ピクシーン 映画ランキング/興行収入/評価まとめ/ネタバレあらすじ感想 pickup scene

2006年映画興行収入ランキング(日本)おすすめ評価一覧やあらすじ感想も

2006年映画興行収入ランキング(日本)おすすめ評価一覧やあらすじ感想も

2006年の日本での映画興行収入ランキングとおすすめ映画の概要です。対象は洋画・邦画とも、2006年に日本国内で公開開始された映画です。その映画が上映終了するまでの累計興行収入によるランキングです。評価まとめや感想レビュー・ネタバレあらすじ・予告動画などへのリンクもあります。

【一覧】映画興行収入ランキング(日本)【一覧】映画興行収入ランキング(世界)もご確認くださいね。

目次[非表示]

映画名
(クリックでスクロール)
興収
日本
日本興収
[億円]
興収
世界
世界興収
[億$]
評価
平均
評価
1パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト100.210.6669
2ダ・ヴィンチ・コード90.57.5864
3ゲド戦記76.9-53
4LIMIT OF LOVE 海猿71.0-71
5ナルニア国物語 第1章: ライオンと魔女68.67.4566
6THE 有頂天ホテル60.8-71
7日本沈没53.4-54
8デスノート the Last name52.0-72
9ミッション:インポッシブル3(M:i:III)51.53.9772
10硫黄島からの手紙51.00.6877
11武士の一分41.1-71
12劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション ポケモンレンジャーと蒼海(うみ)の王子マナフィ34.0--
13映画ドラえもん のび太の恐竜200632.7--
14フライトプラン31.2--
15涙そうそう31.0--
16名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌(レクイエム)30.3--
17デスノート 前編28.5--
18ワールド・トレード・センター24.0--
19カーズ22.34.6272
20007 カジノ・ロワイヤル22.15.9979
※興収=興行収入[日本:億円,世界:億$]。評価は主要レビューサイト100点換算の平均値

2006年の映画興行収入ランキング(日本国内)

2006年1月から12月までに、日本国内で上映開始された映画の興行収入ランキングです。海外での公開時期とは違います。おすすめ映画は興行収入だけでなく、ネタバレあらすじ・評価まとめや感想レビュー・予告動画なども見れますよ!

[1位]パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト

パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト
  • 平均評価 ★★★★★69/100
  • 日本興行収入 100.2億円
  • 世界興行収入 10.6億US$
  • 日本公開 2006.7.22
  • 上映時間 151分 予告

パイレーツオブカリビアン・シリーズ第2弾。アカデミー賞4ノミネート、1受賞。前作から3年後、結婚式直前のウィルとエリザベスは、海賊ジャック・スパロウを逃した罪で逮捕される。東インド会社のベケット卿は、ジャックが持つコンパスを渡せば釈放すると言うが、その秘密とは...

原題/英題
Pirates of the Caribbean Dead Man's Chest
製作国
アメリカ(2006.7.7公開)
映倫区分
設定なし、USA: PG-13
映画監督
ゴア・ヴァービンスキー
主な出演者
ジョニー・デップ、オーランド・ブルーム、キーラ・ナイトレイ、ステラン・スカルスガルド、ビル・ナイ、ジャック・ダヴェンポート、ケヴィン・R・マクナリー、ジョナサン・プライス
製作費
約US$ 225,000,000(約248億円)
配給/製作
(C)ブエナビスタ、ジェリー・ブラッカイマー・フィルムズ

『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』ネタバレあらすじ感想や評価一覧

[2位]ダ・ヴィンチ・コード

ダ・ヴィンチ・コード
  • 平均評価 ★★★★★64/100
  • 日本興行収入 90.5億円
  • 世界興行収入 7.5億US$
  • 日本公開 2006.5.20
  • 上映時間 150分

