ピクシーン 映画ランキング/興行収入/評価まとめ/ネタバレあらすじ感想 pickup scene

ネタバレ『怪盗グルーの月泥棒』あらすじ感想や評価まとめ/三姉妹に悪心盗まれ父性が!ミニオン初登場

怪盗グルーの月泥棒
  • 平均評価 ★★★★★73/100
  • 日本興行収入 12.0億円
  • 世界興行収入 5.4億US$
  • 日本公開 2010.10.29
  • 上映時間 95分 予告

『怪盗グルーの月泥棒』あらすじ(ネタバレなし)

怪盗グルーとミニオンシリーズ第1弾。怪盗グルーは世界一の大悪党を目指すため、月を盗むことを計画。しかし縮小ビーム銃を怪盗ベクターに盗まれ、孤児院の三姉妹や謎の黄色い生物ミニオンも巻き込んで取り返そうとするのだが...(ネタバレあらすじ↓)

怪盗グルーの月泥棒の予告動画

映画『怪盗グルーの月泥棒』評価まとめや作品情報

興行成績、公開日、上映時間などは↑に掲載してます。
原題/英題
Despicable Me
製作国
アメリカ(2010.7.9公開)
映倫区分
日本: G、USA: PG
映画監督
ピエール・コフィン、クリス・ルノー
キャスト/出演者
スティーブ・カレル、ジェイソン・シーゲル、ラッセル・ブランド、ジュリー・アンドリュース、ウィル・アーネット
製作費
約US$ 69,000,000(約76億円)
配給/製作
(C)東宝東和、Universal(USA)、Illumination Entertainment
レビューサイト平均評価 ★★★★★73/100換算

この先はネタバレのあらすじや感想なので注意です。関連映画はミニオンズやイルミネーション映画一覧などでさがしてみてくださいね。

ネタバレあらすじや感想『怪盗グルーの月泥棒』考察・評価・レビュー

★★★★★ 65点/100(60が平均)

『怪盗グルーの月泥棒』ネタバレ感想の総評

イルミネーション・エンターテインメントの1作目で、今では世界的に大人気の「ミニオン」のデビュー作でもあります。日本語タイトルにもミニオンがついてないように、物語上の主人公は怪盗グルーですが、子どもや女性客を中心に、ミニオンの悪ふざけを観るのが目的の人の方が多い気がします。

ストーリーは、小者の怪盗グルーが世界的な大悪党として注目されるよう月泥棒するのを、怪盗ベクターが横取りしようとする物語がメインです。しかしグルーが計画のために里親として引き取った三姉妹や、怪盗軍団ミニオンがからんでくるのが、本筋は不要だと思えるくらいに楽しくなってきます。

そして他人の気持ちをあまり感じ取れなかったグルーが、三姉妹によって急速に成長していく様子が、ありきたりですが気持ち良い話に仕上がっています。だから、怪盗ベクターに勝てた理由をこの成長のおかげだとすれば、もっと納得感も増すはずなのに、そうしなかったのは少し残念です。あと吹替版の笑福亭鶴瓶の関西弁が素人ぽいのが気になります。

ディズニーやジブリのように洗練されたストーリーではないけど、ミニオンと三姉妹とグルーのキャラ重視映画と考えれば、それなりに楽しめるし、より低年齢な子どもたちに見せても笑ってもらえそうなので、親子や孫と観るには最適な作品だと思います。

『怪盗グルーの月泥棒』おすすめ6ポイント

  • ミニオン登場のコメディアクション
  • 三姉妹とグルーの出会い物語
  • ミニオンズがかわいい
  • 三姉妹の特にアグネスがかわいい
  • グルーの人間としての成長物語
  • 子どもや家族と一緒に楽しめる

『怪盗グルーの月泥棒』少し残念6ポイント

  • ストーリーは子ども向け
  • 笑福亭鶴瓶の関西弁吹替えが残念
  • グルーもネファリオも元は冷たい
  • ミニオンの正体が気になりすぎる
  • リアル要素は、ほぼない
  • 三姉妹を受けとめる方法が雑

