ピクシーン
映画ランキング/興行収入/ネタバレあらすじ評価と感想
更新を購読できます

第88回アカデミー賞2016ノミネートと受賞の全57作品まとめ(2015年映画)

第88回アカデミー賞2016ノミネートと受賞の全57作品まとめ(2015年映画)

第88回アカデミー賞ノミネートと受賞の全作品(2015年アメリカ公開映画)の、部門別一覧まとめです。2016年2月28日、ロサンゼルス市ハリウッドのドルビー・シアターの授賞式で発表されました。

最多部門受賞は『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の6部門。最多部門ノミネートは『レヴェナント 蘇えりし者』の12部門でうち3受賞、その監督アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥは2年連続でアカデミー監督賞を受賞しました。

2017年発表作品は第40回日本アカデミー賞第89回米国アカデミー賞を、2016年発表は第39回日本アカデミー賞第88回米国アカデミー賞、それ以前のは歴代アカデミー賞をご覧ください。

第88回アカデミー賞ノミネートと受賞作品(主要部門)

作品賞ノミネートと受賞作品 - Best Picture

スポットライト 世紀のスクープ

平均評価
★★★★★79/100
私の評価
★★★★★67/100
世界興行収入
88百万US$
日本公開
2016.4.15
上映時間
129分 予告動画
スポットライト 世紀のスクープ
原題/英題:
Spotlight
製作国:
アメリカ(2015.11.6公開)
映画監督:
トム・マッカーシー
主な出演者:
マーク・ラファロ、マイケル・キートン、レイチェル・マクアダムス、リーブ・シュレイバー、ジョン・スラッテリー
製作費:
約US$ 20,000,000(約22億円)
映倫区分
日本:G/一般、USA:R
(C)ロングライド、オープン・ロード・フィルムズ(USA)、アノニマス・コンテント、ロックリン/ファウスト、パーティシパント・メディア、ファースト・ルック・メディア

『スポットライト 世紀のスクープ』あらすじ(ネタバレなし)や概要

実話がもとです。2002年、アメリカの新聞「ボストン・グローブ」が「SPOTLIGHT」という特集記事で、神父による児童性的虐待とカトリック教会がその事実を見過ごしていたことをスキャンダルとして掲載した。担当記者5人は、過去に隠蔽されたり非公開になった証拠や、被害者・家族や弁護士などから調査するにつれ、妨害にもあう。自分の家族や社員や読者の多くがカトリック信者なので、記者生命をかけることになるのだが..。第88回アカデミー賞で作品賞と脚本賞を受賞。

『スポットライト 世紀のスクープ』ネタバレあらすじ感想や評価一覧

監督賞ノミネートと受賞作品(監督)- Directing

レヴェナント 蘇えりし者

平均評価
★★★★★77/100
私の評価
★★★★★73/100
世界興行収入
532百万US$
日本興行収入
10.8億円
日本公開
2016.4.22
上映時間
157分 予告動画
レヴェナント 蘇えりし者
原題/英題:
The Revenant
製作国:
アメリカ(2016.1.8公開)
映画監督:
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
主な出演者:
レオナルド・ディカプリオ、トム・ハーディ、ドーナル・グリーソン、ウィル・ポールター、フォレスト・グッドラック、ポール・アンダーソン、ブレンダン・フレッチャー
製作費:
約US$ 135,000,000(約149億円)
映倫区分
日本:R15+、USA:R
(C)20th Century Fox、Regency Enterprises、アノニマス・コンテント、アッピアン・ウェイ、Dune Entertainment

『レヴェナント 蘇えりし者』あらすじ(ネタバレなし)や概要

第88回アカデミー賞で12部門ノミネート、うち主演男優賞、監督賞、撮影賞を受賞。実話ベースのマイケル・パンクの小説が原作。大自然の中でのサバイバルアクション。1823年、西部開拓時代のアメリカで、毛皮採取してた狩猟グループがネイティブアメリカンの集団に襲われ、命からがら逃げていた。そこで道案内として同行してたヒュー・グラス(ディカプリオ)は、見まわり中に熊に襲われて瀕死の重傷を負ってしまい、チームリーダーはジョン・フィッツジェラルドにグラスをまかせて先へ急ぐ。しかしジョンは裏切り、グラスは動けない体で1人取り残されてしまい...。坂本龍一が音楽に参加。

