宛の「ほれ薬」を飲んだことで、スラグホーンに近づけたのでラブエピソードも無駄ではなかったです。結局最後は幸運の液体「フェリックス・フェリシス」のおかげなのですが。『ハリー・ポッターと秘密の部屋』で襲ってきたアラゴグの死もなにげに悲しいです。

洞窟へダンブルドアに同行したハリーが、ほぼ何も役立たなかったのは残念すぎます。毒を飲み干すのはハリーの方が結果的には良かった気がしますが、生徒にそんなことをさせないのがダンブルドアの魅力の1つでもあります。しかしロケットを奪った犯人が再度わなを仕掛けなおしたのは、完全にご都合主義です。

前作くらいから予感はありましたが本作でついにダンブルドア校長が死んでしまいます。「逆転時計」と「透明マント」でなんとかなりそうな気はしますが、そこは無視するのがハリポタの正しい見方なのかなとは思います。スネイプやドラコもついに闇側へ行き、最後の戦いにつながる本作もぜひおすすめです!

『ハリー・ポッターと謎のプリンス』おすすめ10ポイント

  • 人気ファンタジーシリーズ6作目
  • 3人の主要キャラの安定感
  • 最後のホグワーツでの学園生活
  • みんな年頃なので恋話もちらほら
  • スラグホーンの記憶の内容とは?
  • マルフォイ、スネイプは敵なのか?
  • 半純血のプリンスの正体は?
  • ヴォルデモートの子ども時代
  • ダンブルドアが殺害される?
  • 子どもや家族と一緒に楽しめる

『ハリー・ポッターと謎のプリンス』少し残念7ポイント

  • 闇の勢力に比べてのんびりしすぎ
  • ストーリーにワクワクできない
  • 謎はあるが驚きがほぼない展開
  • ダンブルドア軍団訓練どうなった?
  • ロンが鈍感すぎる
  • 洞窟のハリーは足手まとい
  • ラストで重要人物死ぬのが続いてる

『ハリー・ポッターと謎のプリンス』ネタバレあらすじや解説

前作『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』でシリウス・ブラックが殺され、ルシウス・マルフォイが投獄され、闇の帝王ヴォルデモート卿の復活が魔法省だけでなくマグル(魔法を使えない一般人)にも知れ渡ります。デスイーター(死喰い人)たちはマグル界へも干渉をはじめています。

新学期までの夏休み中、ハリー・ポッター(ダニエル・ラドクリフ)は1人で鉄道で旅しています。そこへアルバス・ダンブルドア校長(マイケル・ガンボン)が現れ、姿現わしの魔法で「バドリー・ババートン村」へ行き、彼の同僚のホラス・スラグホーン(ジム・ブロードベント)に会いに行きます。

スラグホーンはハリーの父ジェームズと母リリー、シリウスの兄レギュラス・ブラックなどが教え子だったようです。その教え子コレクションにハリーを加える誘惑に勝てず、ホグワーツの教師復帰を了承します。ハリーはウィーズリー家に行き、ジニー・ウィーズリー(ボニー・ライト)と再会し抱き合います。

同時期、ドラコ・マルフォイ(トム・フェルトン)の母でブラック家出身のナルシッサ(ヘレン・マックロリー)と実姉ベラトリックス・レストレンジ(ヘレナ・ボナム=カーター)はセブルス・スネイプ(アラン・リックマン)を訪ね、ヴォルデモートの使命を受けたドラコを助けるよう「破れぬ誓い」を結びます。

ダイアゴン横丁を訪れたハリー、ロン、ハーマイオニーは、ロンの兄の双子ジョージとフレッドのいたずら専門店「ウィーズリー・ウィザード・ウィーズ」以外に活気がないのに残念がります。3人はドラコと母を見かけ尾行すると「ボージン・アンド・バークス」店で何かしてる様子を見つけあやしみます

新学期が始まりホグワーツ特急で、ハリーはドラコを調べようとしますが見破られて石化され透明マントをかぶせられます。ルーナ・ラブグッド(イヴァナ・リンチ)が不思議なメガネで発見してくれ、ハリーは無事にホグワーツ魔法魔術学校へ登校できます。ダンブルドアは全生徒に闇の勢力に注意するよう言います。

ミネルバ・マクゴナガル(マギー・スミス)に勧められ、ハリーとロン・ウィーズリー(ルパート・グリント)はスラグホーンの薬草学に出席します。ハーマイオニー・グレンジャー(エマ・ワトソン)は愛の妙薬(ほれ薬)「アモルテンシア」で芝生や羊皮紙やスペミント歯磨き粉などの香りがしたと言います。

