ピクシーン
映画ランキング/興行収入/ネタバレあらすじ評価と感想
更新を購読できます

第85回アカデミー賞2013ノミネートと受賞の全53作品まとめ(2012年映画)

第85回アカデミー賞2013ノミネートと受賞の全53作品まとめ(2012年映画)

第85回アカデミー賞ノミネートと受賞の全作品(2012年アメリカ公開映画)の、部門別一覧まとめです。2013年2月24日、ロサンゼルス市ハリウッドのドルビー・シアターの授賞式で発表されました。

最多部門受賞は『ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日』が4部門、『アルゴ』『レ・ミゼラブル』が3部門です。最多部門ノミネートは『リンカーン』で12ノミネート。

2017年発表作品は第40回日本アカデミー賞第89回米国アカデミー賞を、2016年発表は第39回日本アカデミー賞第88回米国アカデミー賞、それ以前のは歴代アカデミー賞をご覧ください。

第85回アカデミー賞ノミネートと受賞作品(主要部門)

作品賞ノミネートと受賞作品 - Best Picture

アルゴ

平均評価
★★★★★78/100
私の評価
★★★★★70/100
世界興行収入
232百万US$
日本興行収入
3.2億円
日本公開
2012.10.26
上映時間
120分 予告動画
アルゴ
原題/英題:
Argo
製作国:
アメリカ(2012.10.12公開)
映画監督:
ベン・アフレック
主な出演者:
ベン・アフレック、アラン・アーキン、ブライアン・クランストン、ジョン・グッドマン、ケリー・ビシェ
製作費:
約US$ 44,500,000(約49億円)
映倫区分
日本:G/一般、USA:R
(C)Warner Bros. Pictures、GK Films、Smoke House

『アルゴ』あらすじ(ネタバレなし)や概要

1979年11月4日、イラン革命が激化してアメリカ大使館が占拠された。6人のアメリカ人が脱出してカナダ大使宅に逃げ込んだ。しかし過激派に見つかるのは時間の問題だった。CIAの人質奪還のプロ、トニー・メンデスは「アルゴ」という架空のSF映画を企画して、6人をニセ映画のカナダ人撮影スタッフとして出国させる作戦を立案した。6人と合流したトニーだが、上司から計画中止を告げられてしまい...。第85回アカデミー賞で7部門にノミネートされ、作品賞、脚色賞、編集賞の3部門を受賞。

『アルゴ』ネタバレあらすじ感想や評価一覧

監督賞ノミネートと受賞作品(監督)- Directing

ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日

平均評価
★★★★★76/100
世界興行収入
609百万US$
日本興行収入
19.1億円
日本公開
2013.1.24
上映時間
127分 予告動画
ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日
原題/英題:
Life of Pi
製作国:
アメリカ(2012.11.21公開)
映画監督:
アン・リー
主な出演者:
スラージ・シャルマ、イルファン・カーン、タブー、レイフ・スポール、ジェラール・ドパルデュー
製作費:
約US$ 120,000,000(約132億円)
映倫区分
日本:G/一般、USA:PG
(C)20th Century Fox、フォックス2000ピクチャーズ

『ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日』あらすじ(ネタバレなし)や概要

カナダ人作家のヤン・マーテルが2001年に発表し、ブッカー賞を受賞した世界的ベストセラー小説「パイの物語」を、「ブロークバック・マウンテン」「ラスト、コーション」のアン・リー監督が映画化。乗っていた貨物船が遭難し、一匹のトラとともに救命ボートで漂流することになった少年パイのたどる運命を描く。1960年インド・ポンディシェリに生まれた少年パイは、父親が経営する動物園でさまざまな動物たちと触れ合いながら育つ。パイが16歳になった年、両親はカナダへの移住を決め、一家は動物たちを貨物船に乗せてインドをたつが、洋上で嵐に遭遇し貨物船が沈没。必死で救命ボートにしがみついたパイはひとり一命を取りとめるが、そこには体重200キロを超すベンガルトラがいた。第85回アカデミー賞で全11部門にノミネートされ、アン・リーが自身2度目となる監督賞受賞を果たした。[引用元]

『ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日』レビューサイト評価一覧

主演男優賞ノミネートと受賞作品(俳優)- Best Actor

リンカーン

平均評価
★★★★★73/100
世界興行収入
275百万US$
日本興行収入
10.2億円
日本公開
2013.4.19
上映時間
150分 予告動画
リンカーン
原題/英題:
Lincoln
製作国:
アメリカ(2012.11.9公開)
映画監督:
スティーブン・スピルバーグ
主な出演者:
ダニエル・デイ=ルイス、トミー・リー・ジョーンズ、サリー・フィールド、ジョセフ・ゴードン=レビット、デビッド・ストラザーン
製作費:
約US$ 65,000,000(約72億円)
映倫区分
日本:G/一般、USA:PG-13
(C)20th Century Fox、ドリームワークス、DreamWorks Pictures、Twentieth Century Fox Film Corporation、Reliance Entertainment、Participant Media、Amblin Entertainment、Kennedy/Marshall Company、The Imagine Entertainment、Office Seekers Productions、Parkes/MacDonald Productions

『リンカーン』あらすじ(ネタバレなし)や概要

スティーブン・スピルバーグ監督が、名優ダニエル・デイ=ルイスを主演に迎え、アメリカ合衆国第16代大統領エイブラハム・リンカーンの人生を描いた伝記ドラマ。貧しい家に生まれ育ち、ほとんど学校にも通えない少年時代を送ったリンカーンだが、努力と独学で身を立て大統領の座にまでのぼりつめる。しかし権力の座に安住することなく奴隷解放運動を推し進めたリンカーンは、一方でその運動が引き起こた南北戦争で国が2つに割れるという未曾有の危機にも直面していく。奴隷制度廃止を訴えた共和党議員タデウス・スティーブンスにトミー・リー・ジョーンズ、リンカーンの妻メアリー・トッドにサリー・フィールド、息子のロバート・トッドにジョセフ・ゴードン=レビット。脚本はスピルバーグ監督作「ミュンヘン」のトニー・クシュナー。第85回アカデミー賞では同年度最多12部門にノミネートされ、デイ=ルイスが史上初となる3度目の主演男優賞受賞となった。[引用元]

『リンカーン』レビューサイト評価一覧

主演女優賞ノミネートと受賞作品(女優)- Best Actress

世界にひとつのプレイブック

平均評価
★★★★★76/100
私の評価
★★★★★67/100
世界興行収入
236百万US$
日本興行収入
2.6億円
日本公開
2013.2.22
上映時間
122分 予告動画
世界にひとつのプレイブック
原題/英題:
Silver Linings Playbook
製作国:
アメリカ(2012.11.21公開)
映画監督:
デビッド・O・ラッセル
主な出演者:
ブラッドリー・クーパー、ジェニファー・ローレンス、ロバート・デ・ニーロ、クリス・タッカー、ジャッキー・ウィーバー
製作費:
約US$ 21,000,000(約23億円)
映倫区分
日本:G/一般、USA:R
(C)ギャガ、ワインスタイン・カンパニー(USA)、ワインスタイン・カンパニー、Mirage Enterprises

『世界にひとつのプレイブック』あらすじ(ネタバレなし)や概要

高校教師のパットは、妻ニッキの浮気相手を殴り、心のバランスをくずして精神病院に入院した。退院後は失職・離婚したため、両親の家で同居している。元妻との復縁を希望していたある日、夫を事故で亡くしてセラピー治療中の女性ティファニーと出会う。彼女は毒舌かつ行動がよめないが、ダンスが得意なので、コンテストに出場するために、パートナーとしてパットを選ぶのだが...。第85回アカデミー賞8部門ノミネートで主演女優賞を受賞した。

『世界にひとつのプレイブック』ネタバレあらすじ感想や評価一覧

助演男優賞ノミネートと受賞作品(俳優)- Best Supporting Actor

ジャンゴ 繋がれざる者

平均評価
★★★★★80/100
私の評価
★★★★★67/100
世界興行収入
425百万US$
日本興行収入
4.7億円
日本公開
2013.3.1
上映時間
165分 予告動画
ジャンゴ 繋がれざる者
原題/英題:
Django Unchained
製作国:
アメリカ(2012.12.25公開)
映画監督:
クエンティン・タランティーノ
主な出演者:
ジェイミー・フォックス、クリストフ・ワルツ、レオナルド・ディカプリオ、ケリー・ワシントン、サミュエル・L・ジャクソン
製作費:
約US$ 100,000,000(約110億円)
映倫区分
日本:R15+、USA:R
(C)ソニー・ピクチャーズエンタテインメント、ワインスタイン・カンパニー(USA)、ア・バンド・アパート