『レヴェナント 蘇えりし者』ネタバレあらすじ感想や評価一覧

主演男優賞ノミネートと受賞作品(俳優)- Best Actor

主演女優賞ノミネートと受賞作品(女優)- Best Actress

ルーム

平均評価
★★★★★82/100
私の評価
★★★★★82/100
世界興行収入
35百万US$
日本公開
2016.4.8
上映時間
118分 予告動画
ルーム
原題/英題:
Room
製作国:
アイルランド・カナダ合作(2015.10.16公開)
映画監督:
レニー・アブラハムソン
主な出演者:
ブリー・ラーソン、ジェイコブ・トレンブレイ、ジョアン・アレン、ショーン・ブリジャース、ウィリアム・H・メイシー
製作費:
約US$ 13,000,000(約14億円)
映倫区分
日本:G/一般、USA:R
(C)ギャガ、A24(USA)、Telefilm Canada、Filmnation Entertainment、Bórd Scannán na hÉireann/Irish Film Board、Element Pictures、No Trace Camping、Film4

『ルーム』あらすじ(ネタバレなし)や概要

5歳のジャックとママのジョイは、狭い部屋だけで暮らしていた。夜には、2人がオールド・ニックと呼ぶ男がやってきて、食料や生活用品などを持ってきて、ジャックはタンスに閉じ込められる。ある日、ママはジャックに、この部屋の外には広い世界があることを説明する。しかし外に出たことないジャックは混乱してしまう。そして2人は脱出を計画し実行するが、オールド・ニックにバレて失敗しそうになるが...。第88回アカデミー賞で主演女優賞を受賞。

『ルーム』ネタバレあらすじ感想や評価一覧

助演男優賞ノミネートと受賞作品(俳優)- Best Supporting Actor

ブリッジ・オブ・スパイ

平均評価
★★★★★77/100
私の評価
★★★★★70/100
世界興行収入
165百万US$
日本公開
2016.1.8
上映時間
142分 予告動画
ブリッジ・オブ・スパイ
原題/英題:
Bridge of Spies
製作国:
アメリカ(2015.10.16公開)
映画監督:
スティーブン・スピルバーグ
主な出演者:
トム・ハンクス、マーク・ライランス、スコット・シェパード、エイミー・ライアン、セバスチャン・コッホ
製作費:
約US$ 40,000,000(約44億円)
映倫区分
日本:G/一般、USA:PG-13
(C)20th Century Fox、Walt Disney Studios Motion Pictures(USA)、タッチストーン・ピクチャーズ、DreamWorks SKG、Fox 2000 Pictures、パーティシパント・メディア、リライアンス・エンターテインメント、Amblin Entertainment、マーク・プラット・ピクチャーズ

『ブリッジ・オブ・スパイ』あらすじ(ネタバレなし)や概要

1950~60年代の米ソ冷戦下で起こった実話がベース。USAでスパイ活動したとして、ソ連人のルドルフ・アベルはFBIに逮捕された。その弁護士として、保険担当で実績を重ねてきた、ジェームズ・ドノバンが選出された。彼はアベルと話すうちに、ただ祖国に忠実なだけだとわかり、死刑判決をくつがえそうとするが、敵国スパイを弁護したことで世間からは非難される。その判決から数年後、アメリカ軍人がソ連に人質にされ、ドノバンが両国の人質交換の交渉役になるのだが...。第88回アカデミー賞で助演男優賞を受賞。

『ブリッジ・オブ・スパイ』ネタバレあらすじ感想や評価一覧

助演女優賞ノミネートと受賞作品(女優)- Best Supporting Actress

リリーのすべて

平均評価
★★★★★73/100
私の評価
★★★★★62/100
世界興行収入
64百万US$
日本公開
2016.3.18
上映時間
120分 予告動画
リリーのすべて
原題/英題:
The Danish Girl
製作国:
イギリス、アメリカ、ドイツ(2015.11.27公開)
映画監督:
トム・フーパー
主な出演者:
エディ・レッドメイン、アリシア・ヴィキャンデル、ベン・ウィショー、マティアス・スーナールツ、セバスチャン・コッホ、アンバー・ハード
製作費:
約US$ 15,000,000(約17億円)
映倫区分
日本:R15+、USA:R
(C)東宝東和、フォーカス・フィーチャーズ(USA)、ワーキング・タイトル・フィルムズ、プリティー・ピクチャーズ、アルテミス・プロダクションズ、リヴィジョン・ピクチャーズ、セネター・グローバル・プロダクションズ

