ピクシーン
映画ランキング/興行収入/評価一覧/ネタバレあらすじ感想
更新を購読できます

2013年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2014発表/第37回/全33作品)

2013年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2014発表/第37回/全33作品)

第37回日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞の全33作品(2013年公開映画)の部門別一覧まとめです。2014年1月に優秀賞と新人俳優賞が発表され、最優秀賞の授賞式は2014年3月7日でした。

最多の最優秀賞は『舟を編む』の計6部門(優秀賞は13部門)です。次に最多の優秀賞は『そして父になる』『東京家族』の計12部門です。真木よう子が主演女優賞、助演女優賞の最優秀賞をダブル受賞し、35年前の大竹しのぶ以来の記録となりました。

第37回日本アカデミー賞の対象は、2012年12月16日から2013年12月14日の間に、東京地区の商業映画劇場で1日3回以上、2週間以上、有料上映された、40分以上の映画です。

映画名クリックでページ下の詳細(興行収入や評価一覧やあらすじ)へ移動できます。

2017年映画賞は第89回米国アカデミー賞第40回日本アカデミー賞を、2016年映画賞は第88回米国アカデミー賞第39回日本アカデミー賞、それ以前のは歴代アカデミー賞をご覧ください。

2013年映画の日本アカデミー賞 優秀賞と最優秀賞(主要部門)

第37回日本アカデミー賞の最優秀賞一覧まとめ

  • 作品賞舟を編む
  • アニメーション作品賞風立ちぬ
  • 監督賞舟を編む(石井裕也)
  • 脚本賞舟を編む(渡辺謙作)
  • 主演男優賞舟を編む(松田龍平)
  • 主演女優賞さよなら渓谷(真木よう子)
  • 助演男優賞そして父になる(リリー・フランキー)
  • 助演女優賞そして父になる(真木よう子)
  • 外国作品賞レ・ミゼラブル

作品賞の優秀賞と最優秀賞

アニメーション作品賞の優秀賞と最優秀賞

監督賞の優秀賞と最優秀賞(監督)

  • 最優秀賞舟を編む(石井裕也)
  • そして父になる(是枝裕和)
  • 凶悪(白石和彌)
  • 清州会議(三谷幸喜)
  • 東京家族(山田洋次)

脚本賞の優秀賞と最優秀賞(脚本家)

  • 最優秀賞舟を編む(渡辺謙作)
  • そして父になる(是枝裕和)
  • 凶悪(高橋泉、白石和彌)
  • 清州会議(三谷幸喜)
  • 東京家族(山田洋次、平松恵美子)

主演男優賞の優秀賞と最優秀賞(俳優)

  • 最優秀賞舟を編む(松田龍平)
  • 利休にたずねよ(市川海老蔵)
  • 東京家族(橋爪功)
  • そして父になる(福山雅治)
  • 許されざる者(渡辺謙)

主演女優賞の優秀賞と最優秀賞(女優)

  • 最優秀賞さよなら渓谷(真木よう子)
  • 武士の献立(上戸彩)
  • そして父になる(尾野真千子)
  • 舟を編む(宮崎あおい)
  • 東京家族(吉行和子)

助演男優賞の優秀賞と最優秀賞(俳優)

  • 最優秀賞そして父になる(リリー・フランキー)
  • 舟を編む(オダギリ・ジョー)
  • 東京家族(妻夫木聡)
  • 凶悪(ピエール瀧)
  • 探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点(松田龍平)
  • 凶悪(リリー・フランキー)

助演女優賞の優秀賞と最優秀賞(女優)

  • 最優秀賞そして父になる(真木よう子)
  • 東京家族(蒼井優)
  • 探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点(尾野真千子)
  • 利休にたずねよ(中谷美紀)
  • 武士の献立(余貴美子)

2013年映画の日本アカデミー賞 優秀賞と最優秀賞(音楽映像技術部門)

音楽賞の優秀賞と最優秀賞(作曲・作詞家)

撮影賞の優秀賞と最優秀賞(撮影監督等)