『ジャンゴ 繋がれざる者』あらすじ(ネタバレなし)や概要

第85回アカデミー賞で5部門ノミネートし助演男優賞など2部門受賞。南北戦争直前のアメリカ南部。黒人奴隷ジャンゴは、賞金稼ぎのキング・シュルツにより自由を与えられ、賞金稼ぎとしての生き方を教えられる。シュルツの標的の三兄弟を始末後は、ジャンゴの妻だったブルームヒルダを探し、悪名高い領主キャンディのもとにいることを突き止める。そして2人はキャンディに近づき、策を用いてヒルダを助け出そうとするが...

『ジャンゴ 繋がれざる者』レビューサイト評価一覧

助演女優賞ノミネートと受賞作品(女優)- Best Supporting Actress

レ・ミゼラブル

平均評価
★★★★★76/100
私の評価
★★★★★62/100
世界興行収入
441百万US$
日本興行収入
58.9億円
日本公開
2012.12.21
上映時間
158分 予告動画
レ・ミゼラブル
原題/英題:
Les Miserables
製作国:
イギリス(2012.12.25公開)
映画監督:
トム・フーパー
主な出演者:
ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、アン・ハサウェイ、アマンダ・セイフライド、アーロン・トベイト
製作費:
約US$ 61,000,000(約67億円)
映倫区分
日本:G/一般、USA:PG-13
(C)東宝東和、Universal(USA)、ワーキング・タイトル・フィルムズ

『レ・ミゼラブル』あらすじ(ネタバレなし)や概要

名作ミュージカルを映画化。ジャン・バルジャンは、貧困によりパンを盗んでしまった罪で、19年間も服役していた。仮釈放後に再び盗んでしまうが、司教が許してくれ、その寛大さに感銘を受けて、はじめて自分もそのように生きていくことをのぞんだ。その後、工場経営に成功して、市長として市民からも尊敬されていた。しかし警察署長のジャベールはジャン・バルジャンを執拗に捕らえようとする。やがて売春婦のファンティーヌと運命的に出会い、その娘コゼットや、共和派の秘密結社に属するマリウスなどと関わるうちに、パリで起こる暴動に巻きこまれていき...。第85回アカデミー賞でアン・ハサウェイが助演女優賞に輝いた。

『レ・ミゼラブル』レビューサイト評価一覧

第86回アカデミー賞ノミネートと受賞作品(副主要部門)

脚本賞ノミネートと受賞作品(脚本家)- Writing Original Screenplay

オリジナル・独自の脚本におくられる賞です。小説・舞台などから起こされた脚本は、下の脚色賞が対象です。

脚色賞ノミネートと受賞作品(脚本家)- Writing Adapted Screenplay

小説・舞台などから起こされた脚本におくられる賞です。オリジナル・独自の映画は、上の脚本賞が対象です。

長編アニメ映画賞ノミネートと受賞作品(監督)- Best Animated Feature

条件は上映時間が40分以上で、その75%以上がアニメーションで、主要キャラクターがアニメであることです。

メリダとおそろしの森

平均評価
★★★★★68/100
世界興行収入
540百万US$
日本興行収入
9.5億円
日本公開
2012.7.21
上映時間
94分 予告動画
メリダとおそろしの森
原題/英題:
Brave
製作国:
アメリカ(2012.6.22公開)
映画監督:
マーク・アンドリュース、ブレンダ・チャップマン
主な出演者:
ケリー・マクドナルド、ビリー・コノリー、エマ・トンプソン、ジュリー・ウォルターズ、ロビー・コルトレーン
製作費:
約US$ 185,000,000(約204億円)
映倫区分
日本:G/一般、USA:PG
(C)Walt Disney Studios Motion Pictures、Pixar Animation Studios

『メリダとおそろしの森』あらすじ(ネタバレなし)や概要

ピクサー・アニメーション・スタジオ13本目の長編作。スコットランドを舞台に、自由を愛する王女メリダが、精霊に守られた神秘の森の奥で待ち受ける運命と対峙する姿を描くファンタジーアドベンチャー。王家の伝統に嫌気がさしていた王女メリダは、ある日、不思議な鬼火に導かれて森の奥深くに住む魔女に出会う。メリダは魔女に「魔法で自分の運命を変えてほしい」と頼むが、古来より人間が森の魔法を使うことはタブーとされていた。魔女はメリダの願いを聞き入れ呪文を唱えるが、それと引き換えに平和だった王国に恐ろしい呪いがかけられてしまう。ピクサー史上初となる人間の女性を主人公にした作品。第70回ゴールデン・グローブ賞でアニメーション作品賞、第85回アカデミー賞で長編アニメーション賞を受賞した。[引用元]