『怪盗グルーの月泥棒』ネタバレあらすじと感想

ミニオンはバナナと似ている黄色い謎の生物で怪盗軍団でもあります。バナナが大好物で、ミニオンの1匹が抜けがけして食べようとすると、周りのミニオンズも全力で奪いに行きます。今日もそんな微笑ましいバナナ争奪戦がはじまりますが、ゴミ穴に落ちるとみんなあきらめます。リンゴも好きみたいです。

エジプトでギザのピラミッドが盗まれて、風船に変わってた事件が発生後、世界の重要な建造物は厳重警戒されます。盗んだのは怪盗ベクターで、「世紀の悪党」として一躍有名となります。そのことをネファリオ博士から聞かされた怪盗グルー(声:スティーヴ・カレル)は、怪盗軍団ミニオンと共に月を盗んで「史上最高の悪党」になると宣言します。

グルーは郊外の家に、ミニオンズと一緒に暮らしています。普段は小さないたずらを重ねています。ある日、三姉妹がクッキーの売込みに来ますが、音声案内のふりして追い返します。三姉妹は養護施設に戻り、クッキーの売り上げが悪いため、見た目は優しそうだけど実は冷たいハッティーさんに叱られます。

怪盗グルーは銀行のトイレで網膜認証をクリアして、悪党銀行へ入ります。そこで怪盗ベクターに発明品ピラニアガンを見せられます。グルーは月を盗むことをアピールして融資を頼みますが「縮ませ光線銃」がないとお金は貸さないと言われ、むしゃくしゃしたので怪盗ベクターの頭を凍らせて銀行を出ます。

日本っぽい東アジアの研究機関で「縮ませ光線銃(縮小ビーム銃)」をミニオンと共に盗んだ怪盗グルーは、すぐに怪盗ベクターに盗まれてしまいます。それを追うグルーは、飛行船を縮小ビームで小さくされて逃げられます。その後、ベクター屋敷への侵入を試みますが、全てセキュリティ装置で阻止されます。

一方、女児用の養護施設では、三姉妹が「早く優しい里親が見つかりますように」と言って眠りにつきます。三姉妹はクッキーを売るために、怪盗ベクターの屋敷を訪れ、簡単に中へ入っていく姿を、グルーが見てて名案を思いつきます。グルーはさっそく施設でハッティーさんと交渉して、三姉妹を養子にします。

グルーは歯医者で、妻に先立たれてさみしくて、子どもがいないと心はいやせないとウソつきます。履歴書はミニオンが適当に書き加えます。ケビンがナイト称号を授与される話は『ミニオンズ』で描かれます。最初にグルーを見た長女マーゴと次女イディスはがっかりし、三女アグネスはなついて足に抱きつきます。

グルーの家へ連れてこられた三姉妹は、夢みてた家と違ってがっかりします。アグネスは「ハゲのおじさんだから、アニーになれると思ったのに」と言います。グルーは家の中で何もさわらないこと、仕事の邪魔しないこと、さわいだりイライラさせることは全て禁止します。

怪盗グルーが小者ながら、子どもに悪ふざけまでする悪党なので、最初はイヤなキャラです。謎の生物ミニオンは正体が気になりすぎて、それが少し雑音になります。でもグルーだけでは、場面がもたないので、ミニオンのかわいさは必要不可欠です。そして三姉妹が来てから一気に良い物語に舵取りされるのが見事です。

グルーはネファリオ博士にクッキーロボットを発明してもらいます。三姉妹は仕事場へ降りてきていたずらし、アグネスの大切なユニコーン人形が灰となります。グルーはミニオンに、新しいユニコーン人形を手に入れるよう指示し、おもちゃ屋へ行かせます。そこでミニオン3匹は大騒ぎします。