  • 最優秀賞許されざる者(笠松則通)
  • そして父になる(瀧本幹也)
  • 東京家族(近森眞史)
  • 利休にたずねよ(浜田毅)
  • 舟を編む(藤澤順一)

照明賞の優秀賞と最優秀賞(照明技師等)

  • 最優秀賞許されざる者(渡邊孝一)
  • そして父になる(藤井稔恭)
  • 東京家族(渡邊孝一)
  • 利休にたずねよ(安藤清人)
  • 舟を編む(長田達也)

美術賞の優秀賞と最優秀賞(美術監督等)

  • 最優秀賞利休にたずねよ(吉田孝)
  • 清州会議(種田陽平、黒瀧きみえ)
  • 少年H(中澤克己)
  • 舟を編む(原田満生)
  • 許されざる者(原田満生、杉本亮)

録音賞の優秀賞と最優秀賞(録音技師等)

  • 最優秀賞舟を編む(加藤大和)
  • 東京家族(岸田和美)
  • 清州会議(瀬川徹夫)
  • そして父になる(弦巻裕)
  • 利休にたずねよ(松陰信彦)

編集賞の優秀賞と最優秀賞(編集技師等)

  • 最優秀賞舟を編む(普嶋信一)
  • 東京家族(石井巌)
  • 清州会議(上野聡一)
  • そして父になる(是枝裕和)
  • 利休にたずねよ(藤田和延)

2013年映画の日本アカデミー賞 優秀賞と最優秀賞(その他部門)

外国作品賞の優秀賞と最優秀賞

新人俳優賞(俳優・女優)

  • 許されざる者、つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語(忽那汐里)
  • 舟を編む、草原の椅子(黒木華)
  • 甘い鞭(壇蜜)
  • おしん(濱田ここね)
  • 横道世之介、夏の終り(綾野剛)
  • 共食い(菅田将暉)
  • 箱入り息子の恋、地獄でなぜ悪い(星野源)
  • 少年H(吉岡竜輝)

協会栄誉賞

  • 高倉健

会長特別賞

  • 大島渚(監督)
  • 高野悦子(岩波ホール支配人・エキプ・ド・シネマ主宰)
  • 熊谷秀夫(照明)
  • 三國連太郎(俳優)
  • 夏八木勲(俳優)

協会特別賞

  • 白鳥あかね(スクリプター・脚本家)
  • 福田明(衣裳)
  • 吉田晴美(大道具)

話題賞

  • 作品部門真夏の方程式
  • 俳優部門ひまわりと子犬の7日間(若林正恭)

主要なノミネートと受賞作品一覧

風立ちぬ

平均評価
★★★★★73/100
私の評価
★★★★★55/100
日本興行収入
120.2億円
日本公開
2013.7.20
上映時間
126分
風立ちぬ
原題/英題
The Wind Rises
映画監督
宮崎駿
主な出演者
庵野秀明、瀧本美織、西島秀俊、西村雅彦、スティーブン・アルパート、風間杜夫、竹下景子、志田未来、國村隼、大竹しのぶ
映倫区分
日本:G/一般 、USA:PG-13
(C)東宝、スタジオジブリ

『風立ちぬ』あらすじ(ネタバレなし)や概要

スタジオジブリ作品。実話ベース。飛行機の設計にあこがれる堀越二郎は、関東大震災で少女・菜穂子を助けた。二郎は大学卒業後に飛行機の開発会社に就職し、入社5年目に海軍の戦闘機開発チーフに抜擢される。しかし開発はうまくいかず、挫折中に菜穂子と再会。やがて2人は恋仲になるが、菜穂子はあることを告白するのだった...。第86回アカデミー賞の長編アニメーション部門にノミネートされるなど、海外でも高く評価された。

レビューサイト平均評価 ★★★★★ 73/100換算

掲載スタジオジブリ映画興行収入ランキングと評価一覧

そして父になる

平均評価
★★★★★75/100
私の評価
★★★★★70/100
日本興行収入
32.0億円
日本公開
2013.9.28
上映時間
120分 予告動画
そして父になる
原題/英題
Like Father, Like Son
映画監督
是枝裕和
主な出演者
福山雅治、尾野真千子、真木よう子、リリー・フランキー、二宮慶多
映倫区分
日本:G/一般
(C)ギャガ、FILM