『メリダとおそろしの森』レビューサイト評価一覧

外国語映画賞ノミネートと受賞作品(国名)- Best Foreign Language Film

各国から1作品だけ出品できます。条件は前年10月から本年9月の間に、劇場で最低7日間連続で商業上映された映画です。この賞のみ、アメリカ国内で上映された必要はありません。

  • 【受賞】愛、アムール(オーストリア)
  • コン・ティキ(ノルウェー)
  • NO(チリ)
  • ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王(デンマーク)
  • 魔女と呼ばれた少女(カナダ)

愛、アムール

平均評価
★★★★★76/100
私の評価
★★★★★52/100
世界興行収入
19百万US$
日本公開
2013.3.9
上映時間
127分 予告動画
愛、アムール
原題/英題:
Amour
製作国:
フランス・ドイツ・オーストリア合作(2012.10.24公開)
映画監督:
ミヒャエル・ハネケ
主な出演者:
ジャン=ルイ・トランティニャン、エマニュエル・リバ、イザベル・ユペール、アレクサンドル・タロー、ウィリアム・シメル
製作費:
約US$ 8,900,000(約10億円)
映倫区分
日本:G/一般、USA:PG-13
(C)ロングライド、Canal+、Wega Film、Les Films du Losange、X-Filme Creative Pool、フランス3シネマ

『愛、アムール』あらすじ(ネタバレなし)や概要

パリの高級アパルトマンで老後生活をおくっている音楽家夫婦の、ジョルジュとアンヌは、アンヌの弟子ピアニストの演奏会へ行き楽しんだ。翌朝、食事中にアンヌの動きが停止したが、しばらくすると元に戻った。医者に診てもらうと手術が必要だとわかるが失敗して、体が不自由になってしまう。アンヌは病院嫌いだったので、ジョルジュが自宅で車椅子のアンヌと暮らすことにするが...。第85回アカデミー賞で外国語映画賞を受賞。

『愛、アムール』ネタバレあらすじ感想や評価一覧

第86回アカデミー賞ノミネートと受賞作品(視覚映像技術部門)

撮影賞ノミネートと受賞作品(撮影監督等)- Best Cinematography

編集賞ノミネートと受賞作品(編集技師等)- Film Editing

美術賞ノミネートと受賞作品(美術監督等)- Best Art Direction

衣装デザイン賞ノミネートと受賞作品(映画衣装デザイナー等)- Costume Design

アンナ・カレーニナ

平均評価
★★★★★65/100
世界興行収入
68百万US$
日本興行収入
1.7億円
日本公開
2013.3.29
上映時間
130分 予告動画
アンナ・カレーニナ
原題/英題:
Anna Karenina
製作国:
イギリス、フランス(2012.9.7公開)
映画監督:
ジョー・ライト
主な出演者:
キーラ・ナイトレイ、ジュード・ロウ、アーロン・テイラー=ジョンソン、ケリー・マクドナルド、マシュー・マクファディン
映倫区分
日本:G/一般、USA:R
(C)ギャガ、ユニバーサル・ピクチャーズ(USA)、Universal Pictures、Focus Features、Working Title Films、ステュディオカナル

『アンナ・カレーニナ』あらすじ(ネタバレなし)や概要

過去にも幾度となく映像化されてきたロシアの文豪トルストイの長編小説を、「プライドと偏見」「つぐない」のジョー・ライト監督&キーラ・ナイトレイ主演コンビで新たに映画化。19世紀末のロシア。政府高官カレーニンの妻で、社交界の華として注目を集めるアンナ・カレーニナは、ある日、兄を訪ねてモスクワへ赴く。そこで青年将校ヴロンスキーと運命的な出会いを果たしたアンナは、愛のない結婚生活と華やかな社交界を捨て、本物の恋に身をゆだねようと決意するが……。共演にジュード・ロウ、アーロン・ジョンソン。[引用元]