スラグホーンは、1口飲めば全ての行いが成功するであろう幸運の液体「フェリックス・フェリシス」を、眠り薬「生ける屍の水薬」をうまく調合した者に与えると言い、見事にハリーがもらいます。歴代では2人目だそうです。ハリーは教科書とは内容の違う「半純血のプリンスの蔵書」を見ながら調合したのです。

ハリーは「憂いの篩(ふるい)」でダンブルドアの記憶を見せられます。若きダンブルドアは、ウール孤児院の11歳の変わり者トム・マールヴォロ・リドルを訪ね、才能を見抜き、蛇の声「パーセル・タング」を聞けることも知り、ホグワーツで魔法制御の方法を学ばせることにします。

スラグホーン先生はトムを気に入り、隠してる記憶があるが簡単には渡してくれないため、ダンブルドアは教師復帰に勧誘したようです。クィディッチのグリフィンドールチームをハリーが仕切りますが、ロンからキーパーの座とハーマイオニーをねらうコーマックがはりきります。ラベンダー・ブラウン(ジェシー・ケーブ)はロンのファンです。

ハーマイオニーは成績クラス1番をハリーに奪われ「半純血のプリンス蔵書」が気になります。ホグズミード村のパブ「三本の箒(ほうき)」でスラグホーン先生に成績優秀者だけの食事会に、ハリーとハーマイオニーだけ勧誘されます。ハリーの計画どおりです。帰り道、女生徒の1人が空中に飛ばされ気絶します。

女子生徒は「呪われたネックレス」を誰かに渡されました。ハリーはマクゴナガルとスネイプに「マルフォイが犯人」と告発しますが証拠はありません。スラグホーンの食事会にはハリー、ハーマイオニーの他、コーマック、ジニーらも誘われています。スラグホーンのコレクションにはトム・リドルも含まれてました。

グリフィンドール寮とスリザリン寮のクィディッチ試合でキーパーのロンは憂鬱でしたが、ハリーの幸運の液体「フェリックス・フェリシス」を飲まされて大活躍しチームを勝利に結びつけます。でも実は液体は偽物だったので思い込みです。ラベンダーがロンを祝福しキスすると、ハーマイオニーはその場を去ります。

不思議ちゃんルーナはライオンの被り物を着てます。ハーマイオニーはロンが好きなので1人で泣いてると、ハリーが来たので「あなたはジニーがディーンとキスしてるのを見てどうだったの?」と聞きます。スラグホーン主催のクリスマスパーティーのパートナーに、ハリーはルーナを誘います。

ハーマイオニーはコーマックを誘いますがパーティーでは逃げてばかりです。スネイプはハリーに「ダンブルドアは旅に出たので新学期まで戻らない」と伝え、魔法を使えないスクイブのアーガス・フィルチ(デイビッド・ブラッドリー)に不審者として捕まったマルフォイをスネイプが引き取り、陰で注意します。

破ると死ぬ「破れぬ誓い」について盗み聞きしたハリーはロンにも話します。夏休みでロンドンに帰省するホグワーツ特急では、ロンに求愛するラベンダーとそれを見て離れていくハーマイオニーがいます。ハリーは不死鳥の騎士団のリーマス・ルーピン(デイビッド・シューリス)にもドラコの件を話します。

不死鳥の騎士団メンバーが次々と消えてるそうです。ロンの父アーサー・ウィーズリー(マーク・ウィリアムズ)はドラコが「ボージン・アンド・バークス」店で興味を示したのは、昔はやった「姿をくらますキャビネット」だろうと言います。それがあるとヴォルデモートからも数時間、姿を隠せるそうです。

ハリーは「憂いの篩(ふるい)」で、スラグホーンが食事会後にトム・リドルから禁書の呪文を聞いて注意した光景を見ますが、ダンブルドアはそれはスラグホーンが改ざんした記憶なので、本当の記憶を入手してほしいとハリーに頼みます。ハリーはスラグホーンにストレートに聞きすぎて失敗し会えなくなります。

部屋に戻ると、ロンがハリーのベッドに置いてあった、ロミルダからハリーへの「ほれ薬」入りチョコを食べておかしくなってます。ハリーは緊急だと言って、スラグホーンの部屋へ連れていき、神経強壮剤を調合してもらいロンに飲ませ目覚めさせますが、口なおしに出された、はちみつ酒を飲んだロンは倒れます。

スラグホーンは動けず、ハリーが「ベゾアール石」を探してロンは一命を取りとめ医務室に入院します。スラグホーンは、はちみつ酒はダンブルドアに渡すはずのものだったと言います。ロンは治療中にラベンダーとも別れたそうです。ハリーは回復したケイティに呪いの品を渡した者を聞きますが覚えてないそうです。