『リリーのすべて』あらすじ(ネタバレなし)や概要

1926年、デンマークの首都コペンハーゲン。風景画家のアイナー・ヴェイナーは肖像画家で妻のゲルダに頼まれて、女性モデルの代役を勤めた時に、内在していた女性を意識した。ゲルダは面白がって夫をリリーとしてパーティーへ連れていくが、男性と親しくする姿を見て当惑する。やがてリリーとして過ごす時間が多くなり、ゲルダも受け入れていく。何人かの医師に精神病を告げられるが、性別適合手術を提案する者が現れ...。第88回アカデミー賞で主演男優賞など4部門でノミネート、助演女優賞を受賞。

『リリーのすべて』ネタバレあらすじ感想や評価一覧

第88回アカデミー賞ノミネートと受賞作品(副主要部門)

脚本賞ノミネートと受賞作品(脚本家)- Writing Original Screenplay

オリジナル・独自の脚本におくられる賞です。小説・舞台などから起こされた脚本は、下の脚色賞が対象です。

脚色賞ノミネートと受賞作品(脚本家)- Writing Adapted Screenplay

小説・舞台などから起こされた脚本におくられる賞です。オリジナル・独自の映画は、上の脚本賞が対象です。

マネーショート 華麗なる大逆転

平均評価
★★★★★72/100
私の評価
★★★★★67/100
世界興行収入
133百万US$
日本公開
2016.3.4
上映時間
130分 予告動画
マネーショート 華麗なる大逆転
原題/英題:
The Big Short
製作国:
アメリカ(2015.12.11公開)
映画監督:
アダム・マッケイ
主な出演者:
クリスチャン・ベール、スティーブ・カレル、ライアン・ゴズリング、ブラッド・ピット、マリサ・トメイ
製作費:
約US$ 28,000,000(約31億円)
映倫区分
日本:G/一般、USA:R
(C)東和ピクチャーズ、パラマウント映画(USA)、リージェンシー・エンタープライズ、プランBエンターテインメント

『マネーショート 華麗なる大逆転』あらすじ(ネタバレなし)や概要

リーマンショック時の実話がベース。2005年、金融トレーダーのマイケルは、高格付の不動産抵当証券(CDO)の中に、返済の見込みの低い住宅ローンを含む金融商品(サブプライム・ローン)を発見する。他の銀行家らには相手にされなかったが、それを好気ととらえて、債務不履行の方にかけるクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)という商品に投資しようと決める。同じ頃、他の3グループもサブプライム・ローンの破綻を予期するが...。第88回アカデミー賞では作品賞、監督賞など主要部門を含む合計5部門にノミネートされ、脚色賞を受賞。

『マネーショート 華麗なる大逆転』ネタバレあらすじ感想や評価一覧

長編アニメ映画賞ノミネートと受賞作品 - Best Animated Feature

条件は上映時間が40分以上で、その75%以上がアニメーションで、主要キャラクターがアニメであることです。

インサイド・ヘッド

平均評価
★★★★★79/100
私の評価
★★★★★70/100
世界興行収入
857百万US$
日本興行収入
40.4億円
日本公開
2015.7.18
上映時間
94分 予告動画
インサイド・ヘッド
原題/英題:
Inside Out
製作国:
アメリカ(2015.6.19公開)
映画監督:
ピート・ドクター、ロニー・デル・カルメン
主な出演者:
エイミー・ポーラー、フィリス・スミス、リチャード・カインド
製作費:
約US$ 175,000,000(約193億円)
映倫区分
日本:G/一般、USA:PG
(C)Walt Disney Studios Motion Pictures、Pixar Animation Studios

『インサイド・ヘッド』あらすじ(ネタバレなし)や概要

アカデミー賞で長編アニメ受賞。ミネソタの田舎町で育った少女ライリーは、父親の仕事の都合でサンフランシスコに引っ越したが、新生活になじめずにいた。頭の中では5つの感情が、彼女を幸せにしようするが、ヨロコビ、カナシミが司令部の外に放りだされてしまい...

