ピクシーン
映画ランキング/興行収入/ネタバレあらすじ感想や評価一覧
更新を購読できます

第31回日本アカデミー賞2008優秀賞と最優秀賞の全29作品まとめ(2007年映画)

第31回日本アカデミー賞2008優秀賞と最優秀賞の全29作品まとめ(2007年映画)

第31回日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞の全作品(2007年公開映画)の、部門別一覧まとめです。2007年12月に優秀賞と新人俳優賞が発表され、最優秀賞の授賞式は2008年2月15日でした。

最多の最優秀賞は『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』の計5部門(優秀賞は14部門)です。次に最多の優秀賞は『ALWAYS 続・三丁目の夕日』の12部門で13賞です。

2017年発表作品は第40回日本アカデミー賞第89回米国アカデミー賞を、2016年発表は第39回日本アカデミー賞第88回米国アカデミー賞、それ以前のは歴代アカデミー賞をご覧ください。

今回の対象は、2006年12月2日から2007年11月末日の間に公開された映画です。

第31回日本アカデミー賞 優秀賞と最優秀賞(主要部門)

作品賞の優秀賞と最優秀賞

  • 【最優秀賞】東京タワー オカンとボクと、時々、オトン
  • ALWAYS 続・三丁目の夕日
  • キサラギ
  • それでもボクはやってない
  • 眉山 びざん

アニメーション作品賞の優秀賞と最優秀賞

  • 【最優秀賞】鉄コン筋クリート
  • ヱヴァンゲリヲン 新劇場版 序
  • 河童のクゥと夏休み
  • ピアノの森
  • 名探偵コナン 紺碧の棺

監督賞の優秀賞と最優秀賞(監督)

  • 【最優秀賞】東京タワー オカンとボクと、時々、オトン(松岡錠司)
  • 眉山 びざん(犬童一心)
  • キサラギ(佐藤祐市)
  • それでもボクはやってない(周防正行)
  • ALWAYS 続・三丁目の夕日(山崎貴)

脚本賞の優秀賞と最優秀賞(脚本家)

  • 【最優秀賞】東京タワー オカンとボクと、時々、オトン(松尾スズキ)
  • 舞妓 Haaaan!!!(宮藤官九郎)
  • それでもボクはやってない(周防正行)
  • ALWAYS 続・三丁目の夕日(山崎貴、古沢良太)

主演男優賞の優秀賞と最優秀賞(俳優)

  • 【最優秀賞】ALWAYS 続・三丁目の夕日(吉岡秀隆)
  • 舞妓 Haaaan!!!(阿部サダオ)
  • 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン(オダギリ・ジョー)
  • それでもボクはやってない(加瀬亮)
  • 象の背中(役所広司)

ALWAYS 続・三丁目の夕日

平均評価
★★★★★77/100
日本興行収入
45.6億円
日本公開
2007.11.3
上映時間
146分
ALWAYS 続・三丁目の夕日
映画監督
山崎貴
主な出演者
吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、もたいまさこ
映倫区分
日本:設定なし
(C)東宝、ROBOT

『ALWAYS 続・三丁目の夕日』あらすじ(ネタバレなし)や概要

昭和30年代の東京下町に暮らす人々の姿を描き、日本中に感動を巻き起こした「ALWAYS 三丁目の夕日」の続編。監督の山崎貴をはじめ、吉岡秀隆、堤真一、小雪ら前作のスタッフ・キャストが再結集。昭和34年春。貧乏作家の茶川は、姿を消したヒロミを想い続けながら淳之介と暮らしていた。そんなある日、淳之介の実父である川渕が、息子を連れ戻しに来る。人並みの生活を条件に淳之介を預かった茶川は、再び純文学の執筆を始め……。[引用元]

レビューサイト平均評価 ★★★★★ 77/100換算

掲載2007映画興行収入ランキング!日本おすすめベスト20

主演女優賞の優秀賞と最優秀賞(女優)

  • 【最優秀賞】東京タワー オカンとボクと、時々、オトン(樹木希林)
  • 愛の流刑地(寺島しのぶ)
  • 自虐の詩(中谷美紀)
  • 大奥(仲間由紀恵)
  • オリヲン座からの招待状(宮沢りえ)

助演男優賞の優秀賞と最優秀賞(俳優)

  • 【最優秀賞】東京タワー オカンとボクと、時々、オトン(小林薫)
  • やじきた道中 てれすこ(柄本明)
  • キサラギ(香川照之)
  • ALWAYS 続・三丁目の夕日(堤真一)
  • 舞妓 Haaaan!!!(堤真一)

助演女優賞の優秀賞と最優秀賞(女優)