『アンナ・カレーニナ』レビューサイト評価一覧

メイクアップ&ヘアスタイリング賞ノミネートと受賞作品(特殊メイクアップ・アーティスト等)- Best Makeup and Hairstyling

  • 【受賞】レ・ミゼラブル(リサ・ウェストコット、ジュリー・ダートネル)
  • ヒッチコック(ハワード・バーガー、ピーター・モンターニャ、マーティン・サミュエル)
  • ホビット 思いがけない冒険(ピーター・スウォーズ・キング、リック・フィンドラタ、タミ・レーン)

視覚効果賞ノミネートと受賞作品(視覚効果アーティスト等)- Visual Effects

優れた視覚効果(VFX)を使った映画におくられます。

第86回アカデミー賞ノミネートと受賞作品(音楽技術部門)

作曲賞ノミネートと受賞作品(作曲家)- Original Music Score

歌曲賞ノミネートと受賞作品(作曲・作詞家)曲名 - Best Original Song

007 スカイフォール

平均評価
★★★★★75/100
私の評価
★★★★★62/100
世界興行収入
1,108百万US$
日本興行収入
27.5億円
日本公開
2012.12.1
上映時間
143分 予告動画
007 スカイフォール
原題/英題:
Skyfall
製作国:
イギリス、アメリカ(2012.10.26公開)
映画監督:
サム・メンデス
主な出演者:
ダニエル・クレイグ、ハビエル・バルデム、レイフ・ファインズ、ナオミ・ハリス、ベレニス・マーロウ、アルバート・フィニー、ベン・ウィショー、ジュディ・デンチ、ロリー・キニア
製作費:
約US$ 200,000,000(約220億円)
映倫区分
日本:G/一般、USA:PG-13
(C)Sony Pictures Entertainment Japan lnc.、イーオン・プロダクションズ、ダンジャック、メトロ・ゴールドウィン・メイヤー

『007 スカイフォール』あらすじ(ネタバレなし)や概要

各国のテロ組織に潜入している、全NATO工作員の情報を記録したMI6のハードディスクが何者かに奪われた。コードネーム007の、ジェームズ・ボンドは実行犯パトリスと列車上で格闘中に、MI6の長官Mの命令で放たれた銃弾に撃たれ、橋の上から谷底へ落下。Mは責任を追及され辞職を迫られ、事実上の更迭状態。しかし直後に、犯人によりMI6のオフィスが爆破される。このニュースを見たボンドは、ロンドンへ戻り現場復帰。パトリスの手がかりを求めて上海へと渡るのだが...。第85回アカデミー賞5部門ノミネートで2部門受賞。

『007 スカイフォール』ネタバレあらすじ感想や評価一覧

音響編集賞ノミネートと受賞作品(音響編集者等)- Sound Editing

めずらしくダブル受賞しました。史上6回目だそうです。

録音賞ノミネートと受賞作品(音響技術者等)- Sound Mixing

第86回アカデミー賞ノミネートと受賞作品(その他部門)

長編ドキュメンタリー映画賞ノミネートと受賞作品(監督)- Best Documentary Feature

  • 【受賞】シュガーマン 奇跡に愛された男(マリク・ベンジェルール、サイモン・チン)
  • 壊された5つのカメラ(イマード・ブルナート、ガイ・ダヴィディ)
  • The Gatekeepers(Dror Moreh、Philippa Kowarsky、Estelle Fialon)
  • How to Survive a Plague(デヴィッド・フランス、ハワード・ガートラー)
  • The Invisible War(カービー・ディック、エイミー・ジーリング)

短編ドキュメンタリー映画賞ノミネートと受賞作品(監督)- Best Documentary Short Subject

  • 【受賞】イノセンテの描く未来(ショーン・ファイン、アンドレア・ニックス・ファイン)
  • Kings Point(サリ・ギルマン、ジェド・ウィダー)
  • Mondays at Racine(シンシア・ウェイド、ロビン・ホーナン)
  • Open Heart(キエフ・デヴィッドソン、コリ・シェパード・スターン)
  • Redemption(ジョン・アルパート、マシュー・オニール)

短編実写映画賞ノミネートと受賞作品(監督)- Best Live Action Short Film

  • 【受賞】リッチーとの一日(ショーン・クリステンセン)
  • Asad(ブライアン・バックリー、Mino Jarjoura)
  • Buzkashi Boys(サム・フレンチ、アリエル・ナスル)
  • Death of a Shadow(Tom Van Avermaet、Ellen De Waele)
  • Henry(ヤン・イングランド)

