映画ピクシーンPick Scene映画評価ランキング/興行収入/ネタバレあらすじ感想
クリスマスギフトを アマゾンでお得に⇒

2017年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2018発表/第41回)

2017年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2018発表/第41回)

第41回日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞の全作品(2017年公開映画)の、部門別一覧まとめです。2018年1月15日に優秀賞と新人俳優賞が発表され、最優秀賞の授賞式は2018年3月2日でした。

最多の最優秀賞は6部門の『三度目の殺人』、最多の優秀賞は10部門の『三度目の殺人』『関ヶ原』、8部門の『花戦さ』です。。

第40回日本アカデミー賞の対象は、2016年12月16日から2017年12月15日の期間、東京地区の商業映画劇場で有料で初公開され、1日3回以上かつ2週間以上継続上映された40分以上の作品です。

2017年映画の日本アカデミー賞 優秀賞と最優秀賞(主要部門)

第41回日本アカデミー賞の最優秀賞一覧まとめ

作品賞の優秀賞と最優秀賞

アニメーション作品賞の優秀賞と最優秀賞

監督賞の優秀賞と最優秀賞(監督)

脚本賞の優秀賞と最優秀賞(脚本家)

主演男優賞の優秀賞と最優秀賞(俳優)

主演女優賞の優秀賞と最優秀賞(女優)

  • 最優秀賞彼女がその名を知らない鳥たち(蒼井優)
  • ミックス。(新垣結衣)
  • 8年越しの花嫁 奇跡の実話(土屋太鳳)
  • 散歩する侵略者(長澤まさみ)
  • ユリゴコロ(吉高由里子)

助演男優賞の優秀賞と最優秀賞(俳優)

助演女優賞の優秀賞と最優秀賞(女優)

  • 最優秀賞三度目の殺人(広瀬すず)
  • ナミヤ雑貨店の奇蹟(尾野真千子)
  • 探偵はBARにいる3(北川景子)
  • 家族はつらいよ2(夏川結衣)
  • 8年越しの花嫁 奇跡の実話(薬師丸ひろ子)

2017年映画の日本アカデミー賞 優秀賞と最優秀賞(音楽映像技術部門)

音楽賞の優秀賞と最優秀賞

  • 最優秀賞アウトレイジ 最終章(鈴木慶一)
  • 関ヶ原(富貴晴美)
  • 8年越しの花嫁 奇跡の実話(村松崇継)
  • 三度目の殺人(ルドヴィコ・エイナウディ)
  • キセキ あの日のソビト(JIN)

撮影賞の優秀賞と最優秀賞(撮影監督等)

  • 最優秀賞関ヶ原(柴主高秀)
  • 花戦さ(喜久村徳章)
  • DESTINY 鎌倉ものがたり(柴崎幸三)
  • 三度目の殺人(瀧本幹也)
  • 家族はつらいよ2(近森眞史)

照明賞の優秀賞と最優秀賞(照明技師等)

  • 最優秀賞関ヶ原(宮西孝明)
  • 花戦さ(長田達也)
  • DESTINY 鎌倉ものがたり(上田なりゆき)
  • 三度目の殺人(藤井稔恭)
  • 家族はつらいよ2(渡邊孝一)

美術賞の優秀賞と最優秀賞(美術監督等)

  • 最優秀賞花戦さ(倉田智子)
  • 家族はつらいよ2(倉田智子、小林久之)
  • DESTINY 鎌倉ものがたり(上條安里)
  • 関ヶ原(原田哲男)
  • ナミヤ雑貨店の奇蹟(丸尾知行、中川理仁)

録音賞の優秀賞と最優秀賞(録音技師等)

  • 最優秀賞関ヶ原(矢野正人)
  • 花戦さ(尾崎聡)
  • 家族はつらいよ2(岸田和美)
  • アウトレイジ 最終章(久連石由文)
  • 三度目の殺人(冨田和彦)

編集賞の優秀賞と最優秀賞(編集技師等)

  • 最優秀賞三度目の殺人(是枝裕和)
  • 花戦さ(阿部瓦英)
  • 家族はつらいよ2(石井巌)
  • アウトレイジ 最終章(北野武、太田義則)
  • 関ヶ原(原田遊人)

2017年映画の日本アカデミー賞 優秀賞と最優秀賞(その他部門)

新人俳優賞の優秀賞と最優秀賞(俳優・女優)

  • チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話(中条あやみ)
  • 君の膵臓をたべたい(浜辺美波、北村匠海)
  • 帝一の國(竹内涼真)

協会特別賞

  • 江川悦子(特殊メイク・特殊造形)
  • 大澤克俊(美術・鉄道具)
  • 小沼みどり(ヘアメイク)
  • 古藤博(衣裳)
  • 吉川威史(キャスティングディレクター)

会長功労賞

  • 香川京子(俳優)
  • 川又昻(撮影)
  • 篠田正浩(監督)
  • 紅谷愃一(録音)
  • 舛田利雄(監督)
  • 山本富士子(俳優)

会長特別賞

  • 松方弘樹(俳優)
  • 渡瀬恒彦(俳優)
  • 大谷巌(録音)
  • 早坂暁(脚本家)

追悼

  • 鈴木清順(監督)

話題賞

以上が、2018年3月2日の授賞式で発表された、第41回日本アカデミー賞(2017年公開映画)の部門別一覧です。

参考にしたページ

日本アカデミー賞公式サイト

新作おすすめ映画のネタバレあらすじや評価もチェック!

最近更新の映画ランキングやネタバレ感想

ゆめぴょん(管理人/執筆/映画好き)
ゆめぴょん@ピクシーン
世界一周135国/世界遺産595訪問後、映画にハマり、家見含め3年半で1800本。新作は2017年193本、2018年108本
今話題の映画やランキング