映画評価ピクシーンPick Scene映画評価ランキング/興行収入/ネタバレあらすじ感想
映画もアニメもアマゾンでお得に

映画『スターウォーズ エピソード4 新たなる希望』感想ネタバレ評価あらすじ/ジェダイ末裔と謎の老人と姫が帝国に反乱?

映画 スターウォーズ エピソード4 新たなる希望
タイトル/邦題 スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望
日本公開 1978.7.1 予告↓上映時間 121分
映倫区分日本 G(年齢制限なし)USA PG
参考世界興行収入Wiki
製作国アメリカ
原題/英題Star Wars Episode IV A New Hope
映画監督ジョージ・ルーカス
キャスト
出演者
マーク・ハミル(島田敏)、ハリソン・フォード(磯部勉)、キャリー・フィッシャー(高島雅羅)、アレック・ギネス(納谷悟朗)、ピーター・カッシング(大木民夫)、ダースベイダー役(大平透)※声優はソフト版の特別篇
配給/製作(C)20th Century Fox/Lucasfilm Limited
シリーズ/関連スターウォーズ・シリーズ
日本配給収入43.8億円
世界興行収入7.7億US$
製作費約US$ 11,000,000(約12億円)
平均評価★★★★★81私の評価★★★★★70
値段を調べる ムビチケAmazon楽天Yahoo

『スターウォーズ エピソード4 新たなる希望』あらすじ(ネタバレなし)

スターウォーズシリーズのエピソード4。公開1作目。銀河帝国に支配され、共和国と平和を守るジェダイ騎士団はほぼ壊滅した遠い昔。反乱同盟軍のスパイがデススター設計図を入手。託されたドロイドR2-D2は、惑星タトゥイーンの農場でルーク・スカイウォーカーに出会い、ベン・ケノービの所へ向かうのだが...(ネタバレあらすじ↓)

『スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望』予告動画

『スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望』ネタバレあらすじ

この先はネタバレありのあらすじです。続編前作や関連映画は、スターウォーズ・シリーズ一覧も参考にしてください。

遠い昔、はるか彼方の銀河系で…。銀河共和国により平和が保たれてた宇宙は、銀河帝国の出現で圧政が行われ、強力な攻撃要塞デス・スターが完成すると手遅れになるため、反乱同盟軍のスパイがその構造設計図を盗み出します。それをレイア姫(キャリー・フィッシャー)が受け取り、帝国軍に追われます。

反乱軍の指導者の1人、レイア・オーガナ姫は、惑星オルデランへ向かう途中、帝国軍No.2の暗黒卿ダース・ベイダー(デヴィッド・プラウズ)に捕まります。その前にドロイドのR2-D2(ケニー・ベイカー)にオビ=ワン・ケノービへのメッセージとデス・スター設計図を託して、C-3POと共に脱出させます。

おしゃべりな通訳ドロイドC-3PO(アンソニー・ダニエルズ)は話せないR2-D2の言葉も理解でき、その主人のように振る舞うが、R2-D2はレイアに託された極秘任務遂行のため頑固に単独行動します。近くの砂漠の惑星タトゥイーンに降りて別行動するが、2体ともスクラップ回収のジャワ族に捕らわれます。

そこへ若きルーク・スカイウォーカー(マーク・ハミル)が養父オーウェン・ラーズ(フィル・ブラウン)とドロイドを買いに来て、C-3POともう1体赤いのを購入し、R2-D2はさみしそうにします。ところが赤いのは歩行中に故障したので、C-3POのおすすめでR2-D2を買って帰り、ルークがチューニングします。

ルークとオビワンの旅立ちと修行(ネタバレあらすじ)

R2-D2からホロスコープのメッセージが出て、レイア姫「オビ=ワン・ケノービ、あなただけが頼りです」。C-3POの命令でもそれ以上は再生できず、ルークは砂漠に住むベン・ケノービのことかとオーウェンおじさんに聞くと、R2-D2の記憶メモリを消去するよう言われ、大学入学も先延ばしにされます。

その夜、R2-D2は極秘任務のために家出し、翌朝ルークとC-3POは砂漠へ探しに行き追いつきます。しかしサンド・ピープルと呼ばれる野盗タスケン・レイダーに襲われ、ルークは気絶し、C-3POはバラバラにされます。R2-D2が途方に暮れてると老人ベン・ケノービ(アレック・ギネス)により救出されます。

ベンはルークの父と共にジェダイの騎士オビ=ワンだったと明かし、父のライトセイバーを渡し、弟子の1人だったダース・ベイダーに父は殺されたと伝えます。R2-D2のレイアのメッセージを見たオビワンは、ルークを惑星オルデランへの旅に誘いますが、ルークはオーウェンおじさんが許さないからと断ります。

