映画ピクシーンPick Scene映画評価ランキング/興行収入/ネタバレあらすじ感想
新年のギフトを アマゾンでお得に⇒

ネタバレ感想『カンフージャングル』あらすじや予告動画や映画情報

カンフー・ジャングル

『カンフージャングル』あらすじ(ネタバレなし)

ハーハウ・モウは、警察の武術教官だったが、私的試合で殺人をおかして服役中だった。そんなある日、武術の達人が、彼らの得意技で殺される事件が発生した。ハーハウは次の犠牲者をあててみせ、ロク警部への捜査協力とひきかえに、仮釈放となる。しかしハーハウの協力があっても、達人の殺害はとめられず、標的はハーハウやその女弟子シンの方へ向いてきた。やがて犯人とハーハウの関係も明らかになり...(ネタバレあらすじ↓)

カンフー・ジャングルの予告動画

映画『カンフージャングル』評価まとめや作品情報

興行成績、公開日、上映時間などは↑に掲載してます。
原題/英題
Kung Fu Jungle
映倫区分
日本: PG12
製作費
約US$ 25,000,000(約28億円)
配給/製作
(C)ギャガ・プラス、英皇電影、北京銀夢影視藝術有限公司、太陽娛樂文化、心靈製作有限公司
参考
 Wikipedia⇒
映画監督
テディ・チャン
キャスト/出演者
ドニー・イェン、ワン・バオチャン、チャーリー・ヤン、ミシェル・バイ、アレックス・フォン
レビューサイト平均評価 ★★★★★71/100換算

ネタバレあらすじや感想『カンフージャングル』考察・評価・レビュー

この先はネタバレありのあらすじや感想・考察です。カンフー・ジャングル

★★★★★ 68点/100(60が平均)

『カンフー・ジャングル』は、香港・中国合作のカンフーアクション映画です。拳、足技、武器など、いろんな種類のカンフーの達人が出てきて、1対1の勝負をしていきます。戦闘シーンも多く、しかも濃厚なので、カンフー好きにはたまらない映画です。

また、犯人を追って香港中をあちこち移動するのですが、よく行く人にはおなじみの地名も次々に出るので、地図で確認しながら見るのも面白いかもしれません。

この映画のおすすめ、4つのポイント

  • 正統派カンフーの多種の戦闘を存分に楽しめる
  • アクションシーンにスピード感がある
  • ストーリーがわかりやすいし、少しひねりもある
  • エンドロールでの関係者カットが見もの

少し残念?つっこみどころ、3つのポイント

  • 犯人の動機が納得しづらい
  • ロク刑事や警察サイドが無能すぎる
  • 最後はカンフーでなく、銃殺ってのが残念

最近でもカンフー映画は作られていますが、ストーリーを重視する傾向にあるため、格闘シーンが少なかったり、スピード感がなかったりするのですが、この映画はジャッキーチェンを思い出すくらい、カンフーシーンが多くて好きです。

しかも1対1で戦うだけでなく、それぞれの得意技を使って、一進一退の攻防を繰り広げるのが爽快です。特に擒拿(きんな。指でつかむ技)や武器での格闘シーンは、見る機会も少ないので新鮮で興奮しました。犯人が野生的なのも良いです。

警察の存在は不要にも思えたので、ハーハウが自力で脱獄して、犯人を追いかけても面白いかもと思いました。特にラストでは、絶対殺すな!と命令してた張本人が銃殺したのが本当に残念でした。もしハーハウが殺してたら教官に戻れなかったでしょうけど。

カンフーに限らず、格闘系の映画は、このくらいシンプルなストーリーで、戦闘シーンを多く濃厚にした方が、楽しめるってことを思い出させてくれました。カンフーやアクション好きには、おすすめできる映画です!

新作おすすめ映画のネタバレあらすじや評価もチェック!

最近更新の映画ランキングやネタバレ感想

ゆめぴょん(管理人/執筆/映画好き)
ゆめぴょん@ピクシーン
世界一周135国/世界遺産595訪問後、映画にハマり、家見含め3年半で1800本。新作は2017年193本、2018年128本
今話題の映画やランキング