ピクシーンPick Scene映画評価ランキング/興行収入/ネタバレあらすじ感想 by世界一周人

ネタバレ感想『ローグワン スターウォーズストーリー』ジェダイなき世界でフォース信じる戦士達/あらすじ評価

ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー
  • 平均評価 ★★★★★77/100
  • 私の評価 ★★★★★66
  • 日本興行収入 46.3億円
  • 世界興行収入 10.5億US$
  • 日本公開 2016.12.16
  • 上映時間 134分 予告

『ローグワン スターウォーズストーリー』あらすじ(ネタバレなし)

スターウォーズシリーズのスピンオフ1作目。アカデミー賞2部門ノミネート。ジン・アーソは幼少時、帝国軍に母を殺され父は連行された。成長したジンは反乱軍の一員として仲間のキャシアンらと共に、父が開発した究極兵器デススターの設計図を手に入れるミッションに挑むのだが...(ネタバレあらすじ↓)

ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリーの予告動画

映画『ローグワン スターウォーズストーリー』評価まとめや作品情報

興行成績、公開日、上映時間などは↑に掲載してます。
原題/英題
Rogue One: A Star Wars Story
製作国
アメリカ(2016.12.16公開)
映倫区分
設定なし、USA: PG-13
製作費
約US$ 2,000,000(約2億円)
配給/製作
(C)Walt Disney Studios Motion Pictures、Lucasfilm Limited
参考
 Wikipedia⇒ 興行収入⇒
映画監督
ギャレス・エドワーズ
キャスト/出演者(吹き替え声優)
フェリシティ・ジョーンズ(渋谷はるか)、ディエゴ・ルナ(加瀬康之)、ドニー・イェン(根本泰彦)、ベン・メンデルソーン(三上哲)、マッツ・ミケルセン(田中正彦)、K-2SO役(野中秀哲)、ダースベイダー役(楠大典)
レビューサイト平均評価 ★★★★★77/100換算

『ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー』ネタバレあらすじや結末

この先はネタバレありのあらすじです。関連映画はスターウォーズ・シリーズ一覧などで探してみてください。

ゲイレン・アーソ(マッツ・ミケルセン)は妻ライラと娘ジンと共にある惑星で暮らしていたが、帝国軍のオーソン・クレニック(ベン・メンデルソーン)がやって来て、完成がおくれているデス・スター開発のために連行される。抵抗した母ライラは銃殺され、ジンは岩シェルターに隠れて助かります。

ジン・アーソは、父ゲイレンの友人で反乱軍のソウ・ゲレラ(フォレスト・ウィテカー)に岩から助け出されます。数年後、ジン(フェリシティ・ジョーンズ)は、惑星ウォバニで帝国軍に捕われて移送中に、反乱軍に助けられます。反乱同盟軍基地で、父ゲイレンやソウの話を聞き、ジンも仲間に加わります。

ジンはキャシアン・アンドー(ディエゴ・ルナ)と元帝国軍ドロイドのK-2SO(アラン・テュディック)と共に、ソウを探しに惑星ジェダへ行きます。帝国軍のストーム・トルーパーに捕まりそうになるが、ウィルズ寺院の守護者だったチアルート・イムウェ(ドニー・イェン)とベイズ・マルバス(チアン・ウェン)に助けられます。

4人は目隠しされてソウ・ゲレラのアジトへ連行されます。ソウは、ジンの父ゲイレンが帝国パイロットのボーディーに託したホロメッセージを見せます。ジンはデススターのリアクターに一発で破壊できる弱点があること、設計図は惑星スカリフのシタデルタワーにあること、父が娘ジンを今でも「私のスターダストだ」と言ってくれるのを聞きます。

しかしその時、帝国軍のターキン総督の命令を受けたクレニックが、同じ星のジェダ・シティをデススターの試射により壊滅させます。ソウのアジトも余波で崩壊していきます。足が不自由なソウは、ジンらを逃がして、自分は犠牲になります。ジンらは、解放したボーディー(リズ・アーメッド)とK-2SOの操縦により、なんとか脱出します。

ジンの父ゲイレン救出作戦(ネタバレあらすじ)

ジン、キャシアン、チアルート、ベイズ、ボーディー、K-2SOの6人は、ボーディーの情報をたよりに、父ゲイレン・アーソのいる惑星イードゥーへ行きます。そこでは、デススター情報を流した裏切り者にゲイレンが名乗り出て、クレニックはそれ以外の者を抹殺します。

キャシアンの極秘任務はゲイレン暗殺なので照準をあわせますが、ジンの父だから躊躇して撃てません。そこへ反乱軍が空爆をはじめて、爆発によりゲイレンは娘ジンに「私のスターダスト」と言いながら死んでいきます。ベイズの百発百中の銃さばきは見事です。