ルークはオビ=ワンをアンカーヘッドの街へ送る途中、ジャワ族やオーウェンおじさんとベルおばさんが殺害されてるのを見つけ、オビ=ワンは帝国軍がR2-D2の情報を奪いに来たのだと言います。タトゥイーンに残る必要のなくなったルークはオビ=ワンと共に旅に出て、父と同じくフォースを学ぶことにします。

ハンソロ登場と惑星オルデランの悲劇(ネタバレあらすじ)

モス・アイズリー宇宙港でルークらを引き止めた帝国軍のストームトルーパーは、オビワンのフォースで心を操られてすんなり通します。酒場でルークにからんだ異星人の腕を、オビワンはライトセイバーで切り落とします。類人猿のようなウーキー族チューバッカ(ピーター・メイヒュー)が2人に船長を紹介します。

密輸船の船長ハン・ソロ(ハリソン・フォード)は、オビワンに高額な報酬を要求して旅を引き受けます。ハン・ソロはジャバ・ザ・ハットの借金取り立て異星人を倒して出発準備します。一行は帝国軍の追跡を振り切って、ミレニアム・ファルコン号で惑星オルデランへ向かいます。

一方、帝国軍に捕まったレイア姫はダース・ベイダーによる薬物尋問にも屈しないが、司令官ターキン総督(ピーター・カッシング)がデス・スターでの惑星オルデラン破壊(レイアの故郷)でおどすと、ついにレイアは反乱軍秘密基地が惑星ダントゥインにあることを白状します。ターキンはオルデランを破壊します。

レイアは養父ベイル・オーガナ元老院議員などのいる惑星オルデランが破壊され悲しみます。失われた多くの命の叫びを、遠く離れたミレニアム・ファルコン号でルークを修行していたオビ=ワン・ケノービもフォースで聞いて力を落とします。目的地に着くと惑星オルデランが破壊されたことに失望します。

レイア救出作戦とオビワン対ダースベイダー(ネタバレあらすじ)

ミレニアム・ファルコン号は近くにあったデス・スターのトラクタービームに捕まるが、なんとかストームトルーパーに変装してもぐりこみます。R2-D2はデス・スター内にレイア姫がいることを突き止め、ルークはハン・ソロの制止も聞かず救出へ向かい、ハン・ソロとチューバッカの助けもあり救出に成功します。

オビ=ワン・ケノービはトラクタービームの電源を切った後、ファルコン号へ戻る時にダース・ベイダーと出会いライトセイバー戦になるが、ルークを見つけるとライトセイバーを引っこめ、ダース・ベイダーに首を斬られたかと思いきや肉体ごと消滅します。これは死後に霊体になるジェダイの技だと後にわかります。

悲しむルークを乗せてハン・ソロらはミレニアム・ファルコン号で脱出し、追撃してくるTIEファイターを、ハン・ソロ、ルーク、チューバッカの3人が迎撃して、反乱同盟軍の秘密要塞のある惑星ヤビンへ向かいます。ルークもハン・ソロもレイア姫にひかれていきますが、レイアは金の亡者ソロには反発します。

惑星ヤヴィンの基地ではR2-D2のデス・スター設計図をもとに、Xウィングからのフォトンミサイルによる弱点強襲の作戦が説明され、ルークも参加することになります。ハン・ソロは報酬をもらうとジャバに返済するためすぐ立ち去ろうとし、ルークはそれをとがめるが、ソロは「フォースとともにあらんことを」と言ってチューバッカと共に去ります。

『スターウォーズ エピソード4 新たなる希望』ネタバレ結末と最後/ラスト

ルークはXウィングの計算処理ドロイドとしてR2-D2を積載してもらいます。C-3PO「R2-D2、無事に戻ってこいよ。おまえがいないと文句言う相手がいなくなるから」。帝国軍はファルコン号につけた発信器を追って来て、デス・スターで惑星ヤヴィンの攻撃態勢に入り、時間制限ありの空中戦が始まります。

反乱軍のXウィングは小さすぎて対戦艦に設計されたデス・スターは苦戦しますが、ダース・ベイダーとその部下のタイファイターの反撃により、第1と第2の攻撃隊はデス・スターをわずかに攻撃しただけで全滅します。残ったルークは仲間に援護をまかせて、デス・スターの弱点へ突撃します。

援護の仲間が脱落しルーク機だけになりR2-D2も被弾すると、オビ=ワン・ケノービの声で「フォースを使うのだ」と聞こえ、ダース・ベイダーもそのフォースを感じます。ルークはフォースでダース・ベイダーの攻撃をかわすが、危機一髪の時、ハン・ソロのファルコン号が戻ってきてベイダー機をはじき出します。

デス・スターが惑星ヤヴィンの射程内に入り、攻撃しようとした時、ルーク・スカイウォーカーはフォースを信じてフォトンミサイルを撃ちこみ、デス・スターを破壊します。ダース・ベイダーははじき飛ばされて宇宙の彼方へ去ります。ルークやハン・ソロらは基地に帰還して、レイアに祝福されます。