『インサイド・ヘッド』ネタバレあらすじ感想や評価一覧

外国語映画賞ノミネートと受賞作品(監督)- Best Foreign Language Film

各国から1作品だけ出品できます。条件は前年10月から本年9月の間に、劇場で最低7日間連続で商業上映された映画です。この賞のみ、アメリカ国内で上映された必要はありません。

  • 【受賞】サウルの息子(ネメシュ・ラースロー)ハンガリー
  • 彷徨える川(シーロ・ゲーラ)コロンビア
  • 裸足の季節(デニズ・ガムゼ・エルギュヴェン)フランス
  • ディーブ(ナジ・アブヌワール)ヨルダン
  • ある戦争(トビアス・リンホルム)デンマーク

サウルの息子

平均評価
★★★★★75/100
私の評価
★★★★★67/100
世界興行収入
6百万US$
日本公開
2016.1.23
上映時間
107分 予告動画
サウルの息子
原題/英題:
Son of Saul(Saul fia)
製作国:
ハンガリー(2015.6.11公開)
映画監督:
ネメシュ・ラースロー
主な出演者:
ルーリグ・ゲーザ、モルナール・レべンテ、ユルス・レチン、トッド・シャルモン、ジョーテール・シャーンドル
映倫区分
日本:G/一般、USA:R
(C)ファインフィルムズ、Laokoon Filmgroup、Hungarian Film Fund、Laokoon Film Arts

『サウルの息子』あらすじ(ネタバレなし)や概要

1944年10月、アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所で、ユダヤ系ハンガリー人ウースランデル・サウルは、ユダヤ人の死体処理に従事するゾンダーコマンドとして働いている。ある日、ガス室で生き残ったが窒息死させられた少年を息子だと思い、ラビを探して埋葬してやろうとするが...。第88回アカデミー賞で外国語映画賞を受賞したハンガリー映画。第68回カンヌ国際映画祭でグランプリ。

『サウルの息子』ネタバレあらすじ感想や評価一覧

第88回アカデミー賞ノミネートと受賞作品(視覚映像技術部門)

撮影賞ノミネートと受賞作品(撮影監督等)- Best Cinematography

編集賞ノミネートと受賞作品(編集技師等)- Film Editing

マッドマックス 怒りのデス・ロード

平均評価
★★★★★82/100
私の評価
★★★★★75/100
世界興行収入
378百万US$
日本興行収入
18.1億円
日本公開
2015.6.20
上映時間
120分 予告動画
マッドマックス 怒りのデス・ロード
原題/英題:
Mad Max: Fury Road
製作国:
オーストラリア、アメリカ(2015.5.15公開)
映画監督:
ジョージ・ミラー
主な出演者:
トム・ハーディ、シャーリーズ・セロン、ニコラス・ホルト、ヒュー・キース・バーン、ロージー・ハンティントン=ホワイトリー、ゾーイ・クラヴィッツ、ライリー・キーオ、アビー・リー・カーショウ、ネイサン・ジョーンズ
製作費:
約US$ 150,000,000(約165億円)
映倫区分
日本:R15+、USA:R
(C)Warner Bros. Pictures、Kennedy Miller Productions, Village Roadshow Pictures、デューン・エンターテインメント

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』あらすじ(ネタバレなし)や概要

核兵器による戦争後、資源を武力で奪い合う荒廃した近未来が舞台のSFアクション。30年ぶりのシリーズ4作目。妻子を殺された元警官のマックスは、砂漠を支配する凶悪なイモータン・ジョーの軍団に捕らえられる。ある日、ジョーの女隊長フュリオサらが逃亡。マックスは彼女らと共に、自由への逃走を開始するが...。第88回アカデミー賞では10部門にノミネートして、衣装デザイン賞や録音賞など6部門で受賞。