ジンたち6人は奪った帝国軍のシャトルで脱出して反乱軍本部へ戻ります。ジンはキャシアンが父ゲイレンを殺そうとしたことに抗議します。また、ゲイレンを殺したのは帝国ではなく反乱軍だったことにも怒ります。しかしデススターの弱点情報を入手することが、父の意志を継ぐことだと思い行動を続けます

ジンらが主張する惑星スカリフでのデススター設計図奪取については、評議会の多くが反対したため、モン・モスマ議員も決行できません、レイア姫の養父ベイル・オーガナは、古い友人オビ=ワン・ケノービに連絡をとるため、惑星オルデランへ向かいます。ドロイドのC-3POはぼやき、R2-D2もいます。

ローグワン出動!デススター設計図奪取作戦(ネタバレあらすじ)

ジンら6人は希望(ホープ/HOPE)を信じて、キャシアンと同類の一部のスパイや特殊部隊のみで、勝手に惑星スカリフへ向かうことになります。、呼び止める管制室に「ローグ・ワンだ!」と言い放って出撃します。ローグワンとは、ローグ=ならず者、の集まりというニュアンスです。

惑星スカリフに侵入する時に、ジンはカイバークリスタルのペンダントに祈りをささげて無事に入れます。偶然かもしれませんがフォースの力を感じます。カイバークリスタルとは、デススターのレーザー砲やジェダイのライトセイバーにも使われ、フォースを増幅できる素材です。

惑星スカリフに着陸したローグワン部隊は、ジン、キャシアン、K-2SOの3人がシタデルタワーのデータ保管庫をめざし、残りは陽動支援します。帝国軍のクレニックも、ダース・ベイダーにおどされて決死の覚悟で応戦します。

惑星スカリフでの作戦実行を見て、反乱同盟軍も艦隊の派遣を開始します。そのせいでスカリフにはシールドがはられてしまい、大容量のデススター設計図をデータ送信するには、まず地上で通信塔の基盤スイッチを入れて、その通信を使って宇宙艦隊にシールドゲート破壊を要請する必要があります

ローグワン部隊の攻防と犠牲者たち(ネタバレあらすじ)

ジンら3人はデータ保管庫でストーム・トルーパーに追いつめられるが、K-2SOがゲートロックして犠牲になりながら保管庫を操作します。ジンはコード「スターダスト」のデータを見つけ、キャシアンとデータ媒体を取りに行きます。クレニックの銃撃でキャシアンは負傷するが、ジンはデータ優先で先を急ぎます。

ボーディーは外で負傷しながらも通信用ケーブルを接続します。盲目のチアルートは「フォースは我と共にあり、我はフォースと共にあり」と言いながら歩いて、通信用のマスタースイッチにたどりつきオンにします。直後の爆撃で、チアルートはベイズに看とられながら死亡します。

ボーディーは宇宙艦隊と通信し、シールドゲート破壊を要請するが、直後に手榴弾を投げ込まれて、シャトルもろとも破壊されます。ベイズはシャトルに戻れなくなったと知り、チアルートのまねで「フォースは我と共にあり」と言いながらストーム・トルーパーを倒していくが、敵の手榴弾で吹き飛びます。

タワー屋上にたどり着いたジンは、データ送信するためにアンテナ制御用スイッチをオンにしたところで、追ってきたクレニックにはばまれます。しかし追いついたキャシアンがクレニックを撃ち、ジンは無事にスイッチをオンにして、デススター設計図をデータ送信できます。

『ローグワン スターウォーズストーリー』ネタバレ結末と最後/ラスト

帝国軍のターキン提督はデス・スターを惑星スカリフ上空に配置し、タワーの近くにスーパーレーザー砲を撃ち込むよう指示します。ジンとキャシアンはタワーを降りて、海と夕陽を眺めながら砂浜で、レーザー砲の爆風にのみこまれるまで、抱きあいます

宇宙空間では、反乱同盟軍の必死の猛攻で帝国軍のスター・デストロイヤーをぶつけあい、シールド発生装置へ落とし、シールドゲート解除に成功します。反乱軍の旗艦ではデススター設計図のデータ受信にも成功するが、ワープ前にダース・ベイダーの艦隊に阻まれ、受信データを媒体で持ち出す必要にせまられます。

艦内にダース・ベイダーが侵入し、反乱軍の乗員をライトセイバーで次々と斬り殺します。データ媒体は手渡しリレーで引き継がれていき、渡した者はすぐ斬られます。間一髪でダース・ベイダーに奪われずにシャトルで持ち出せ、反乱同盟軍のレイア姫へと手渡されてスター・ウォーズ エピソード4へ続きます。

ネタバレ感想『ローグワン スターウォーズストーリー』考察・評価・レビュー

この先はネタバレありの感想です。関連映画はスターウォーズ・シリーズ一覧などで探してみてください。ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー

★★★★★ 66点/100(60が平均)

壮大なSFスペースオペラの、スターウォーズシリーズで初のスピンオフ映画です。今回は主要人物にジェダイの騎士やフォースを使えるものは1人もいないため、普通の人たちが帝国に反乱を企てることが、いかに多くの犠牲者を生むかということがわかります。