家でも、バナナから作った「いとこ」と紹介したミニオンズと三姉妹が大はしゃぎするので、グルーは叱りつけて爆弾で作ったベッドで寝るよう指示します。その後、おもちゃ屋から変な人形を取ってきたミニオンが、アグネスに渡して、ありがとうとキスされ、ほっこりします。

翌朝、グルーはさっそくベクターの屋敷へ、三姉妹にクッキーを売りに行かせようとしますが、三姉妹はバレエのレッスンで白鳥の湖の発表会の練習へ行くと言って聞きません。仕方なくグルーも同伴します。そしてアグネスと、発表会には必ず行くと指切りげんまんをさせられます

レッスン後、三姉妹はグルーの指示で怪盗ベクターの秘密基地にクッキーを売りに入ります。アグネスはベクターに「なんでパジャマ着てるの?」と聞きます。グルーは外からクッキーロボットを起動して、セキュリティ装置を解除し、外からの出入口を切り開けて、ミニオン2匹と侵入に成功します。

無事に縮ませ光線銃を手に入れますが、クッキーロボットは外から出入口を閉めてしまい、グルーとミニオンは内部から脱出することになります。観賞用に飼われてるサメに食われそうになりながら、なんとか脱出します。急いで家へ帰る途中、三姉妹に遊園地をねだられ、グルーは置いて帰るつもりで行くことにします。

しかしジェットコースターは保護者同伴でないと乗れないため、グルーも一緒に乗りますが、大はしゃぎの三姉妹と違い、グルーははきそうになります。ピンポン銃での射的で三姉妹がUFOに当てたのに景品をもらえず、グルーは大人気なくも本物の光線銃で店ごと貫通させて、景品のユニコーン人形をもらって帰ります。

わた菓子も買って、顔にもペインティングして、グルーも最初に比べると三姉妹と遊ぶのが楽しくなってきます。しかし家へ戻るとネファリオ博士に、あと12日で月が最適の位置に来るのに、子どもと遊んでるひまはないと叱られます。グルーはパーキンスにTV電話で、融資をお願いしますが、三姉妹の妨害で信用を失い断られます。

グルーはミニオンズを集めて、月泥棒の計画は資金不足で中止となったので、各自で別の仕事して暮らそうと提案します。そこへアグネスがブタ貯金箱を持ってきて「それ使って」と言うと、ミニオンズもなけなしのお金を出し、それでグルーも月へのロケット開発を実行にうつすことにします。

グルーはベクター基地から光線銃だけ奪えば、三姉妹は用済みにするつもりだったのに、だんだんとかわいく思えてきて父性本能に目覚めてくる展開が好みです。ターニングポイントは、UFOの射的でユニコーン人形を手に入れたシーンだと思います。アグネスが渡すブタ貯金箱のシーンも好きです。

一方、悪党銀行の経営者パーキンスは、怪盗ベクター(本名ビクター)の父親だと判明し、グルーが縮ませ光線銃を盗む情報も流してたことがわかります。縮ませ光線銃がグルーに盗まれたことを知ったベクターは、グルーから取り返して、必ず自分が月泥棒を成功させるとパーキンス氏に約束します。

グルーは三姉妹が寝る前に絵本を読んでくれないと一晩中騒ぐとおどされて、しぶしぶ「おねむな子猫」を読んであげます。指人形で猫を演じるタイプの絵本です。寝かしつけた後、グルーはネファリオ博士に月泥棒の日を(バレエ発表会日から)変更できないか尋ねると、博士は気がそがれるなら三姉妹を追い出すと宣言します。

そして養護施設からハッティーさんが来て、アグネスが泣き叫ぶ中、施設へ三姉妹は引き取られます。グルーは開発した宇宙船ロケットに乗りこみ、月へ向けて出発します。ミニオンがポケットにバレエ発表会のチケットをしのばせます。ロケットに怪盗ベクターがくっついてきますが、グルーの武器で落とします。