『そして父になる』あらすじ(ネタバレなし)や概要

野々宮良多は大手建設の会社員で都心の高級マンションで、妻と息子の3人で幸せに暮らしている。ある日、息子の慶多が生まれた病院から、出生時の取り違えについて連絡がある。本当の息子は、斎木夫妻によって自由奔放に育てられていた。やがて2組の家族で会合し、子どもを交換することで話を進めるのだが...

『そして父になる』ネタバレあらすじ感想や評価一覧

レ・ミゼラブル

平均評価
★★★★★76/100
私の評価
★★★★★62/100
世界興行収入
441百万US$
日本興行収入
58.9億円
日本公開
2012.12.21
上映時間
158分
レ・ミゼラブル
原題/英題
Les Miserables
製作国
イギリス(2012.12.25公開)
映画監督
トム・フーパー
主な出演者
ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、アン・ハサウェイ、アマンダ・セイフライド、アーロン・トベイト
製作費
約US$ 61,000,000(約67億円)
映倫区分
日本:G/一般、USA:PG-13
(C)東宝東和、Universal(USA)、ワーキング・タイトル・フィルムズ

『レ・ミゼラブル』あらすじ(ネタバレなし)や概要

名作ミュージカルを映画化。ジャン・バルジャンは、貧困によりパンを盗んでしまった罪で、19年間も服役していた。仮釈放後に再び盗んでしまうが、司教が許してくれ、その寛大さに感銘を受けて、はじめて自分もそのように生きていくことをのぞんだ。その後、工場経営に成功して、市長として市民からも尊敬されていた。しかし警察署長のジャベールはジャン・バルジャンを執拗に捕らえようとする。やがて売春婦のファンティーヌと運命的に出会い、その娘コゼットや、共和派の秘密結社に属するマリウスなどと関わるうちに、パリで起こる暴動に巻きこまれていき...。第85回アカデミー賞でアン・ハサウェイが助演女優賞に輝いた。

レビューサイト平均評価 ★★★★★ 76/100換算

掲載2012映画興行収入ランキング!日本おすすめベスト20

かぐや姫の物語

平均評価
★★★★★77/100
私の評価
★★★★★58/100
日本興行収入
24.7億円
日本公開
2013.11.23
上映時間
137分 予告動画
かぐや姫の物語
原題/英題
The Tale of the Princess Kaguya
映画監督
高畑勲
主な出演者
朝倉あき、高良健吾、地井武男、宮本信子
製作費
約52億円
映倫区分
日本:G/一般、USA:PG
(C)東宝、スタジオジブリ

『かぐや姫の物語』あらすじ(ネタバレなし)や概要

スタジオジブリ作品アカデミー賞ノミネート作。昔、山里に暮らす老夫婦がいた。じいさまは竹を取るのが仕事だったが、ある日、光り輝くタケノコから小さな姫を見つけ持ち帰った。老夫婦は「天からの授かりもの」として姫を育てるが、成長は早くてすぐに少女になった。近くの子どもたちからタケノコと呼ばれ、自然の中で純粋に育った。やがてじいさまは高貴な姫君に育てようと決意して、3人で都へと引っ越した。習い事や求婚者への対応に追われる日々が続くが、やがて自分が地上に生まれた理由に気づき始めて...