反乱軍の中でもローグ・ワンを名乗るメンバーは主に6人で、キャラが特徴的なので覚えやすいです。主人公のジン・アーソのキャラが一番薄いくらいです。ストーリーのメインはシンプルですが、細かい場面や移動やミッションなどが早いペースで切り替えられ、かなりわかりづらいです。

冒頭でジンの母ライラが無駄な抵抗して殺されますが納得感ないです。ジンが成長してソウの元を去った理由は再会時になんとなくわかりますが、ジンが帝国に捕らわれてた理由はわかりません。ジンは最初「見上げなければ、気にならない」と事なかれ主義でしたが、父の思いを知り反乱軍に染まっていきます

惑星ジェダでは最初の戦闘アクションがあり、ローグ・ワンの仲間やソウとの出会いの場面もあり、この映画のミッションが明確になる星でもあります。K-2SOとほぼ同じドロイドを撃ったジンに「私じゃないとわかってました?」と言うK-2SOのギャグセンスは人間並みで笑えます。

盲目のチアルートとベイズは、スターウォーズ正史を含めても最高のコンビだと感じます。ドニー・イェンはほぼ座頭市ですが、フォースを使えないキャラでは最強でしょう。ストーム・トルーパーは弱すぎですが。ソウ・ゲレラはベイズにでも背負ってもらえば、普通に逃げられた気もします。

帝国側では、クレニックの一存で貴重な技術者を殺すなんてあり得ませんが、ダースベイダーも同じことをしそうです。そういう行為が積み重なり、うらみとなってデススター破壊へとつながるんでしょうね。反乱同盟軍は、イードゥーでは仲間の頭上を空爆したり、肝心な時には尻込みしたりと、後手後手ばかりで、指導者不足を感じます。

終盤の犠牲につぐ犠牲は、時代劇の武士道を見てるようです。K-2SOの最後は人間以上に誇り高くて感動的です。チアルートには最後まで無双ぶりを見せてほしかったけど、本当にフォースと共にあるように無傷でスイッチにたどり着くシーンは、スター・ウォーズの歴史に残る名場面です。

それにしてもローブワン部隊が全滅するとは思ってもなかったので、本当にショックです。フォースも持たないし、ジェダイの騎士でもない無名の戦士たちの血によりリレーされたデス・スターの情報はエピソード4で活用されて多くの人命を救います。

アナキン・スカイウォーカーことダース・ベイダーは、もう映画では見られないと思ってたので、最後のサービスシーンにはふるえました。ジェダイの騎士以外ではかなう気がしませんが、チアルートとダース・ベイダーの対決をぜひ見たかったです。

結末を知ってるからこそ許せますが、情報を受け取った時のレイア姫の笑顔と、ただ希望(ホープ/HOPE)と言う場面は、簡単に手に入れたみたいに感じて、少し残念な気がしました。この『ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー』はレイア姫にこそ観てほしいです(笑)。

中盤以降はスターウォーズ・シリーズであることを忘れるくらい本格的な戦争映画になっていきますが、終盤にかけてはダースベイダーやデス・スターの残酷さを思い知らされる場面が続き、スター・ウォーズ史上最も悲しい物語だと感じました。しかし「希望をつなぐ」感動作なのでオススメです!

この映画のおすすめ、8つのポイント

  • スターウォーズのスピンオフ1作目
  • ミッションが明確な戦争映画
  • 登場キャラが特徴的
  • ドニー・イェンの活躍に興奮
  • K-2SOに笑い、泣かされる
  • ダースベイダーの無双ぶり
  • 名も無き戦士たちの最後に涙
  • エピソード4へ希望をつなぐ

少し残念?つっこみどころ、6つのポイント

  • 母ライラの行動が理解不能
  • ソウ・ゲレラの存在感なし
  • 移動が多すぎて理解しづらい
  • 細かい点は2回見る必要がある
  • 前半は少し退屈。テンポ悪い
  • 死にすぎ。フォースないから?

続編や前作は、スターウォーズ・シリーズの順番一覧で確認できますよ。

ローグワン スターウォーズストーリーのシリーズ順番や映画ランキング

新作おすすめ映画のネタバレあらすじや評価もチェック!

最近更新の映画ランキングやネタバレ感想

ゆめぴょん(管理人・執筆・映画好き)
ゆめぴょん@ピクシーン
世界一周で世界遺産595訪問後、映画に再ハマり。家視含め3年で1500本。新作映画は、2017年 181本、2018年 42本
今話題の映画やランキング
最新情報や話題をキャッチ!
  • ツイッター
  • Facebook
  • RSS
  • Feedly
カテゴリ一覧
スターウォーズ・シリーズ一覧 (数値:平均評価。A:日本興収70億円以上、B:30億、C:10億、W:世界$7億以上)
人気の映画ランキング!