短編アニメ映画賞ノミネートと受賞作品(監督)- Animated Short Film

  • 【受賞】紙ひこうき(ジョン・カース)
  • Adam and Dog(ミンキュ・リー)
  • Fresh Guacamole(PES)
  • Head over Heels(Timothy Reckart、Fodhla Cronin O'Reilly)
  • The Longest Daycare(デヴィッド・シルヴァーマン)

以上が、2013年2月の授賞式で発表された、第85回アカデミー賞(2012年公開映画)ノミネートと受賞の部門別一覧です。

2017年発表作品は第40回日本アカデミー賞第89回米国アカデミー賞を、2016年発表は第39回日本アカデミー賞第88回米国アカデミー賞、それ以前のは下をご覧ください。

参考にしたページ

第85回アカデミー賞

スポンサーリンク

新作映画のあらすじ評価・ネタバレ感想もチェック!

パワーレンジャーネタバレあらすじ評価と感想

パワーレンジャー上映中感想あり

★★★★★ 2017.7.16更新

ライフ(2017)ネタバレあらすじ評価と感想

ライフ(2017)上映中感想あり

★★★★★ 2017.7.8更新

ジョン・ウィック チャプター2ネタバレあらすじ評価と感想

ジョン・ウィック チャプター2上映中感想あり

★★★★★ 2017.7.7更新

ハクソー・リッジネタバレあらすじ評価と感想

ハクソー・リッジ上映中感想あり

★★★★★ 2017.7.11更新

LOGAN ローガンネタバレあらすじ評価と感想

LOGAN ローガン上映中感想あり

★★★★★ 2017.7.11更新

メッセージネタバレあらすじ評価と感想

メッセージ今年!感想あり

★★★★★ 2017.7.14更新

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックスネタバレあらすじ評価と感想

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス今年!感想あり

★★★★★ 2017.7.14更新

ワイルド・スピード ICE BREAKネタバレあらすじ評価と感想

ワイルド・スピード ICE BREAK今年!感想あり

★★★★★ 2017.7.5更新

美女と野獣(2017)ネタバレあらすじ評価と感想

美女と野獣(2017)今年!感想あり

★★★★★ 2017.7.11更新

グレートウォールネタバレあらすじ評価と感想

グレートウォール今年!感想あり

★★★★★ 2017.6.28更新

ゴースト・イン・ザ・シェルネタバレあらすじ評価と感想

ゴースト・イン・ザ・シェル今年!感想あり

★★★★★ 2017.5.19更新

キングコング 髑髏島の巨神ネタバレあらすじ評価と感想

キングコング 髑髏島の巨神今年!感想あり

★★★★★ 2017.7.21更新

パッセンジャーネタバレあらすじ評価と感想

パッセンジャー今年!感想あり

★★★★★ 2017.5.5更新

SING シングネタバレあらすじ評価と感想

SING シング今年!感想あり

★★★★★ 2017.7.5更新

モアナと伝説の海ネタバレあらすじ評価と感想

モアナと伝説の海今年!感想あり

★★★★★ 2017.7.14更新

ラ・ラ・ランドネタバレあらすじ評価と感想

ラ・ラ・ランド今年!感想あり

★★★★★ 2017.7.14更新

トリプルX 再起動ネタバレあらすじ評価と感想

トリプルX 再起動今年!感想あり

★★★★★ 2017.7.6更新

ドクター・ストレンジネタバレあらすじ評価と感想

ドクター・ストレンジ今年!感想あり

★★★★★ 2017.6.5更新

マグニフィセント・セブンネタバレあらすじ評価と感想

マグニフィセント・セブン今年!感想あり

★★★★★ 2017.6.15更新

この世界の片隅にネタバレあらすじ評価と感想

この世界の片隅に昨年!感想あり

★★★★★ 2017.5.16更新

湯を沸かすほどの熱い愛ネタバレあらすじ評価と感想

湯を沸かすほどの熱い愛昨年!感想あり

★★★★★ 2017.6.5更新

何者ネタバレあらすじ評価と感想

何者昨年!感想あり

★★★★★ 2017.5.24更新

ジェイソン・ボーンネタバレあらすじ評価と感想

ジェイソン・ボーン昨年!感想あり

★★★★★ 2017.7.11更新

怒りネタバレあらすじ評価と感想

怒り昨年!感想あり

★★★★★ 2017.4.9更新

映画 聲の形ネタバレあらすじ評価と感想

映画 聲の形昨年!感想あり

★★★★★ 2017.6.20更新

シン・ゴジラネタバレあらすじ評価と感想

シン・ゴジラ昨年!感想あり

★★★★★ 2017.4.3更新

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーネタバレあらすじ評価と感想

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー感想あり

★★★★★ 2017.5.31更新

ワイルドスピードシリーズ興行収入ランキングや時系列順番まとめ(8作目アイスブレイクまで)