外国作品賞の優秀賞と最優秀賞

硫黄島からの手紙

平均評価
★★★★★78/100
世界興行収入
68百万US$
日本興行収入
51.0億円
日本公開
2006.12.9
上映時間
141分
硫黄島からの手紙
原題/英題
Letters from Iwo Jima
製作国
アメリカ(2006.12.20公開)
映画監督
クリント・イーストウッド
主な出演者
渡辺謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬亮、中村獅童
製作費
約US$ 19,000,000(約21億円)
映倫区分
日本:R、USA:R
(C)Warner Bros. Pictures

『硫黄島からの手紙』あらすじ(ネタバレなし)や概要

クリント・イーストウッド監督が、太平洋戦争最大の激戦だったといわれる硫黄島の戦いを日米双方の視点から描く映画史上初の2部作。アメリカ側から硫黄島を描いた「父親たちの星条旗」と対をなす本作は、硫黄島の戦いに参加した一人の若き日本軍兵士の目を通して、約2万2千人の日本軍を率いたアメリカ帰りの名将・栗林忠道中将らの戦いを描く。主演の栗林中将に渡辺謙、その他二宮和也、伊原剛志、加瀬亮、中村獅童がそれぞれ日本軍兵士として出演。[引用元]

レビューサイト平均評価 ★★★★★ 78/100換算

掲載2006映画興行収入ランキング!日本おすすめベスト20

第31回日本アカデミー賞 優秀賞と最優秀賞(音楽映像技術部門)

音楽賞の優秀賞と最優秀賞(作曲・作詞家)

  • 【最優秀賞】眉山 びざん(大島ミチル)
  • 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン(上田禎)
  • ALWAYS 続・三丁目の夕日(佐藤直紀)
  • さくらん(椎名林檎)
  • それでもボクはやってない(周防義和)

撮影賞の優秀賞と最優秀賞(撮影監督等)

  • 【最優秀賞】眉山 びざん(蔦井孝洋)
  • 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン(笠松則通)
  • それでもボクはやってない(栢野直樹)
  • 憑神(木村大作)
  • ALWAYS 続・三丁目の夕日(柴崎幸三)

照明賞の優秀賞と最優秀賞(照明技師等)

  • 【最優秀賞】眉山 びざん(疋田ヨシタケ)
  • 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン(水野研一)
  • それでもボクはやってない(長田達也)
  • 憑神(杉本崇)
  • ALWAYS 続・三丁目の夕日(水野研一)

美術賞の優秀賞と最優秀賞(美術監督等)

  • 【最優秀賞】それでもボクはやってない(部谷京子)
  • さくらん(岩城南海子)
  • ALWAYS 続・三丁目の夕日(上條安里)
  • 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン(原田満生)
  • 大奥(吉田孝)

録音賞の優秀賞と最優秀賞(録音技師等)

  • 【最優秀賞】ALWAYS 続・三丁目の夕日(鶴巻仁)
  • それでもボクはやってない(阿部茂、郡弘道、米山靖)
  • 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン(柿澤潔)
  • 眉山 びざん(志満順一)
  • 憑神(松陰信彦)

編集賞の優秀賞と最優秀賞(編集技師等)

  • 【最優秀賞】それでもボクはやってない(菊池純一)
  • 眉山 びざん(上野聡一)
  • 舞妓 Haaaan!!!(平澤政吾)
  • 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン(普嶋信一)
  • ALWAYS 続・三丁目の夕日(宮島竜治)

第31回日本アカデミー賞 優秀賞と最優秀賞(その他部門)

新人俳優賞(俳優・女優)

  • ゲゲゲの鬼太郎(ウエンツ瑛士)
  • バッテリー(林遣都)
  • 恋空(三浦春馬)
  • 恋空(新垣結衣)
  • 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン(内田也哉子)
  • 天然コケッコー(夏帆)
  • 幸福な食卓(北乃きい)

会長特別賞

  • 植木等 (俳優)
  • 熊井啓 (監督)

協会特別賞

  • 柴崎憲治 (音響効果)

話題賞

  • 作品部門: キサラギ
  • 俳優部門: 恋空(新垣結衣)

以上が、2008年2月の授賞式で発表された、第31回日本アカデミー賞(2007年公開映画)の部門別一覧です。

2017年発表作品は第40回日本アカデミー賞第89回米国アカデミー賞を、2016年発表は第39回日本アカデミー賞第88回米国アカデミー賞、それ以前のは下をご覧ください。

参考にしたページ

日本アカデミー賞公式サイト

新作映画のあらすじ評価・ネタバレ感想もチェック!