ダン・ブラウンの世界的ベストセラー小説を「ビューティフル・マインド」のオスカー監督、ロン・ハワードが映画化。ルーブル美術館で館長が殺害される事件が発生。調査を依頼されたハーバード大宗教象徴学教授ラングドンは、暗号解読官ソフィーとともに死体に隠された暗号を解読してゆく中で、カトリック教会が隠蔽してきたキリスト教史上最大の謎に行き当たる。「ターミナル」のトム・ハンクス、「アメリ」のオドレイ・トトゥらが出演。[引用元]

原題/英題
The Da Vinci Code
製作国
アメリカ(2006.5.19公開)
映倫区分
設定なし、USA: PG-13
映画監督
ロン・ハワード
主な出演者
トム・ハンクス、オドレイ・トトゥ、イアン・マッケラン、アルフレッド・モリーナ、ポール・ベタニー
製作費
約US$ 125,000,000(約138億円)
配給/製作
(C)ソニー・ピクチャーズエンタテインメント、イマジン・エンターテインメント
レビューサイト平均評価 ★★★★★64/100換算

掲載2006年映画興行収入ランキング(日本)おすすめ評価一覧やあらすじ感想も

[3位]ゲド戦記

ゲド戦記
  • 平均評価 ★★★★★53/100
  • 日本興行収入 76.9億円
  • 日本公開 2006.7.29
  • 上映時間 115分 予告

スタジオジブリのアニメ映画。太古に人と竜が住みかを分けた世界。エンラッド王国では少しづつ異変が起こり、世界の均衡の崩れを調べるために大賢人ハイタカが旅に出た。父王を刺殺したアレンは国を去り、ハイタカや不思議な少女テルーと出会う。一方、魔法使いクモはハイタカへの復讐心にもえて...

原題/英題
Tales from Earthsea
映画監督
宮崎吾朗
主な出演者
岡田准一、手嶌葵、菅原文太、田中裕子、香川照之
配給/製作
(C)東宝、スタジオジブリ

『ゲド戦記』ネタバレあらすじ感想や評価一覧

[4位]LIMIT OF LOVE 海猿

LIMIT OF LOVE 海猿
  • 平均評価 ★★★★★71/100
  • 日本興行収入 71.0億円
  • 日本公開 2006.5.6
  • 上映時間 117分

若き海上保安官たちの活躍を描いて話題となった映画「海猿」(2004)、その続編のTVドラマ「海猿 EVOLUTION」(05)に続くシリーズ。潜水士になって2年がたった仙崎は、異動先の鹿児島・第十管区で機動救難隊員として働いていた。恋人の環菜とは遠距離恋愛を続けていたが、さまざまな原因から関係がぎこちなくなっていることに悩んでいたある日、鹿児島沖で大型フェリーの座礁事故が発生する。仙崎はバディの吉岡らとともに現場に駆けつけるが、そこで想像を絶する光景を目撃する。[引用元]

原題/英題
Test of Trust UMIZARU 2
映画監督
羽住英一郎
主な出演者
伊藤英明、加藤あい、佐藤隆太、大塚寧々、吹越満
配給/製作
(C)東宝
レビューサイト平均評価 ★★★★★71/100換算

掲載2006年映画興行収入ランキング(日本)おすすめ評価一覧やあらすじ感想も

[5位]ナルニア国物語 第1章: ライオンと魔女

ナルニア国物語 第1章: ライオンと魔女
  • 平均評価 ★★★★★66/100
  • 日本興行収入 68.6億円
  • 世界興行収入 7.4億US$
  • 日本公開 2006.3.4
  • 上映時間 140分

ナルニア国物語シリーズ第1弾。イギリスの児童文学の映画化、第1作目。戦争時に田舎に疎開したペベンシー4兄弟は、屋敷の衣装ダンスから、魔法と不思議な生物たちが住むナルニア国へとたどり着く。そこは白い魔女によって支配されていて、4兄弟はライオンのアスランに導かれて、ナルニアを開放するための冒険を繰り広げるのだが...