ワイルドスピードシリーズ興行収入ランキングや時系列順番まとめ(8作目アイスブレイクまで)

2017.5.4更新

マーベル・シネマティック・ユニバース興行収入ランキングや評価一覧・見る順番・ストーンまとめ

マーベル・シネマティック・ユニバース興行収入ランキングや評価一覧・見る順番・ストーンまとめ

2017.7.16更新

パイレーツ・オブ・カリビアン・シリーズ興行収入ランキングと評価一覧や見る順番

パイレーツ・オブ・カリビアン・シリーズ興行収入ランキングと評価一覧や見る順番

2017.7.16更新

最近更新の映画ランキングやネタバレ感想

歴代アカデミー賞ノミネートと受賞作

第89回アカデミー賞2017ノミネートと受賞の全62作品まとめ(2016年映画)

第89回アカデミー賞2017ノミネートと受賞の全62作品まとめ(2016年映画)

2017.6.21更新

第88回アカデミー賞2016ノミネートと受賞の全57作品まとめ(2015年映画)

第88回アカデミー賞2016ノミネートと受賞の全57作品まとめ(2015年映画)

2017.3.9更新

第87回アカデミー賞2015ノミネートと受賞の全60作品まとめ(2014年映画)

第87回アカデミー賞2015ノミネートと受賞の全60作品まとめ(2014年映画)

2017.3.9更新

第86回アカデミー賞2014ノミネートと受賞の全57作品まとめ(2013年映画)

第86回アカデミー賞2014ノミネートと受賞の全57作品まとめ(2013年映画)

2017.3.9更新

第85回アカデミー賞2013ノミネートと受賞の全53作品まとめ(2012年映画)

第85回アカデミー賞2013ノミネートと受賞の全53作品まとめ(2012年映画)

2017.3.9更新

第84回アカデミー賞2012ノミネートと受賞の全61作品まとめ(2011年映画)

第84回アカデミー賞2012ノミネートと受賞の全61作品まとめ(2011年映画)

2017.3.10更新

第83回アカデミー賞2011ノミネートと受賞の全56作品まとめ(2010年映画)

第83回アカデミー賞2011ノミネートと受賞の全56作品まとめ(2010年映画)

2017.3.10更新

第82回アカデミー賞2010ノミネートと受賞の全58作品まとめ(2009年映画)

第82回アカデミー賞2010ノミネートと受賞の全58作品まとめ(2009年映画)

2017.3.10更新

第81回アカデミー賞2009ノミネートと受賞の全50作品まとめ(2008年映画)

第81回アカデミー賞2009ノミネートと受賞の全50作品まとめ(2008年映画)

2017.3.10更新

第80回アカデミー賞2008ノミネートと受賞の全58作品まとめ(2007年映画)

第80回アカデミー賞2008ノミネートと受賞の全58作品まとめ(2007年映画)

2017.3.10更新

第79回アカデミー賞2007ノミネートと受賞の全58作品まとめ(2006年映画)

第79回アカデミー賞2007ノミネートと受賞の全58作品まとめ(2006年映画)

2017.3.12更新

第78回アカデミー賞2006ノミネートと受賞の全54作品まとめ(2005年映画)

第78回アカデミー賞2006ノミネートと受賞の全54作品まとめ(2005年映画)

2017.3.13更新

第77回アカデミー賞2005ノミネートと受賞の全54作品まとめ(2004年映画)

第77回アカデミー賞2005ノミネートと受賞の全54作品まとめ(2004年映画)

2017.3.13更新

第76回アカデミー賞2004ノミネートと受賞の全49作品まとめ(2003年映画)

第76回アカデミー賞2004ノミネートと受賞の全49作品まとめ(2003年映画)

2017.3.13更新

歴代 日本アカデミー賞の優秀と最優秀賞

マーベル映画やピクシーンのおすすめ映画ランキング