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』ネタバレあらすじ感想や評価一覧

美術賞ノミネートと受賞作品(美術監督等)- Best Art Direction

衣装デザイン賞ノミネートと受賞作品(映画衣装デザイナー等)- Costume Design

メイクアップ&ヘアスタイリング賞ノミネートと受賞作品(特殊メイクアップ・アーティスト等)- Best Makeup and Hairstyling

視覚効果賞ノミネートと受賞作品(視覚効果アーティスト等)- Visual Effects

優れた視覚効果(VFX)を使った映画におくられます。

  • 【受賞】エクス・マキナ(マーク・ウィリアムズ・アーディングトン、サラ・ベネット、ポール・ノリス、アンドリュー・ホワイトハースト)
  • マッドマックス 怒りのデス・ロード(アンドリュー・ジャクソン、ダン・オリヴァー、アンディ・ウィリアムス、トム・ウッド)
  • オデッセイ(アンダース・ラングランズ、クリス・ローレンス、リチャード・スタマーズ、スティーヴン・ワーナー)
  • レヴェナント 蘇えりし者(リッチ・マクブライド、マット・シャムウェイ、ジェイソン・スミス、キャメロン・ウォルドバウアー)
  • スターウォーズ フォースの覚醒(クリス・コーボールド、ロジャー・ガイエット、パトリック・タバック、ニール・スキャンラン)

エクス・マキナ

平均評価
★★★★★75/100
私の評価
★★★★★63/100
世界興行収入
36百万US$
日本公開
2016.6.11
上映時間
108分 予告動画
エクス・マキナ
原題/英題:
Ex Machina
製作国:
イギリス(2015.4.24公開)
映画監督:
アレックス・ガーランド
主な出演者:
ドーナル・グリーソン、アリシア・ヴィキャンデル、オスカー・アイザック、ソノヤ・ミズノ
製作費:
約US$ 15,000,000(約17億円)
映倫区分
日本:R15+、USA:R
(C)ユニバーサル映画/パルコ、フィルム4プロダクションズ、DNAフィルムズ

『エクス・マキナ』あらすじ(ネタバレなし)や概要

ケイレブは検索エンジンのIT企業ブルーブックのプログラマーとして働いていて、ある日社長ネイサン宅の滞在権利を得る。そこでは人工知能搭載の女性型ロボットのエヴァのテストをすることになる。エヴァはケイレブの理想の女性で2人は親密になっていき、外の世界に連れ出してほしいと願い始めるのだが...。第88回アカデミー賞で視覚効果賞を受賞。

『エクス・マキナ』ネタバレあらすじ感想や評価一覧

第88回アカデミー賞ノミネートと受賞作品(音楽技術部門)

作曲賞ノミネートと受賞作品(作曲家)- Original Music Score

ヘイトフル・エイト

平均評価
★★★★★74/100
世界興行収入
155百万US$
日本公開
2016.2.27
上映時間
168分 予告動画
ヘイトフル・エイト
原題/英題:
The Hateful Eight
製作国:
アメリカ(2015.12.25公開)
映画監督:
クエンティン・タランティーノ
主な出演者:
サミュエル・L・ジャクソン、カート・ラッセル、ジェニファー・ジェイソン・リー、ウォルトン・ゴギンズ、デミアン・ビチル
製作費:
約US$ 44,000,000(約48億円)
映倫区分
日本:R18+、USA:R
(C)ギャガ、ワインスタイン・カンパニー(USA)、Double Feature Films、FilmColony

『ヘイトフル・エイト』あらすじ(ネタバレなし)や概要

「イングロリアス・バスターズ」「ジャンゴ 繋がれざる者」のクエンティン・タランティーノ監督の長編第8作で、大雪のため閉ざされたロッジで繰り広げられる密室ミステリーを描いた西部劇。タランティーノ作品常連のサミュエル・L・ジャクソンを筆頭に、カート・ラッセル、ジェニファー・ジェイソン・リー、ウォルトン・ゴギンズ、デミアン・ビチル、ティム・ロス、マイケル・マドセン、ブルース・ダーンが出演。全員が嘘をついているワケありの男女8人が雪嵐のため山小屋に閉じ込められ、そこで起こる殺人事件をきっかけに、意外な真相が明らかになっていく。音楽をタランティーノが敬愛する巨匠エンニオ・モリコーネが担当し、第88回アカデミー賞で作曲賞を受賞。モリコーネにとっては、名誉賞を除いては初のアカデミー賞受賞となった。70ミリのフィルムで撮影され、画面は2.76:1というワイドスクリーンで描かれる。[引用元]

