映画評価ピクシーン Pick Scene映画評価ランキング/興行収入/ネタバレあらすじ感想

映画『散歩する侵略者』評価は?ネタバレ感想考察/壊れた夫婦と愛を失った地球人の再生物語

映画散歩する侵略者

『散歩する侵略者』あらすじ概要

数日ぶりに保護され記憶をなくした夫の真治を迎えに行く鳴海は、浮気する夫への愛情を失っていた。しかし真治が散歩する侵略者だと聞くと、鳴海はむしろ以前のように愛情を感じはじめる。一方、同じ町で女子学生による一家惨殺事件が発生し、週刊誌ライターの桜井は宇宙人と名乗..(ネタバレあらすじ↓)

映画名/邦題 散歩する侵略者
日本公開日 2017/9/9 [予告↓]上映時間 129分
映倫区分日本 G(年齢制限なし)
映画監督黒沢清
キャスト
出演者
長澤まさみ、松田龍平、高杉真宙、恒松祐里、長谷川博己
配給/製作(C)松竹、日活/WOWOW FILMS、ジャンゴフィルム
日本興行収入1.8億円
平均評価★★★★★67私の評価↓は含まず)

『散歩する侵略者』予告動画

ネタバレ感想『散歩する侵略者』考察や評価レビュー

この先はネタバレありの感想考察です。他の映画はおすすめ映画ジャンル別も参考にしてください。

私の評価 ★★★★★59/100(60が平均)[レビューサイト評価↑]

劇団イキウメの舞台や、その主宰者の前川知大の小説が原作で、黒沢清監督によるSFドラマ映画です。『太陽』という意欲作も劇団イキウメつながりですが、どちらも監督や出演者を見るかぎりは10億円以上目指してた気がするけど、興行収入的には惨敗で映画好きにすら観られてない印象です。

私のひとこと感想や評価は「アイデアや設定や出演者はいいのに、もったいないです。映像表現はチープで、演技は大げさでコントみたいな部分が目につき、会話も違和感が多くて、少しお金をかけた学芸会に見えてしまいます。好きな部分も多いけど、ストレートな面白さでないため、人におすすめしづらいです」

テーマはいろいろ考えられますが、一番は「愛の大切さ」でしょうか。常に「真実の愛」がテーマのディズニー映画みたいですね。みどころは「壊れた夫婦関係が元に戻る再生過程」「長澤まさみの演技力とかわいさ」「あきら(恒松祐里)の格闘シーン」「概念を奪われた者の言動」などです。

宇宙からの侵略者が人間から「概念」を奪うという発想は面白いし、奪われた人間のその後がどうなるのかや、概念を得た侵略者の言動が変わるのにも興味がわきます。夫の不倫を知る妻は、愛することも愛されることもなくなり、愛の概念を失くしていたが、素直な宇宙人に昔の真治を思い出して「愛」や「母性本能」を取り戻す姿は皮肉ですが、かわいさも感じさせる演技です。

キリスト教会の牧師が、聖書などで「愛」の定義を説明するけど、本当の意味では誰も愛してないので概念を奪われなかったのも皮肉ですね。「神」に仕えてると言うだけでお布施や賽銭を数えてるだけのお坊さんも「神」の概念は持ってないのではないでしょうか。東出昌大は薄っぺらい地球人をうまく演じてます。

ラストで小泉今日子演じる医者が「人類が山のように問題を抱えてたタイミングで侵略者がやって来たのは意味ある気がする」や、真治「侵略者は1つ賢くなったのでは」と結論めいたいことを話すけど、まさに人類が団結して「愛」を取り戻すことがメインテーマだと感じます。1人の救世主が犠牲になってですが。

一方で、宇宙人が侵略前になぜ概念を奪うのかはよくわからず、3日くらいで人類を滅亡させられると言う割には、銃や車で簡単に殺せるのは拍子抜けというか設定ミスな気がします。そんな細かい点はつっこむな、というのは舞台なら通用するけど映画で表現するなら映像で納得させてくれるべきです。

それほど期待してなかったけど、アバンタイトルの交通衝突や、女子学生あきらによる戦闘シーンは楽しめました。ただ、厚労省の役人や殺し屋?のリアリティのなさ、銃撃戦や爆撃機や侵略機による攻撃映像の貧弱さは残念すぎます。低予算なりに違う見せ方を考えた方が良かった気がします。

侵略が中断された理由は不明ですが、「愛」の概念を知ったことが関係してる気がするので、マクロスやその他のアニメや漫画などでの既視感があります。人間も「愛」を持ってるけど「所有」の概念も持つため戦争や侵略の歴史は繰り返されてるので、愛などの概念だけで侵略が止まるのはあり得ないです。

いろいろ残念な部分も述べたけど、ここまで興行収入が低いのは不思議です。豪華な出演者たちは素晴らしい演技を披露してくれてて、特に長澤まさみと松田龍平の関係性の変化や、身体能力の高い恒松祐里と、高杉真宙と長谷川博己のやりとりは相乗効果を感じるので、その辺を見たい人にはおすすめです!

他の映画はおすすめ映画ジャンル別も参考にしてください。

『散歩する侵略者』含む映画ランキングや映画賞

ゆめぽろ プロフィール画像
サイト管理人ゆめぴょん(映画/旅行好き)
興行収入は毎週更新!2021新作82鑑賞。2020年218本。好み⇒謎/驚き/社会性/感情動かす/多幸感/ストーリーと演出を重視/本格ミステリ/SFファンタジー/ホラー/アニメ/MCU。135国 海外旅行ブログ。応援コメント@pixiinsで待ってます(^^)
新作おすすめ映画の感想ネタバレ考察や評価もチェック!
最近更新の映画ランキングやネタバレ感想
サイト管理人ゆめぴょん(映画/旅行好き)
ゆめぴょん@ピクシーン
興行収入は毎週更新!2021新作82本/2020年218本。好み⇒謎/驚き/社会性/感情動かす/多幸感/ストーリーと演出を重視/ホラー/本格ミステリ/アニメ/MCU
今話題の映画やランキング
ホーム シリーズ映画 興収ランキング
検 索
目 次