映画評価ピクシーン Pick Scene映画評価ランキング/興行収入/ネタバレあらすじ感想

映画『シェイプオブウォーター』評価は?ネタバレ感想考察/半魚人と異種族恋愛?マイノリティの逆襲

映画シェイプオブウォーター

『シェイプオブウォーター』あらすじ概要

1962年、ソビエトとの冷戦時代のアメリカ。声の出せないイライザは同僚ゼルダと共に秘密研究施設の清掃員として働いてる時、南米から運び込まれた謎の生きものと出会い交流を深めていく。しかし軍の将軍やソ連のスパイなどの暗躍で状況が悪化してくると、イライザは重大な決..(ネタバレあらすじ↓)

映画名/邦題 シェイプ・オブ・ウォーター
日本公開日 2018/3/1 [予告↓]上映時間 124分
映倫区分日本 R15+(15歳以上)USA R
製作国アメリカ
原題/英題The Shape of Water
映画監督ギレルモ・デル・トロ
キャスト
出演者
サリー・ホーキンス、マイケル・シャノン、リチャード・ジェンキンス、ダグ・ジョーンズ、マイケル・スタールバーグ
配給/製作(C)20th Century Fox/Bull Productions
日本興行収入7.6億円
世界興行収入1.9億US$(約215億円)
製作費0.19億US$(約21.4億円)
受賞ノミネートアカデミー賞(作品賞/監督賞/作曲賞/他10ノミ)、ゴールデングローブ賞(監督賞/作曲賞/他5ノミ)
平均評価★★★★★76私の評価↓は含まず)

『シェイプ・オブ・ウォーター』予告動画

ネタバレ感想『シェイプオブウォーター』考察や評価レビュー

この先はネタバレありの感想考察です。他の映画はおすすめ映画ジャンル別も参考にしてください。

私の評価 ★★★★★65/100(60が平均)[レビューサイト評価↑]

日本のサブカルチャー好きでオタクとしても知られる、ギレルモ・デル・トロ監督の新作のファンタジー・ラブストーリーです。ヴェネチア国際映画祭で金獅子賞、ゴールデングローブ賞で最多7ノミネート、監督賞と作曲賞で最優秀賞、アカデミー賞も最多13部門ノミネートで注目されてます。

両生類系の半魚人と、声の出せない女性イライザとの異種族間恋愛映画としておすすめできますが、個人的には期待してたよりは少し物足りなさを感じます。ミュージカル風シーンがあって内容的にも『美女と野獣(2017)』に近いけど、本作は「持たざる者の逃避」に思えるためよりネガティブにも感じます。

冒頭とラストの水中シーンは息をのむほど美しいです。配色にもこだわりが感じられ、青を基調として、緑、赤なども思いや状況を表してるようです。音楽もよくマッチしています。ミュージカル映画ではないけど、ステップを踏んだり、ダンスの妄想したりなど、未来は暗いけどせめて明るく踊ろうとしています。

東西冷戦下の先の見えない時代のアメリカを生き抜く人々を、見事に演じている俳優女優陣が素晴らしいです。主人公のサリー・ホーキンスは万人にとっての美人ではないけど、セリフのない難しい演技を力強く、体もはって見せてくれます。同僚のオクタヴィア・スペンサーも『ドリーム』同様に安心できる存在です。

現在のトランプ大統領政権下でも注目されてる「マイノリティ」が大きなテーマです。イライザは声を出せない女性(女性が差別される時代)、ゼルダは夫を養う黒人女性、ジャイルズはリストラされた初老で禿げた独身の売れない画家でゲイ、ホフステトラーは権限の弱い研究者でかつソ連のスパイの下っ端です。

悪役のストリックランドをマイケル・シャノンが本当のモンスター役として演じますが、彼も将軍からの指令や家族を養うプレッシャーに押しつぶされそうな「抑圧された者」です。半魚人を含むマイノリティ達が孤独なのに対し、ストリックランドだけ妻も子どももいて関係も良好そうですが「自由」はない感じです。

これら「欠陥のある者たち」が心のすき間を埋めるために利用しあう構図があります。スパイや研究者として職務に集中できないホフステトラーはイライザらに「純粋」を見つけ、夫と会話のないゼルダや、社会から隔絶されて当時生きづらかったゲイであるジャイルズは声を出せないイライザに話しまくります。

抑圧されたストリックランドはイライザや半魚人を上から目線で見たり虐待し、イライザは「夢」や「愛」の対象として半魚人に接します。そんな彼らの目的が交差していき、ラストの半魚人を逃がすシーンに集約されていきます。個人的にはもう少しロマンチックにするか意味付けを強く見せてほしかった気はします。

ラストシーンで、ストリックランドは首をかっ切られますが、これはイライザの首の傷と同様に「声の出せないマイノリティ」として生きてみろということなのかもしれません。序盤で彼は他人を傷つける手の指を切られて半魚人に治癒してもらえず、ついには攻撃的な「声」も封じられたのです。

ゼルダは会話のなかった夫との関係性を見直す機会を得られた気がしますし、イライザの存在に頼りきりだったジャイルズも彼女の勇気を見て1人立ちする気になるかもしれません。ホフステトラー博士だけは気の毒です。イライザは声を出してミュージカルシーンを演じる妄想をし、トラウマだった首の傷がエラに変化?して短所が長所に逆転しますが、もともと半魚人だった可能性も考えられます。

イライザがディズニー映画のラストのように安易に話せるようには、ならなかったのは好印象です。また、彼女も半魚人も最後まで人がうらやむような外見ではなかった点が『美女と野獣(2017)』等への皮肉にもなっています。映画賞でも注目され、2018年を代表する映画になりそうなので、おすすめです!

他の映画はおすすめ映画ジャンル別も参考にしてください。

『シェイプオブウォーター』含む映画ランキングや映画賞

ゆめぽろ プロフィール画像
サイト管理人ゆめぴょん(映画/旅行好き)
興行収入は毎週更新!2021新作82鑑賞。2020年218本。好み⇒謎/驚き/社会性/感情動かす/多幸感/ストーリーと演出を重視/本格ミステリ/SFファンタジー/ホラー/アニメ/MCU。135国 海外旅行ブログ。応援コメント@pixiinsで待ってます(^^)
新作おすすめ映画の感想ネタバレ考察や評価もチェック!
最近更新の映画ランキングやネタバレ感想
サイト管理人ゆめぴょん(映画/旅行好き)
ゆめぴょん@ピクシーン
興行収入は毎週更新!2021新作82本/2020年218本。好み⇒謎/驚き/社会性/感情動かす/多幸感/ストーリーと演出を重視/ホラー/本格ミステリ/アニメ/MCU
今話題の映画やランキング
ホーム シリーズ映画 興収ランキング
検 索
目 次