しかしケイティの見る先にはマルフォイが立ってて逃げたので、ハリーは追いトイレで魔法をぶつけ合います。ハリーは「半純血のプリンス蔵書」に書かれてた切り裂き呪文「セクタムセンプラ」でマルフォイの腹を血まみれにし、そこへ来たスネイプが治癒魔法で治しますが、ハリーはその場を去ります。

ハリーは「半純血のプリンス蔵書」が恐ろしくなり「必要の部屋」で、目をつぶってる間にジニーに隠してもらいます。ジニーはハリーにキスもします。部屋には「姿をくらますキャビネット」らしき物もあり、マルフォイが消した小鳥も生きてます。ハリーはスラグホーンの記憶を得るため、幸運の液体を飲みます。

ハグリッドの小屋へ行きたくなったハリーに、夜に生徒1人で危ないからとスラグホーンも付いてきます。アクロマンチュラ(大蜘蛛)のアラゴグが老衰で亡くなり、かわいがってたハグリッドは悲しんでいます。スラグホーンは毒を採取させてもらい、別れの祈りを捧げ、ハグリッドの小屋で一緒に酒を飲みます。

ハグリッドが眠ると、スラグホーン「君の母リリーがくれた鉢の花びらがきれいな魚は、彼女が死んだ日にいなくなったよ」、ハリー「母は命がけで僕を守ってくれた。その死を無駄にしないためには、先生の記憶が必要なんです」、スラグホーン「私を責めないでくれ。トムの正体がわかってなかったのだ」

『ハリー・ポッターと謎のプリンス』ネタバレ結末やラストシーン

スラグホーンの記憶を「憂いの篩(ふるい)」で見たハリーとダンブルドアは、トムが7回殺人を犯し「分霊箱(ホークラックス)」に7つの魂を保存したことを知ります。2作目『ハリー・ポッターと秘密の部屋』のトムの日記や、ダンブルドアが旅で見つけた指輪もその1つで、既に魂は破壊してます。

ダンブルドアは何かをスネイプに頼んで、ハリーと共に闇の魔術の痕跡がある洞窟へ向かい、分霊箱らしきロケットを見つけます。ダンブルドアはその試練で衰弱しながらも、ハリーを救い分霊箱を持ち帰ります。ホグワーツでは姿現しは使えないため、マルフォイは「姿をくらますキャビネット」を使い「ボージン・アンド・バークス」からデスイーターのベラトリックスらを侵入させます。

天文台でダンブルドアは何があっても出るなとハリーを隠します。マルフォイが現れダンブルドアを殺さないと自分が殺されると言って杖を向けるが殺せず、現れたスネイプが禁断の死の呪い「アバダ・ケダブラ」でダンブルドアを殺し落下させます。ベラトリックスらはホグワーツの大広間なども破壊して去ります。

ハリーは去って行くスネイプに切り裂き呪文「セクタムセンプラ」を使うがはじかれます。スネイプ「我輩(わがはい)が作り出した呪文だ。そう、我輩が半純血のプリンスだ」。ベラトリックスはホグワーツ上空に「闇の印」のドクロを浮かべます。ホグワーツの教師と生徒はダンブルドア校長の死を悲しみます。

ハリーが洞窟で持ってきた分霊箱のロケットは偽物で、中から「本物は破壊するためにすり替えた。R.A.Bより」という手紙が入っているだけです。ダンブルドアは偽物の分霊箱を奪うために弱り果て、殺されてしまったのです。ハリーは残りの分霊箱を探す旅に出ると誓い、ハーマイオニーとロンも従うと申し出ます。

いよいよ佳境に入ってきたので笑えたり楽しいシーンが少なめになってますが、ヴォルデモートに世界を支配された後には笑いなど全くなくなってしまうので、ハリーらにはがんばってほしいですね。ハーマイオニーとロンの恋の行方もなにげに心配ですが、半純血のプリンスの正体を知りたい人にもおすすめします!

続編前作や関連映画は、ハリポタ/ファンタビシリーズ一覧も参考にしてください。

『ハリーポッターと謎のプリンス(ハリポタ6)』シリーズ順番・映画ランキングや映画賞

新作おすすめ映画のネタバレあらすじや評価もチェック!
最近更新の映画ランキングやネタバレ感想
ゆめぴょん(仮名・管理人/執筆/映画好き)
ゆめぴょん@ピクシーン
興行収入は毎週更新!2019新作69本/2018年209。驚き/社会性/感情動かす/多幸感/ストーリー重視。海外旅行135国
今話題の映画やランキング
最新情報や話題をキャッチ!
  • ツイッター
  • Facebook
  • RSS
  • Feedly
カテゴリ一覧
人気の映画ランキング!