『かぐや姫の物語』ネタバレあらすじ感想や評価一覧

ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE

平均評価
★★★★★67/100
日本興行収入
42.6億円
日本公開
2013.12.7
上映時間
107分
ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE
原題/英題
Lupin the 3rd vs Detective Conan The Movie
映画監督
亀垣一
主な出演者
栗田貫一、小林清志、浪川大輔、沢城みゆき、山寺宏一
映倫区分
日本:G/一般
(C)東宝、トムス・エンタテインメント

『ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE』あらすじ(ネタバレなし)や概要

モンキー・パンチ原作の「ルパン三世」と青山剛昌原作の「名探偵コナン」というそれぞれ絶大な人気・知名度を誇る怪盗と名探偵が共演したクロスオーバー作品。2009年に日本テレビの「金曜特別ロードショー」で放送されたスペシャルアニメ版に続く2度目の「ルパン三世VS名探偵コナン」作品にして、初の劇場版。ある日、米花(べいか)町の銀行に保管されているチェリーサファイアを頂くというルパン三世からの予告状が警察に届き、ICPOの銭形警部は警視庁の目暮警部とタッグを組み、ルパン逮捕に向けて動き出す。同じ頃、海外の人気アイドル、エミリオがコンサートのために来日。エミリオとその美人マネージャーに人々は目を奪われるが、エミリオのボディガードに次元大介が紛れ込んでいるのを見抜いた江戸川コナンは、ルパン一味が何か企んでいることに気づく。[引用元]

レビューサイト平均評価 ★★★★★ 67/100換算

掲載名探偵コナン劇場版シリーズ映画興行収入ランキングと評価一覧や見る順番

キャプテン・フィリップス

平均評価
★★★★★77/100
私の評価
★★★★★62/100
世界興行収入
218百万US$
日本興行収入
5.7億円
日本公開
2013.11.29
上映時間
134分 予告動画
キャプテン・フィリップス
原題/英題
Captain Phillips
製作国
アメリカ(2013.10.11公開)
映画監督
ポール・グリーングラス
主な出演者
トム・ハンクス、キャサリン・キーナー、バーカッド・アブディ、バーカッド・アブディラマン、ファイサル・アメッド
製作費
約US$ 55,000,000(約61億円)
映倫区分
日本:G/一般、USA:PG-13
(C)ソニー・ピクチャーズエンタテインメント、Michael De Luca Productions、Scott Rudin Productions、Translux、Trigger Street Productions

『キャプテン・フィリップス』あらすじ(ネタバレなし)や概要

アカデミー賞6部門ノミネート。実話ベース。2009年、アラバマ号のキャプテンであるフィリップスは、オマーンからケニアへ援助物資を運搬していた。そこへ海賊が小さなモーターボートで追跡してくる。海軍との交信や放水などで対処するが、すきをついて船内に侵入される。フィリップスは人質にとられて、海賊4人と救命艇で船を離れて、絶体絶命になるが駆引きも忘れない。海賊は身代金を要求しようとするが、米ネイビーシールズも動き出し...

『キャプテン・フィリップス』ネタバレあらすじ感想や評価一覧

ジャンゴ 繋がれざる者

平均評価
★★★★★80/100
私の評価
★★★★★67/100
世界興行収入
425百万US$
日本興行収入
4.7億円
日本公開
2013.3.1
上映時間
165分
ジャンゴ 繋がれざる者
原題/英題
Django Unchained
製作国
アメリカ(2012.12.25公開)
映画監督
クエンティン・タランティーノ
主な出演者
ジェイミー・フォックス、クリストフ・ワルツ、レオナルド・ディカプリオ、ケリー・ワシントン、サミュエル・L・ジャクソン
製作費
約US$ 100,000,000(約110億円)
映倫区分
日本:R15+、USA:R
(C)ソニー・ピクチャーズエンタテインメント、ワインスタイン・カンパニー(USA)、ア・バンド・アパート

『ジャンゴ 繋がれざる者』あらすじ(ネタバレなし)や概要

第85回アカデミー賞で5部門ノミネートし助演男優賞など2部門受賞。南北戦争直前のアメリカ南部。黒人奴隷ジャンゴは、賞金稼ぎのキング・シュルツにより自由を与えられ、賞金稼ぎとしての生き方を教えられる。シュルツの標的の三兄弟を始末後は、ジャンゴの妻だったブルームヒルダを探し、悪名高い領主キャンディのもとにいることを突き止める。そして2人はキャンディに近づき、策を用いてヒルダを助け出そうとするが...