『怪盗グルーの月泥棒』ネタバレ結末/ラストシーン

グルーは月に到着すると、縮ませ光線銃で月を小さくして宇宙ロケットへ持ち帰ります。バレエ発表会にはまだ間に合うので急ぎます。月がなくなった時、サーフィンしてた人は月の引力でできてた大波がなくなり落下します。満月で変身してた狼男も裸の人間に戻ります。

アグネスはバレエ発表会にグルーが来ないので、出番を少し待ってもらいます。しかし白鳥の湖のバレエ発表会は無事に終わり、グルーは間に合いませんでした。会場には怪盗ベクターからの書き置きで「三姉妹はあずかった」とあったので、グルーはベクターの秘密基地に行って、素直に月を渡します。

しかしベクターは三姉妹を返してくれず、グルーにミサイルを撃ちこみます。グルーはそれを華麗によけて、ベクターの基地を爆発させて侵入し、堀からのホオジロザメの攻撃も片手でしりぞけます。あわてたベクターは基地上部を飛行船として飛び立ち、グルーもしがみつきますが、限界がきて落下します。

そこへネファリオ博士とミニオンズが飛行船でやって来て、グルーを拾ってくれます。そして博士は、縮ませ光線銃の効果は一時的で、対象が大きいほど元に戻るのが早いと言います。飛行船内で大きくなる月が、ベクターを気絶させます。グルーと博士は飛行船にワイヤーをつなぎ、三姉妹を助けようとします。

グルーは三姉妹に「こっちへ飛び移れ。俺が捕まえたるから」と言い、イディアスとアグネスをキャッチし、「マーゴ、受けとめたるから。二度とおまえらを離したりせぇへんから」と言います。マーゴは飛び出す前にベクターに捕まりそうになり落下して、ワイヤーにぶら下がります。

グルーは綱渡りで助けに行きますが、ベクターの飛行船が離れたためワイヤーごと、グルーもマーゴも落下します。そこで、ミニオンズが手をつなぎあってキャッチしてくれます。ベクターの飛行船は、大きくなる月による誤動作で上昇をつづけ、月はもとに戻ります。ベクターは泡の宇宙服で「ムカつく」と言います。

マーゴをキャッチするシーンは本当にハラハラしますが、父性に目覚めたグルーなら、もっと安全な方法を考えてほしいです。マーゴを落としたベクターもひどすぎると思いましたが。ミニオンが手をつないで1本になるのはピクサーの『インサイド・ヘッド』の理想彼氏を思い出します。

TVニュースでは、月は元に戻ったが、誰がヒーローなのかは不明と伝えます。グルーは三姉妹にねだられ、寝る前に自分の書いた「1匹の大きなユニコーン」という絵本を読みます。それは、強くて自由で孤独なユニコーンことグルーのもとに、三匹の小さな子猫こと三姉妹がやってきて幸せに暮らす物語です。

三姉妹は眠りにつき、グルーはアグネス、イディスにキスし、マーゴは抱きついてきます。部屋を出るとミニオンズが勢ぞろいして、キスをおねだりしてきたので、仕方なくグルーは1匹づつキスしてやります。

グルー、その母、ネファリオ博士、ミニオンズは、三姉妹のバレエ発表会を鑑賞することにします。しかしミニオンは途中からアップテンポの曲に変えてしまい、グルーらも巻き込んでのダンスがはじまります。そしてグルーと三姉妹は月を眺めます。月ではグルーの発明品で宇宙まで飛んだミニオン1匹と、ベクターが踊ります。

ストーリーはシンプルですが、ミニオンや三姉妹のコメディ、三姉妹によるグルーの成長物語、グルーとベクターのスパイ強奪もの、などいろんな要素を楽しめる映画なので、ぜひ1度は観ることをおすすめします!

怪盗グルーの月泥棒のシリーズやランキングや映画賞

新作おすすめ映画のネタバレあらすじや評価もチェック!

最近更新の映画ランキングやネタバレ感想

今話題の映画やランキング