『ヘイトフル・エイト』レビューサイト評価一覧

歌曲賞ノミネートと受賞作品(作曲・作詞家)曲名 - Best Original Song

  • 【受賞】007 スペクター(ジェームス・ネピア、サム・スミス)ライティングズ・オン・ザ・ウォール/Writing's On The Wall
  • フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ(アーマッド・バルシー、ステファン・マッシオ、ジェイソン・ダヒーラ・クェネヴィル、エイベル・テスファイ)Earned It
  • Racing Extinction(J・ラルフ、アンソニー・ヘガティ)Manta Ray
  • グランドフィナーレ(デヴィッド・ラング)Simple Song #3
  • ハンティング・グラウンド(ダイアン・ウォーレン、レディー・ガガ)Til It Happens To You

007 スペクター

平均評価
★★★★★71/100
私の評価
★★★★★66/100
世界興行収入
880百万US$
日本興行収入
29.6億円
日本公開
2015.12.4
上映時間
148分 予告動画
007 スペクター
原題/英題:
Spectre
製作国:
アメリカ(2015.11.6公開)
映画監督:
サム・メンデス
主な出演者:
ダニエル・クレイグ、クリストフ・ヴァルツ、レア・セドゥ、ベン・ウィショー、ナオミ・ハリス、デビッド・バウティスタ、アンドリュー・スコット、モニカ・ベルッチ、レイフ・ファインズ
製作費:
約US$ 245,000,000(約270億円)
映倫区分
日本:G/一般、USA:PG-13
(C)Columbia(USA)、Sony Pictures Entertainment、Eon Productions

『007 スペクター』あらすじ(ネタバレなし)や概要

「ジェームズ・ボンド 007」シリーズ24作目。ダニエル・クレイグは4作目。死者の日のメキシコシティで、大衆のいる上空のヘリで奮闘のすえ、ジェームズ・ボンドはスキアラから紋章の刻まれた指輪を奪い取った。前作「スカイフォール」で命を落としたMの遺言やスキアラの未亡人や、マネーペニーやQの協力も得て、悪の組織スペクターの存在に近づくのだが、それはボンドの少年時代の写真にも関連してくることで...

『007 スペクター』レビューサイト評価一覧

音響編集賞ノミネートと受賞作品(音響編集者等)- Sound Editing

音響調整・録音賞ノミネートと受賞作品(音響技術者等)- Sound Mixing

第88回アカデミー賞ノミネートと受賞作品(その他部門)

長編ドキュメンタリー映画賞ノミネートと受賞作品(監督)- Best Documentary Feature

  • 【受賞】AMY エイミー(アシフ・カパディア、ジェームズ・ゲイ・リース)
  • カルテル・ランド(マシュー・ハインマン、トム・イェリン)
  • ルック・オブ・サイレンス(ジョシュア・オッペンハイマー、シーネ・ビュレ・ソーレンセン)
  • ニーナ・シモン 〜魂の歌(リズ・ガーバス、エイミー・ホビー、ジャスティン・ウィルクス)
  • ウィンター・オン・ファイヤー: ウクライナ、自由への闘い(エフゲニー・アフィネフスキー、Den Tolmor)

短編ドキュメンタリー映画賞ノミネートと受賞作品(監督)- Best Documentary Short Subject

  • 【受賞】A Girl in the River: The Price of Forgiveness(シャーミーン・オベイド=チノイ)
  • Body Team 12(David Darg、Bryn Mooser)
  • Chau, Beyond the Lines(Courtney Marsh、Jerry Franck)
  • Claude Lanzmann: Spectres of the Shoah(Adam Benzine)
  • Last Day of Freedom(Dee Hibbert-Jones、Nomi Talisman)

短編実写映画賞ノミネートと受賞作品(監督)- Best Live Action Short Film

  • 【受賞】Stutterer(Benjamin Cleary、Serena Armitage)
  • Ave Maria(Eric Dupont、Basil Khalil)
  • Day One(Henry Hughes)
  • Everything Will Be Okay/Alles wird gut(Patrick Vollrath)
  • Shok(Jamie Donoughue)

短編アニメ映画賞ノミネートと受賞作品(監督)- Animated Short Film

  • 【受賞】ある熊の物語/Bear Story(ガブリエル・オソリオ・ヴァルガス、パト・エスカラ・ピエラルト)
  • Prologue(リチャード・ウィリアムズ、イモージェン・サットン)
  • ボクのスーパーチーム(サンジェイ・パテル 、ニコル・パラディス・グリンドル)
  • We Can't Live Without Cosmos(コンスタンティン・ブロンジット)
  • 明日の世界(ドン・ハーツフェルト)