エイリアン コヴェナントネタバレあらすじ評価と感想

エイリアン コヴェナント上映中感想あり

2017.9.18更新 ★★★★★

新感染 ファイナル・エクスプレスネタバレあらすじ評価と感想

新感染 ファイナル・エクスプレス上映中感想あり

2017.9.7更新 ★★★★★

ワンダーウーマンネタバレあらすじ評価と感想

ワンダーウーマン上映中感想あり

2017.9.21更新 ★★★★★

スパイダーマン ホームカミングネタバレあらすじ評価と感想

スパイダーマン ホームカミング上映中感想あり

2017.9.20更新 ★★★★★

ザ・マミー 呪われた砂漠の王女ネタバレあらすじ評価と感想

ザ・マミー 呪われた砂漠の王女上映中感想あり

2017.9.5更新 ★★★★★

パワーレンジャーネタバレあらすじ評価と感想

パワーレンジャー今年!感想あり

2017.9.7更新 ★★★★★

ライフ(2017)ネタバレあらすじ評価と感想

ライフ(2017)今年!感想あり

2017.7.8更新 ★★★★★

ジョン・ウィック チャプター2ネタバレあらすじ評価と感想

ジョン・ウィック チャプター2今年!感想あり

2017.7.7更新 ★★★★★

ハクソー・リッジネタバレあらすじ評価と感想

ハクソー・リッジ今年!感想あり

2017.8.4更新 ★★★★★

LOGAN ローガンネタバレあらすじ評価と感想

LOGAN ローガン今年!感想あり

2017.7.11更新 ★★★★★

メッセージネタバレあらすじ評価と感想

メッセージ今年!感想あり

2017.7.14更新 ★★★★★

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックスネタバレあらすじ評価と感想

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス今年!感想あり

2017.9.13更新 ★★★★★

ワイルド・スピード ICE BREAKネタバレあらすじ評価と感想

ワイルド・スピード ICE BREAK今年!感想あり

2017.8.14更新 ★★★★★

美女と野獣(2017)ネタバレあらすじ評価と感想

美女と野獣(2017)今年!感想あり

2017.9.21更新 ★★★★★

グレートウォールネタバレあらすじ評価と感想

グレートウォール今年!感想あり

2017.9.10更新 ★★★★★

ゴースト・イン・ザ・シェルネタバレあらすじ評価と感想

ゴースト・イン・ザ・シェル今年!感想あり

2017.8.22更新 ★★★★★

キングコング 髑髏島の巨神ネタバレあらすじ評価と感想

キングコング 髑髏島の巨神今年!感想あり

2017.9.19更新 ★★★★★

パッセンジャーネタバレあらすじ評価と感想

パッセンジャー今年!感想あり

2017.8.2更新 ★★★★★

SING シングネタバレあらすじ評価と感想

SING シング今年!感想あり

2017.8.25更新 ★★★★★

モアナと伝説の海ネタバレあらすじ評価と感想

モアナと伝説の海今年!感想あり

2017.8.14更新 ★★★★★

アサシン クリードネタバレあらすじ評価と感想

アサシン クリード今年!感想あり

2017.5.11更新 ★★★★★

この世界の片隅にネタバレあらすじ評価と感想

この世界の片隅に昨年!感想あり

2017.9.16更新 ★★★★★

映画 聲の形ネタバレあらすじ評価と感想

映画 聲の形昨年!感想あり

2017.6.20更新 ★★★★★

君の名は。ネタバレあらすじ評価と感想

君の名は。昨年!感想あり

2017.8.8更新 ★★★★★

シン・ゴジラネタバレあらすじ評価と感想

シン・ゴジラ昨年!感想あり

2017.4.3更新 ★★★★★

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーネタバレあらすじ評価と感想

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー感想あり

2017.5.31更新 ★★★★★

マーベル・シネマティック・ユニバース興行収入ランキングや評価一覧・見る順番・ストーンまとめ

マーベル・シネマティック・ユニバース興行収入ランキングや評価一覧・見る順番・ストーンまとめ

2017.8.29更新

ミニオンズシリーズやイルミネーション映画興行収入ランキングと評価一覧

ミニオンズシリーズやイルミネーション映画興行収入ランキングと評価一覧

2017.9.20更新

トランスフォーマーシリーズ実写映画興行収入ランキングと評価一覧

トランスフォーマーシリーズ実写映画興行収入ランキングと評価一覧

2017.8.9更新

DCエクステンデッド・ユニバース映画興行収入ランキングと評価一覧(他DCコミックス含む)

DCエクステンデッド・ユニバース映画興行収入ランキングと評価一覧(他DCコミックス含む)

2017.9.19更新

最近更新の映画ランキングやネタバレ感想

歴代アカデミー賞ノミネートと受賞作

歴代 日本アカデミー賞の優秀と最優秀賞

マーベル映画やピクシーンのおすすめ映画ランキング