原題/英題
The Chronicles of Narnia: The Witch, The Lion and The Wardrobe
製作国
アメリカ(2005.12.9公開)
映倫区分
設定なし、USA: PG
映画監督
アンドリュー・アダムソン
主な出演者
ウィリアム・モーズリー、アナ・ポップルウェル、スキャンダー・ケインズ、ジョージー・ヘンリー、ティルダ・スウィントン
製作費
約US$ 180,000,000(約198億円)
配給/製作
(C)ブエナ・ビスタ・ピクチャーズ、ウォルデン・メディア
レビューサイト平均評価 ★★★★★66/100換算

掲載ナルニア国物語シリーズ映画興行収入ランキングと評価一覧

[6位]THE 有頂天ホテル

THE 有頂天ホテル
  • 平均評価 ★★★★★71/100
  • 日本興行収入 60.8億円
  • 日本公開 2006.1.14
  • 上映時間 136分

「ラヂオの時間」「みんなのいえ」の三谷幸喜が、32年に製作されたグレタ・ガルボ、ジョーン・クロフォード主演の「グランドホテル」で確立された「グランド・ホテル形式」そのままに、オールスターで作り上げた群像劇。新年のカウントダウンまであと2時間の高級ホテル。副支配人・新堂の使命はこのイベントを無事に済ますことだが、次々と困った事態が起こる。共演は篠原涼子、オダギリジョー、寺島進、唐沢寿明、西田敏行ら。[引用元]

原題/英題
The Wow-Choten Hotel(Suite Dreams)
映画監督
三谷幸喜
主な出演者
役所広司、松たか子、佐藤浩市、香取慎吾、篠原涼子
配給/製作
(C)東宝
レビューサイト平均評価 ★★★★★71/100換算

掲載2006年映画興行収入ランキング(日本)おすすめ評価一覧やあらすじ感想も

[7位]日本沈没

日本沈没
  • 平均評価 ★★★★★54/100
  • 日本興行収入 53.4億円
  • 日本公開 2006.7.15
  • 上映時間 135分

1973年にもオールスターキャストで映画化された小松左京によるSF小説を「ローレライ」(05)で長編劇場映画デビューを果たした樋口真嗣監督がリメイク。日本海溝直下の大規模な地殻変動により日本列島の大部分が海中に沈むという予測が発表され、その発表を前後してマグニチュード8クラスの大地震が連続発生する。[引用元]

原題/英題
Sinking of Japan
映画監督
樋口真嗣
主な出演者
草なぎ剛、柴咲コウ、及川光博、國村隼、石坂浩二
製作費
約20億円
配給/製作
(C)東宝、セディックインターナショナル、映画「日本沈没」製作委員会
レビューサイト平均評価 ★★★★★54/100換算

掲載2006年映画興行収入ランキング(日本)おすすめ評価一覧やあらすじ感想も

[8位]デスノート the Last name

デスノート the Last name
  • 平均評価 ★★★★★72/100
  • 日本興行収入 52.0億円
  • 日本公開 2006.11.3
  • 上映時間 140分

人気マンガの実写化、全2作の後編(他に新シリーズもある)。デスノートを持つ月(ライト)は、Lのいるキラ対策本部に潜入する。一方、死神レムとそのデスノートを持つ少女・弥海砂(あまね ミサ)も現れて、予想のできない展開になっていく。やがて、月とLの頭脳戦は多くの関係者を巻き込んでいき...

原題/英題
DEATH NOTE the Last name
映画監督
金子修介
主な出演者
藤原竜也、松山ケンイチ、戸田恵梨香、片瀬那奈、マギー
製作費
約20億円
配給/製作
(C)Warner Bros. Pictures、日活撮影所、2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS、日本テレビ放送網
レビューサイト平均評価 ★★★★★72/100換算

掲載2006年映画興行収入ランキング(日本)おすすめ評価一覧やあらすじ感想も

[9位]ミッション:インポッシブル3(M:i:III)