特別賞

  • アカデミー名誉賞: スパイク・リー、ジーナ・ローランズ
  • ジーン・ハーショルト友愛賞: デビー・レイノルズ

以上が、2016年2月の授賞式で発表された、第88回アカデミー賞(2015年公開映画)ノミネートと受賞の部門別一覧です。

2017年発表作品は第40回日本アカデミー賞第89回米国アカデミー賞を、2016年発表は第39回日本アカデミー賞第88回米国アカデミー賞、それ以前のは下をご覧ください。

参考にしたページ

第88回アカデミー賞

スポンサーリンク

新作映画のあらすじ評価・ネタバレ感想もチェック!

パワーレンジャーネタバレあらすじ評価と感想

パワーレンジャー上映中感想あり

★★★★★ 2017.7.16更新

ライフ(2017)ネタバレあらすじ評価と感想

ライフ(2017)上映中感想あり

★★★★★ 2017.7.8更新

ジョン・ウィック チャプター2ネタバレあらすじ評価と感想

ジョン・ウィック チャプター2上映中感想あり

★★★★★ 2017.7.7更新

ハクソー・リッジネタバレあらすじ評価と感想

ハクソー・リッジ上映中感想あり

★★★★★ 2017.7.11更新

LOGAN ローガンネタバレあらすじ評価と感想

LOGAN ローガン上映中感想あり

★★★★★ 2017.7.11更新

メッセージネタバレあらすじ評価と感想

メッセージ今年!感想あり

★★★★★ 2017.7.14更新

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックスネタバレあらすじ評価と感想

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス今年!感想あり

★★★★★ 2017.7.14更新

ワイルド・スピード ICE BREAKネタバレあらすじ評価と感想

ワイルド・スピード ICE BREAK今年!感想あり

★★★★★ 2017.7.5更新

美女と野獣(2017)ネタバレあらすじ評価と感想

美女と野獣(2017)今年!感想あり

★★★★★ 2017.7.11更新

グレートウォールネタバレあらすじ評価と感想

グレートウォール今年!感想あり

★★★★★ 2017.6.28更新

ゴースト・イン・ザ・シェルネタバレあらすじ評価と感想

ゴースト・イン・ザ・シェル今年!感想あり

★★★★★ 2017.5.19更新

キングコング 髑髏島の巨神ネタバレあらすじ評価と感想

キングコング 髑髏島の巨神今年!感想あり

★★★★★ 2017.7.21更新

パッセンジャーネタバレあらすじ評価と感想

パッセンジャー今年!感想あり

★★★★★ 2017.5.5更新

SING シングネタバレあらすじ評価と感想

SING シング今年!感想あり

★★★★★ 2017.7.5更新

モアナと伝説の海ネタバレあらすじ評価と感想

モアナと伝説の海今年!感想あり

★★★★★ 2017.7.14更新

ラ・ラ・ランドネタバレあらすじ評価と感想

ラ・ラ・ランド今年!感想あり

★★★★★ 2017.7.14更新

トリプルX 再起動ネタバレあらすじ評価と感想

トリプルX 再起動今年!感想あり

★★★★★ 2017.7.6更新

ドクター・ストレンジネタバレあらすじ評価と感想

ドクター・ストレンジ今年!感想あり

★★★★★ 2017.6.5更新

マグニフィセント・セブンネタバレあらすじ評価と感想

マグニフィセント・セブン今年!感想あり

★★★★★ 2017.6.15更新

この世界の片隅にネタバレあらすじ評価と感想

この世界の片隅に昨年!感想あり

★★★★★ 2017.5.16更新

湯を沸かすほどの熱い愛ネタバレあらすじ評価と感想

湯を沸かすほどの熱い愛昨年!感想あり

★★★★★ 2017.6.5更新

何者ネタバレあらすじ評価と感想

何者昨年!感想あり

★★★★★ 2017.5.24更新

ジェイソン・ボーンネタバレあらすじ評価と感想

ジェイソン・ボーン昨年!感想あり

★★★★★ 2017.7.11更新

怒りネタバレあらすじ評価と感想

怒り昨年!感想あり

★★★★★ 2017.4.9更新

映画 聲の形ネタバレあらすじ評価と感想

映画 聲の形昨年!感想あり

★★★★★ 2017.6.20更新

シン・ゴジラネタバレあらすじ評価と感想

シン・ゴジラ昨年!感想あり

★★★★★ 2017.4.3更新

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーネタバレあらすじ評価と感想

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー感想あり

★★★★★ 2017.5.31更新

ワイルドスピードシリーズ興行収入ランキングや時系列順番まとめ(8作目アイスブレイクまで)