レビューサイト平均評価 ★★★★★ 80/100換算

掲載2012映画興行収入ランキング!世界おすすめベスト20

ゼロ・グラビティ

平均評価
★★★★★79/100
私の評価
★★★★★78/100
世界興行収入
723百万US$
日本興行収入
32.3億円
日本公開
2013.12.13
上映時間
91分 予告動画
ゼロ・グラビティ
原題/英題
Gravity
製作国
アメリカ、イギリス(2013.10.4公開)
映画監督
アルフォンソ・キュアロン
主な出演者
サンドラ・ブロック、ジョージ・クルーニー、エド・ハリス
製作費
約US$ 100,000,000(約110億円)
映倫区分
日本:G/一般、USA:PG-13
(C)Warner Bros. Pictures、Heyday Films

『ゼロ・グラビティ』あらすじ(ネタバレなし)や概要

アカデミー賞9ノミネートで7部門受賞。メディカル・エンジニアのライアン・ストーン博士と、ベテラン宇宙飛行士マット・コワルスキーは、スペースシャトルで船外作業を行っていた。ところが、ロシアが自国の衛星を破壊して発生した宇宙ゴミにより、ライアンは無重力空間に放り出されてしまう。マットは船外活動ユニットを操作してライアンをロープでつなぎとめるが、地球とは連絡が取れず、空気や燃料も残りわずかで、生還するために行動を開始するが...

『ゼロ・グラビティ』ネタバレあらすじ感想や評価一覧

真夏の方程式

平均評価
★★★★★70/100
私の評価
★★★★★75/100
日本興行収入
33.1億円
日本公開
2013.6.29
上映時間
129分
真夏の方程式
映画監督
西谷弘
主な出演者
福山雅治、吉高由里子、北村一輝、杏、前田吟
映倫区分
日本:設定なし
(C)東宝、FILM

『真夏の方程式』あらすじ(ネタバレなし)や概要

東野圭吾の小説シリーズの劇場版第2弾。天才物理学者・湯川学は、玻璃ヶ浦の鉱物資源開発の説明会にアドバイザーとして出席することに。しかし宿泊先の旅館の客が変死体で発見され、元捜査一課の刑事だとわかり、岸谷美砂は湯川に事件解決への協力を依頼する。一方、旅館の少年・恭平は湯川に興味を持ちはじめ、子供嫌いの湯川も少しづつ少年を気にかけるようになる。やがて事件の真相が明らかになるにつれ、湯川が旅館で関わった人たちのある秘められた過去が...

レビューサイト平均評価 ★★★★★ 70/100換算

掲載2013映画興行収入ランキング!日本おすすめベスト20

映画名クリックでページ下の詳細(興行収入や評価一覧やあらすじ)へ移動できます。

2017年映画賞は第89回米国アカデミー賞第40回日本アカデミー賞を、2016年映画賞は第88回米国アカデミー賞第39回日本アカデミー賞、それ以前のは歴代アカデミー賞をご覧ください。

以上が、2014年の授賞式で発表された、第37回日本アカデミー賞(2013年公開映画)の部門別一覧です。

参考にしたページ

日本アカデミー賞公式サイト

新作映画のあらすじ評価・ネタバレ感想もチェック!