ミッション:インポッシブル3(M:i:III)
  • 平均評価 ★★★★★72/100
  • 日本興行収入 51.5億円
  • 世界興行収入 3.9億US$
  • 日本公開 2006.7.8
  • 上映時間 126分

トム・クルーズ製作・主演の大ヒットシリーズ第3弾。イーサン・ハント(クルーズ)は第一線から退き、後進の指導をしていたが、自分の教え子の女性エージェントが、IMFの長年の宿敵である武器商人デビアン(フィリップ・シーモア・ホフマン)捕獲作戦に失敗し、拉致される。彼女を救助するためにベルリンへ飛んだハントたちだが……。監督はTVドラマ「エイリアス」で注目され、本作が長編劇場映画デビューとなるJ・J・エイブラムス。[引用元]

原題/英題
Mission: Impossible III
製作国
アメリカ(2006.5.5公開)
映倫区分
設定なし、USA: PG-13
映画監督
J・J・エイブラムス
主な出演者
トム・クルーズ、フィリップ・シーモア・ホフマン、ビング・レイムス、ビリー・クラダップ、ジョナサン・リース=マイヤーズ
製作費
約US$ 150,000,000(約165億円)
配給/製作
(C)UIP、パラマウント映画(USA)、クルーズ/ワグナー・プロダクションズ
レビューサイト平均評価 ★★★★★72/100換算

掲載ミッションインポッシブルシリーズ映画興行収入ランキングと評価一覧

[10位]硫黄島からの手紙

硫黄島からの手紙
  • 平均評価 ★★★★★77/100
  • 日本興行収入 51.0億円
  • 世界興行収入 0.6億US$
  • 日本公開 2006.12.9
  • 上映時間 141分

クリント・イーストウッド監督が、太平洋戦争最大の激戦だったといわれる硫黄島の戦いを日米双方の視点から描く映画史上初の2部作。アメリカ側から硫黄島を描いた「父親たちの星条旗」と対をなす本作は、硫黄島の戦いに参加した一人の若き日本軍兵士の目を通して、約2万2千人の日本軍を率いたアメリカ帰りの名将・栗林忠道中将らの戦いを描く。主演の栗林中将に渡辺謙、その他二宮和也、伊原剛志、加瀬亮、中村獅童がそれぞれ日本軍兵士として出演。[引用元]

原題/英題
Letters from Iwo Jima
製作国
アメリカ(2006.12.20公開)
映倫区分
日本: R、USA: R
映画監督
クリント・イーストウッド
主な出演者
渡辺謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬亮、中村獅童
製作費
約US$ 19,000,000(約21億円)
配給/製作
(C)Warner Bros. Pictures
レビューサイト平均評価 ★★★★★77/100換算

掲載2006年映画興行収入ランキング(日本)おすすめ評価一覧やあらすじ感想も

[11位]武士の一分

武士の一分
  • 平均評価 ★★★★★71/100
  • 日本興行収入 41.1億円
  • 日本公開 2006.12.1
  • 上映時間 121分

「たそがれ清兵衛」「隠し剣 鬼の爪」に続く、原作・藤沢周平×山田洋次監督による時代劇3部作の最終章。東北・海坂藩の下級武士、三村新之丞は剣術の腕を認められながらも藩主の毒味役に甘んじていた。そんなある日、新之丞はいつも通りに昼食の毒味をしたところ、赤貝の毒にあたり、失明してしまう……。原作は「隠し剣秋風抄」所収の「盲目剣谺(こだま)返し」。[引用元]

原題/英題
Love and Honor
映画監督
山田洋次
主な出演者
木村拓哉、檀れい、笹野高史、桃井かおり、大地康雄
配給/製作
(C)松竹、「武士の一分」製作委員会
レビューサイト平均評価 ★★★★★71/100換算

掲載2006年映画興行収入ランキング(日本)おすすめ評価一覧やあらすじ感想も

[12位]劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション ポケモンレンジャーと蒼海(うみ)の王子マナフィ