ワイルドスピードシリーズ興行収入ランキングや時系列順番まとめ(8作目アイスブレイクまで)

2017.5.4更新

マーベル・シネマティック・ユニバース興行収入ランキングや評価一覧・見る順番・ストーンまとめ

マーベル・シネマティック・ユニバース興行収入ランキングや評価一覧・見る順番・ストーンまとめ

2017.7.16更新

パイレーツ・オブ・カリビアン・シリーズ興行収入ランキングと評価一覧や見る順番

パイレーツ・オブ・カリビアン・シリーズ興行収入ランキングと評価一覧や見る順番

2017.7.16更新

最近更新の映画ランキングやネタバレ感想

歴代アカデミー賞ノミネートと受賞作

第89回アカデミー賞2017ノミネートと受賞の全62作品まとめ(2016年映画)

第89回アカデミー賞2017ノミネートと受賞の全62作品まとめ(2016年映画)

2017.6.21更新

第88回アカデミー賞2016ノミネートと受賞の全57作品まとめ(2015年映画)

第88回アカデミー賞2016ノミネートと受賞の全57作品まとめ(2015年映画)

2017.3.9更新

第87回アカデミー賞2015ノミネートと受賞の全60作品まとめ(2014年映画)

第87回アカデミー賞2015ノミネートと受賞の全60作品まとめ(2014年映画)

2017.3.9更新

第86回アカデミー賞2014ノミネートと受賞の全57作品まとめ(2013年映画)

第86回アカデミー賞2014ノミネートと受賞の全57作品まとめ(2013年映画)

2017.3.9更新

第85回アカデミー賞2013ノミネートと受賞の全53作品まとめ(2012年映画)

第85回アカデミー賞2013ノミネートと受賞の全53作品まとめ(2012年映画)

2017.3.9更新

第84回アカデミー賞2012ノミネートと受賞の全61作品まとめ(2011年映画)

第84回アカデミー賞2012ノミネートと受賞の全61作品まとめ(2011年映画)

2017.3.10更新

第83回アカデミー賞2011ノミネートと受賞の全56作品まとめ(2010年映画)

第83回アカデミー賞2011ノミネートと受賞の全56作品まとめ(2010年映画)

2017.3.10更新

第82回アカデミー賞2010ノミネートと受賞の全58作品まとめ(2009年映画)

第82回アカデミー賞2010ノミネートと受賞の全58作品まとめ(2009年映画)

2017.3.10更新

第81回アカデミー賞2009ノミネートと受賞の全50作品まとめ(2008年映画)

第81回アカデミー賞2009ノミネートと受賞の全50作品まとめ(2008年映画)

2017.3.10更新

第80回アカデミー賞2008ノミネートと受賞の全58作品まとめ(2007年映画)

第80回アカデミー賞2008ノミネートと受賞の全58作品まとめ(2007年映画)

2017.3.10更新

第79回アカデミー賞2007ノミネートと受賞の全58作品まとめ(2006年映画)

第79回アカデミー賞2007ノミネートと受賞の全58作品まとめ(2006年映画)

2017.3.12更新

第78回アカデミー賞2006ノミネートと受賞の全54作品まとめ(2005年映画)

第78回アカデミー賞2006ノミネートと受賞の全54作品まとめ(2005年映画)

2017.3.13更新

第77回アカデミー賞2005ノミネートと受賞の全54作品まとめ(2004年映画)

第77回アカデミー賞2005ノミネートと受賞の全54作品まとめ(2004年映画)

2017.3.13更新

第76回アカデミー賞2004ノミネートと受賞の全49作品まとめ(2003年映画)

第76回アカデミー賞2004ノミネートと受賞の全49作品まとめ(2003年映画)

2017.3.13更新

歴代 日本アカデミー賞の優秀と最優秀賞

マーベル映画やピクシーンのおすすめ映画ランキング