ジオストームネタバレあらすじ感想と評価一覧

ジオストーム上映中感想あり

2018.2.19更新 ★★★★★

キングスマン ゴールデン・サークルネタバレあらすじ感想と評価一覧

キングスマン ゴールデン・サークル上映中感想あり

2018.2.14更新 ★★★★★

スター・ウォーズ 最後のジェダイネタバレあらすじ感想と評価一覧

スター・ウォーズ 最後のジェダイ昨年!感想あり

2018.2.20更新 ★★★★★

IT イット それが見えたら、終わり。ネタバレあらすじ感想と評価一覧

IT イット それが見えたら、終わり。昨年!感想あり

2018.1.26更新 ★★★★★

マイティ・ソー バトルロイヤルネタバレあらすじ感想と評価一覧

マイティ・ソー バトルロイヤル昨年!感想あり

2018.2.10更新 ★★★★★

ゲット・アウトネタバレあらすじ感想と評価一覧

ゲット・アウト昨年!感想あり

2018.1.20更新 ★★★★★

猿の惑星 聖戦記 グレート・ウォーネタバレあらすじ感想と評価一覧

猿の惑星 聖戦記 グレート・ウォー昨年!感想あり

2018.2.9更新 ★★★★★

僕のワンダフル・ライフネタバレあらすじ感想と評価一覧

僕のワンダフル・ライフ昨年!感想あり

2018.1.23更新 ★★★★★

ドリームネタバレあらすじ感想と評価一覧

ドリーム昨年!感想あり

2018.2.1更新 ★★★★★

エイリアン コヴェナントネタバレあらすじ感想と評価一覧

エイリアン コヴェナント昨年!感想あり

2018.2.3更新 ★★★★★

ダンケルクネタバレあらすじ感想と評価一覧

ダンケルク昨年!感想あり

2018.1.26更新 ★★★★★

新感染 ファイナル・エクスプレスネタバレあらすじ感想と評価一覧

新感染 ファイナル・エクスプレス昨年!感想あり

2018.2.3更新 ★★★★★

ワンダーウーマンネタバレあらすじ感想と評価一覧

ワンダーウーマン昨年!感想あり

2018.1.26更新 ★★★★★

ベイビー・ドライバーネタバレあらすじ感想と評価一覧

ベイビー・ドライバー昨年!感想あり

2018.2.12更新 ★★★★★

スパイダーマン ホームカミングネタバレあらすじ感想と評価一覧

スパイダーマン ホームカミング昨年!感想あり

2018.1.20更新 ★★★★★

トランスフォーマー 最後の騎士王ネタバレあらすじ感想と評価一覧

トランスフォーマー 最後の騎士王昨年!感想あり

2018.2.1更新 ★★★★★

ザ・マミー 呪われた砂漠の王女ネタバレあらすじ感想と評価一覧

ザ・マミー 呪われた砂漠の王女昨年!感想あり

2018.1.26更新 ★★★★★

君の膵臓をたべたいネタバレあらすじ感想と評価一覧

君の膵臓をたべたい昨年!感想あり

2018.2.1更新 ★★★★★

パワーレンジャーネタバレあらすじ感想と評価一覧

パワーレンジャー昨年!感想あり

2018.2.2更新 ★★★★★

銀魂ネタバレあらすじ感想と評価一覧

銀魂昨年!感想あり

2018.1.26更新 ★★★★★

ライフ(2017)ネタバレあらすじ感想と評価一覧

ライフ(2017)昨年!感想あり

2018.2.14更新 ★★★★★

ジョン・ウィック チャプター2ネタバレあらすじ感想と評価一覧

ジョン・ウィック チャプター2昨年!感想あり

2018.2.3更新 ★★★★★

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊ネタバレあらすじ感想と評価一覧

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊昨年!感想あり

2018.1.26更新 ★★★★★

ハクソー・リッジネタバレあらすじ感想と評価一覧

ハクソー・リッジ昨年!感想あり

2018.2.14更新 ★★★★★

22年目の告白 私が殺人犯ですネタバレあらすじ感想と評価一覧

22年目の告白 私が殺人犯です昨年!感想あり

2018.2.8更新 ★★★★★

LOGAN ローガンネタバレあらすじ感想と評価一覧

LOGAN ローガン昨年!感想あり

2018.2.14更新 ★★★★★

メッセージネタバレあらすじ感想と評価一覧

メッセージ昨年!感想あり

2018.2.14更新 ★★★★★

マーベル・シネマティック・ユニバース興行収入ランキングや評価一覧・見る順番・ストーンまとめ

マーベル・シネマティック・ユニバース興行収入ランキングや評価一覧・見る順番・ストーンまとめ

2017.12.20更新

【一覧】米国アカデミー賞の歴代受賞まとめ(2003-2018年発表)

【一覧】米国アカデミー賞の歴代受賞まとめ(2003-2018年発表)

2018.1.24更新

【一覧】日本アカデミー賞の歴代受賞映画まとめ(2008-2018年発表)