日本での興行収入(累計): 34.0億円

[13位]映画ドラえもん のび太の恐竜2006

日本での興行収入(累計): 32.8億円

[14位]フライトプラン

日本での興行収入(累計): 31.2億円

[15位]涙そうそう

日本での興行収入(累計): 31.0億円

[16位]名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌(レクイエム)

日本での興行収入(累計): 30.3億円

[17位]デスノート 前編

日本での興行収入(累計): 28.5億円

[18位]ワールド・トレード・センター

日本での興行収入(累計): 24.0億円

[19位]カーズ

カーズ
  • 平均評価 ★★★★★72/100
  • 日本興行収入 22.3億円
  • 世界興行収入 4.6億US$
  • 日本公開 2006.7.1
  • 上映時間 116分 予告

ピクサーのアニメ映画。自信過剰な新人レースカーのライトニング・マックイーンは、決勝戦へ向かうつもりが田舎町で裁判にかけられ、しばらく滞在することになる。そこで始めて親友や恋しい人ができるが、脱出するためにレースすることになる。その相手はなんと...

原題/英題
Cars
製作国
アメリカ(2006.6.9公開)
映倫区分
設定なし、USA: G
映画監督
ジョン・ラセター、ジョー・ランフト
主な出演者
オーウェン・ウィルソン、ラリー・ザ・ケーブル・ガイ、ポール・ニューマン、ボニー・ハント、トニー・シャルーブ
製作費
約US$ 120,000,000(約132億円)
配給/製作
(C)ブエナビスタ、Pixar Animation Studios

『カーズ』ネタバレあらすじ感想や評価一覧

[20位]007 カジノ・ロワイヤル

007 カジノ・ロワイヤル
  • 平均評価 ★★★★★79/100
  • 日本興行収入 22.1億円
  • 世界興行収入 5.9億US$
  • 日本公開 2006.12.1
  • 上映時間 144分

007シリーズ第21弾。6代目ジェームズ・ボンドにシリーズ初となる金髪碧眼のダニエル・クレイグ(「ミュンヘン」「レイヤー・ケーキ」)を迎え、イアン・フレミングによる最初の原作を元にジェームズ・ボンドが007になるまでを描く。

原題/英題
Casino Royale
製作国
イギリス・アメリカ・チェコ合作(2006.11.16公開)
映倫区分
設定なし、USA: PG-13
映画監督
マーティン・キャンベル
主な出演者
ダニエル・クレイグ、エバ・グリーン、マッツ・ミケルセン、ジェフリー・ライト、ジャンカルロ・ジャンニーニ
製作費
約US$ 150,000,000(約165億円)
配給/製作
(C)SPE、MGM、コロムビア映画
レビューサイト平均評価 ★★★★★79/100換算

掲載007ジェームズボンドシリーズ映画興行収入ランキングと評価一覧

以上、2006年に日本公開の映画興行収入ランキングでした。【一覧】映画興行収入ランキング(日本)【一覧】映画興行収入ランキング(世界)もご確認くださいね。

新作映画のネタバレあらすじ評価と感想もチェック!

最近更新の映画ランキングやネタバレ感想

今話題の映画やランキング
カテゴリ一覧
最新情報や話題をキャッチ!
  • ツイッター
  • Facebook
  • RSS
  • Feedly
新作映画で選ぶおすすめ動画配信サービス
  • music.jp(30日無料。新作映画多く観れる。漫画/音楽も)
  • TSUTAYAの宅配レンタルと動画配信(30日無料。DVDの豊富さは映画好きにおすすめ)
  • U-NEXT(31日無料。新作映画はポイントで月数本観れる)
  • Amazonプライム(30日無料。月額325円相当。新作は見放題に少し)
  • Hulu(2週間無料。マーベル等の特集がたまにある)
  • dTV(31日無料。月額500円。新作は見放題に少ない)
関連(数値:平均評価。A:日本興収70億円以上、B:30億、C:10億、W:世界$7億以上) [目次↑] [一番上↑]
人気の映画ランキング!