ルーク・スカイウォーカーとハン・ソロとチューバッカたちは、反乱同盟軍の英雄として称えられ、レイア姫にメダルをかけられます。損傷したR2-D2も無事に修理されて、うれしそうに踊りだし、その横でC-3POも喜びます。

ネタバレ感想『スターウォーズ エピソード4 新たなる希望』考察・評価レビュー

この先はネタバレありの感想/考察です。続編前作や関連映画は、スターウォーズ・シリーズ一覧も参考にしてください。映画 スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望

★★★★★ 70点/100(60が平均)

スターウォーズシリーズのエピソード4、公開順番は1作目。この映画がヒットしたから続編の制作が決定して、壮大なスターウォーズサーガが始まったので、いろんな意味で歴史的意義の大きい作品で、宇宙の伝説を語るこの映画じたいが一種の伝説になってるような感じすらします。

ただ前世紀の映画であるため、映像技術や演出については古さを感じるため、エピソード1以降に公開されたものよりは先に見ないとちょっとつらいかもしれません。ライトセイバー戦は今見るとかなりお粗末で、オビ=ワン・ケノービの消滅のしかたやその理由なども微妙すぎて作り直してほしいくらいです。

ストーリーは、血のつながらない夫婦に育てられて農場で働くだけのルーク・スカイウォーカーが、実はジェダイの騎士を父に持ち強いフォースをあやつれることがわかり、近所のベンも伝説のジェダイで、共に宇宙の平和を勝ち取る冒険に出発し、銀河帝国の野望を阻止するという英雄誕生のサクセス成長物語です。

冒頭のダース・ベイダー出現シーンは怖かったけど、だんだんダース・ベイダーが普通の人のような発言になってくるのは少し残念です。強そうなのに作戦があまり功を奏してないのも無能ぶりを感じてしまいます。また、レイアやルークのフォースを感じ取れない?のは、最後を知ってると違和感あります。

レイアの自白もなぜフォースを使わないのか不思議です。その他、デス・スターの脆弱性などSF的な矛盾点を問い始めるとキリないけど、スピンオフ映画『ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー』を観ると納得できる点もあります。

本作のメインはルークの成長と、調子にのりすぎた帝国軍への反撃ですが、レイア姫とハン・ソロ、ルークの三角関係がほのかに見られたり、C-3POとR2-D2のやられっぷりやコメディ劇や友情ぶり、さえないベンやルークが実はフォースの使い手だったという意外性や夢を感じさせてくれるところが好きです。

キャラクターは全て魅力的で、続編を考慮してない作り方が成功してて、本作だけでその魅力を存分に感じられるのが他のエピソードより良いです。特にドロイド系やチューバッカが活躍したりかわいかったりで印象的です。ハン・ソロ、そしてルークやレイアからはそれぞれの葛藤が感じられます。

R2-D2の強運は最初から描かれてたことに驚きです。ルークに購入された時も、まるでフォースを使ったように運を引き寄せます。C-3POはシリーズ史上最もよくしゃべるので、私は好みですがコメディ調が苦手な人にはつらいかも。賛否とも語りたい点は尽きないけど、サーガ1作目として観ることをおすすめします!

『スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望』おすすめ12ポイント

  • 人気スペースオペラ1作目
  • わかりやすいストーリー
  • 希望を持ててワクワクできる
  • どのキャラも魅力的
  • ルーク・スカイウォーカーの成長
  • R2-D2がかわいくて大活躍
  • R2-D2とC-3POがコメディコンビ
  • 様々な異星人やクリーチャー
  • ハンソロとチューイかっこいい
  • ダース・ベイダー恐ろしかっこいい
  • ジェダイやフォースの未知感
  • 子どもや家族と一緒に楽しめる

『スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望』少し残念10ポイント

  • 序盤C3POの会話劇が多すぎ
  • 映像技術が貧弱
  • ベイダーはレイア正体気づかない?
  • ベイダーが全体的に無能
  • レイア自白にフォース使わない?
  • オビワン一般人にライトセイバー?
  • フォース修行が実践から入りすぎ
  • ライトセイバー戦がしょぼい
  • オビワン消滅の必然性がない
  • 帝国軍の迎撃システムが貧弱

続編前作や関連映画は、スターウォーズ・シリーズ一覧も参考にしてください。

『スターウォーズ エピソード4 新たなる希望』シリーズ順番・映画ランキングや映画賞

新作おすすめ映画のネタバレあらすじや評価もチェック!
最近更新の映画ランキングやネタバレ感想
ゆめぴょん(仮名・管理人/執筆/映画好き)
ゆめぴょん@ピクシーン
興行収入は毎週更新!2019新作48本/2018年190。驚き/社会性/感情動かす/多幸感/ストーリー重視。海外旅行135国
今話題の映画やランキング
最新情報や話題をキャッチ!
  • ツイッター
  • Facebook
  • RSS
  • Feedly
カテゴリ一覧
人気の映画ランキング!