【一覧】日本アカデミー賞の歴代受賞映画まとめ(2008-2018年発表)

2018.2.1更新

最近更新の映画ランキングやネタバレ感想

歴代アカデミー賞ノミネートと受賞作

【一覧】米国アカデミー賞の歴代受賞まとめ(2003-2018年発表)

【一覧】米国アカデミー賞の歴代受賞まとめ(2003-2018年発表)

2018.1.24更新

2017年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2018発表/第90回)

2017年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2018発表/第90回)

2018.1.26更新

2016年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2017発表/第89回/全62作品)

2016年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2017発表/第89回/全62作品)

2018.1.24更新

2015年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2016発表/第88回/全57作品)

2015年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2016発表/第88回/全57作品)

2017.12.9更新

2014年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2015発表/第87回/全60作品)

2014年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2015発表/第87回/全60作品)

2017.12.9更新

2013年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2014発表/第86回/全57作品)

2013年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2014発表/第86回/全57作品)

2017.12.9更新

2012年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2013発表/第85回/全53作品)

2012年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2013発表/第85回/全53作品)

2017.12.9更新

2011年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2012発表/第84回/全61作品)

2011年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2012発表/第84回/全61作品)

2017.12.9更新

2010年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2011発表/第83回/全56作品)

2010年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2011発表/第83回/全56作品)

2017.12.9更新

2009年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2010発表/第82回/全58作品)

2009年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2010発表/第82回/全58作品)

2017.12.9更新

2008年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2009発表/第81回/全50作品)

2008年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2009発表/第81回/全50作品)

2017.12.9更新

2007年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2008発表/第80回/全58作品)

2007年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2008発表/第80回/全58作品)

2017.12.9更新

2006年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2007発表/第79回/全58作品)

2006年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2007発表/第79回/全58作品)

2017.12.9更新

2005年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2006発表/第78回/全54作品)

2005年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2006発表/第78回/全54作品)

2017.12.9更新

2004年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2005発表/第77回/全54作品)

2004年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2005発表/第77回/全54作品)

2017.12.9更新

2003年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2004発表/第76回/全49作品)

2003年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2004発表/第76回/全49作品)

2017.12.9更新

歴代 日本アカデミー賞の優秀と最優秀賞

【一覧】日本アカデミー賞の歴代受賞映画まとめ(2008-2018年発表)

【一覧】日本アカデミー賞の歴代受賞映画まとめ(2008-2018年発表)

2018.2.1更新

2017年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2018発表/第41回)

2017年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2018発表/第41回)

2018.1.24更新

2016年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2017発表/第40回)

2016年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2017発表/第40回)

2017.12.9更新

2015年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2016発表/第39回)

2015年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2016発表/第39回)

2017.12.9更新

2014年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2015発表/第38回)

2014年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2015発表/第38回)

2017.12.10更新

2013年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2014発表/第37回/全33作品)

2013年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2014発表/第37回/全33作品)

2017.12.11更新

2012年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2013発表/第36回/全35作品)

2012年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2013発表/第36回/全35作品)

2017.12.11更新

2011年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2012発表/第35回/全30作品)

2011年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2012発表/第35回/全30作品)

2017.12.11更新

2010年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2011発表/第34回/全30作品)

2010年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2011発表/第34回/全30作品)

2017.12.11更新

2009年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2010発表/第33回/全32作品)

2009年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2010発表/第33回/全32作品)

2017.12.27更新

2008年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2009発表/第32回/全28作品)

2008年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2009発表/第32回/全28作品)

2017.12.11更新

2007年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2008発表/第31回/全29作品)

2007年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2008発表/第31回/全29作品)

2018.1.27更新

2006年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2007発表/第30回/全26作品)

2006年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2007発表/第30回/全26作品)

2018.1.27更新

2005年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2006発表/第29回/全15作品)

2005年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2006発表/第29回/全15作品)

2018.1.27更新

歴代の報知映画賞ノミネートと受賞作

歴代のゴールデングローブ賞ノミネートと受賞作